キングダム676話|確定ネタバレ|王翦にも分からない!扈輒は戦場で恐ろしい強さ

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム676話|確定ネタバレ|王翦にも分からない!扈輒は戦場で恐ろしい強さ

キングダム676話のネタバレ考察です。

桓騎は一歩も退かずに勝ち目のないと思える戦に突撃していきます。

摩論は慌てていましたが、それもそのはず。

現状でも押し込みが苦しくなってきた局面で趙王都の守護者と呼べる扈輒が15万を率いて現れるとなれば「どんな策があるのか」と思って当然でしょう。

しかし桓騎には「完全勝利」の絵がすでに描けているのでしょう。

桓騎の“怒り”は正義と傍観に向けられる

王都から出ていく難民達

邯鄲近くの住民すらも家を捨てて出ていく状況。

今は北に向かうしか無い状態にある難民たちです。

まさか王都周辺にいる自分たちも家を捨てて出ていくことになるとは思っていなかった様子です。

秦国軍を趙軍が退かせれば戻ることも可能になりますが、それも分かりません。

今は国民にも英雄的に見られている李牧がいない状況。

しかし王都の守護者である扈輒も強い武将として国民にも知られている様子です。

信は趙滅亡に絡まないのか

王翦将軍でも桓騎の動きは分からない

王翦の本陣でも扈輒の動きから次なる策を考えています。

扈輒が15万を率いた事で当然ながら中心部は隙きが出来ている戦況。

キングダム675話 扈輒本軍15万が出陣

キングダム675話/原泰久先生/集英社
扈輒本軍15万が出陣

今なら一気に直進して武城と平陽に向けて軍を攻め込ませることが出来ます。

ただ状況はそんな簡単なものでもありません。

もし平陽を攻めている途中で扈輒軍が戻れば王翦軍は挟撃にあうことになります。

更に武城からも兵を出されれば三方からの攻撃。

王翦軍とあっても危険極まりないものになります。

倉央「ひょっとして扈輒の狙いは桓騎ではなく初めからこっちという線もあるのか」
田里弥「分からぬ。扈輒はずっと邯鄲の中にいた。どこまでの策士かは不明だ

扈輒がどんな人物なのか全く情報がありません

知略の武将なのか武勇の本能型なのかも不明です。

田里弥の読みでは桓騎軍も扈輒軍が正面から向かってくれば、そのまま後退をするだろうと予想しています。

また先程のように王翦側が突っ込んできた時の挟撃を狙っているのなら扈輒軍も深くは入らずに平陽に戻れる位置で控えるはずだと予想。

田里弥は桓騎は王翦軍が挟撃を受けたところで扈輒軍と消耗戦をし、遅れてやってきていいところを全て持っていくと予想しています。

これらの予想ながら王翦は静観を指示。

しばしこのまま桓騎の動きを見る
-王翦-
(キングダム676話)

田里弥の予想が正しいと考えているのかを訊きますが、それについては「まだ分からぬ」と言います。

王翦でも予想不可能な戦略を立ててくるのが桓騎です。

王翦の強さは史実最強

扈輒の強さは前線にこそある

公孫龍が平陽にて李白と扈輒について話しています。

桓騎は退がるだろうが、もし扈輒将軍と戦り合うことになったら早速桓騎は死ぬことになる。
-李白-
(キングダム676話)

桓騎を侮るなという公孫龍ですが、そもそも扈輒を秦国が侮っていると言います。

どうやら扈輒は今でこそ王都の守護者として大人しい様子を見せていますが、元は違うとのこと。

燕との前線にて暴れ回った猛将。

鬼も恐れるほどの強さで「扈輒の本筋は前線にある」と言います。

要するに戦場で最も恐い存在、それこそが扈輒大将軍とのこと。

キングダム673話 李牧なき後の趙軍総司令・扈輒大将軍

キングダム673話/原泰久先生/集英社
李牧なき後の趙軍総司令・扈輒大将軍

そうは見えませんが李牧がいなくなった後で軍の総司令を任される逸材であるのは確実です。

雑魚では話にならないでしょう。

恐らく想像を超えた武力を持っていると考えて良さそうです。

扈輒は桓騎に敗れる

桓騎軍8万VS扈輒軍&趙軍24万が開戦

桓騎の本営では摩論が慌てています

摩論は撤退しかないと考えていました。

すでに扈輒軍は半日のところに来ていて今が最後の撤退のチャンスです。

現場を任された摩論。

任せるってのは退却してもいいってことじゃねーのか」と厘玉に訊かれますが、それだけは認められていませんと答える摩論。

今戦えば確実に全員が死ぬと確信している摩論。

そこに現れるのが雷土です。

ウヅダ言ってねーでさっさと腹くくって作戦考えろ、摩論。
お頭が戦るっつーなら戦って勝つだけだ。
今までだってこのくらいの戦力差がある戦いで何度も勝ってきただろーが。
-雷土-
(キングダム676話)

摩論はそれまでが奇襲の通じる規模だったからだと伝えます。

今の規模では兵力の差がそのまま勝敗に直結すると摩論。

「それでも桓騎一家か」と雷土の一喝。

六将になっても桓騎は何も変わらず、今でも戦い続けている。

雷土は桓騎と趙から得てきた酒の話をしていました。

今は効果な酒を手にしていますが、やはり昔に奪った安酒の方が美味く感じているといいます。

要するに今はある程度のものが手に入って満腹感が出ているってことでしょう。

しかし桓騎に関しては六将になっても未だに渇きを潤すべく戦い続けていることを感じています。

桓騎が未だに何も変化させずに渇きのまま戦う意味は「怒り」にあるのでしょう。

それが何かはまだ分かりません。

そしてそれを雷土も知っている訳ではありませんでした

おーそうだこの際この戦終わったらお頭に聞いてみよーぜ。
たらふく酒を飲ませて酔わせてよー。
何でそんなにずっと渇いてんだって。これはずっと気になってたことだ。
お前らもだろ。
一体桓騎は何と戦ってんだろーなってなー。
-雷土-
(キングダム676話)

雷土の背中は何を語っているのか。

覚悟を決めた桓騎軍8万が元の趙軍9万と扈輒軍15万を合わせた24万との戦闘に入ります。

どう考えても勝ち目のない戦。

しかしこれに勝利するのが桓騎です。

一体どんな策を使って扈輒軍を打ち破り平陽と武城を取るのでしょうか。

ここでキングダム676話は終了となります。

次回677話で開戦となりますが、飛信隊の動きが描かれていませんので桓騎軍の戦の動き次第となりそうです。

キングダム677話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.8.22

【東京喰種:re考察】旧多を撃ったのは!?丸手・滝澤・亜門達!?シャトーの才子・武臣や鈴屋!?はたまた意外な人物!?

(東京喰種:re 勘です 83話引用) 137話のラストでは、 誰かに額を打ち抜かれた 旧多。 以前にも似たような 展開。…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る