血の轍ネタバレ97話|鑑別所に入る静一。本当に自分自身を見つめ直せるのか

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

血の轍ネタバレ97話|鑑別所に入る静一。本当に自分自身を見つめ直せるのか

血の轍97話のネタバレ考察です。

全てを受け入れて自白に至ったと思われる静一の朝。

裁判所に向かい鑑別所での一日が始まるところまでが97話となります。

多くの取材陣が静一を撮る

静一は裁判所に向かいます。

頭からフードを被っていますが外には取材陣

かなり多くの取材陣のカメラマンがいます。

血の轍97話 静一を撮る為に多くの取材陣のカメラ

血の轍97話/押見修造先生/小学館
静一を撮る為に多くの取材陣のカメラ

自分のしたことを少しずつ考えられているのでしょうか。

妄想に近いような状態から徐々に現実を突きつけられているという感じがします。

従兄弟のしげるを突き落として殺した静一。

その前には母親が同じくしげるを崖から落として殺人未遂と言える状況で逮捕されています。

世間的なビッグニュースであるのは間違いないでしょう。

非行事実を認める静一

裁判所に到着して検察からの質問。

名前を生年月日を言わされて非行事実についての内容

気味は平成七年二月十日未明。
・・・そしてしげる君を柵の向こうの崖下へ突き落とし、そのまま放置して帰宅した。
以上。
読み上げた事実に間違いありませんか。
静一君。
-検察-
(血の轍97話)

間違いないと答える静一は少年鑑別所に送致されます。

処分が確定するまではここでの生活となりました。

鑑別所での生活が始まる

少年鑑別所に送致された静一です。

服を脱がされて尻の穴を含めて全てを確認される静一。

血の轍97話 少年鑑別所で全てを確認される静一

血の轍97話/押見修造先生/小学館
少年鑑別所で全てを確認される静一

まるで人として扱われていないような感覚になっているのではないかと推察出来る静一です。

これもまた突きつけられる現実。

着替えて部屋に案内されます。

狭い4畳の部屋にあるのはむき出しのトイレと洗面台、そして棚と机に布団だけです。

スケジュールも全て決まっています。

7:00 起床
7:30 朝食
9:00 運動・読書等
12:00 昼食・休息
13:00 入浴・学習教室・読書・選択日課(はり絵・漢字練習・絵画等)
17:00 夕食
18:00 日記記入
21:00 就寝

まだ刑罰などが確定している訳でもありません。

よって規則正しい生活の中に休息や自由な時間が用意されている状況です。

トイレをする時だけは便器の手前にかかっているカーテンを閉めても構わないということ。

それでも圧倒的に自由は失われ自分が何をしたのかを否応なく感じさせるもの。

渡される「生活のしおり」に基本的なことが載っている様子。

放心状態と言える静一。

自分が何をしてしまって、自分にどんなことが起こるのか。

なんとなく想像出来る状況に追いやられていく静一。

本当に罪の意識を感じて反省するにまで至るのでしょうか。

現実に非行少年の中には反省に至ることすら難しい子もいるのが事実です。

ここに衝撃的な事実が描かれていますが、静一もある種の認知の問題点があるのは感じるところ。

今の自分の状況をはっきりと認識出来た時に静一が何を言うのか。

本当の意味で反省に至ることが出来るのか

血の轍98話からは少年鑑別所での生活が描かれそうな様子。

罰の確定もまだしていません。

血の轍98話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.17

【刃牙道考察】宮本武蔵vsピクル!!時空を超えた対決の衝撃の最後とは?!

(板垣恵介先生 刃牙道 123話引用) ジョン・ホナー博士の 最先端のクローン技術と 霊媒師徳川寒子の力により 現代に蘇った …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る