怪獣8号ネタバレ28話|29話考察|フォルティチュード9に変身で保科副隊長が負ける

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

怪獣8号28話のネタバレ考察です。

保科副隊長の6式八重討ちによって勝利したかに見えましたが違います。

ボコボコと膨らみ巨大化する人型。

フォルティチュード9

人型はどんどん膨らんで蒸気を放ちます

変身前のさなぎの状態と言ってもいいでしょう。

この蒸気の放出と放熱でフォルティチュードが上昇していきます。

過去の登場最大級と言えるフォルティチュード9.0です。

フォルティチュードは1上がると31.6倍の強さ

8.3と9.0では大きな差と言えます。

マグニチュードと同じ計算だとすれば0.7の上昇でエネルギーは11.22倍となります。

先程までの等身大の人型とは大きすぎる力の差と言っていいでしょう。

こんなのもう副隊長一人で手に負える相手じゃない。
(怪獣8号28話)

言ったそばから巨大化した9.0怪獣が副隊長目掛けて拳を振り下ろします。

駆動限界の10分

何とか大きさに対応して攻撃する保科副隊長。

しかし刃が通りきらず決定打は全く持って与えられません。

そんな中で保科副隊長はスーツの駆動限界(オーバーヒート)を迎えます。

怪獣8号28話 スーツの駆動限界(オーバーーヒート)は10分

怪獣8号28話/松本直也先生/集英社
スーツの駆動限界(オーバーーヒート)は10分

全開放から10分が経過していてこれ以上は危険だと言われます。

誰もが10分を限界としているのかはまだ分かりませんが、保科副隊長は「せいぜいあと1分」と感じています。

余獣をミサイルとして使う

大型化した9.0怪獣は余獣を操って飛ばして爆発させる技を使います。

自ら率いた怪獣を攻撃用のミサイルとして使う9.0怪獣です。

しかしその爆破の煙が煙幕となり保科副隊長は9.0怪獣の後ろを取ります。

保科副隊長が負ける

後ろから6式を浴びせようとした瞬間、背中全てに目が発生する9.0怪獣。

保科副隊長が何をしようとしているのか見られています。

空中では回避行動も不可能

9.0怪獣はそのまま空中にいる保科に向けて強烈なパンチを繰り出しました。

建物ごと吹き飛ばす強烈な一撃。

駆動限界で全開放を解除され倒れ込む保科副隊長。

怪獣8号28話 保科副隊長が9.0怪獣に敗北する

怪獣8号28話/松本直也先生/集英社
保科副隊長が9.0怪獣に敗北する

目と口と鼻から血を流し倒れ込む保科副隊長です。

生きているのか死んでいるのかも現状では判断出来ない状態と言えます。

ここで28話は終了となりました。

倒せるのはカフカだけか

こうなると9.0怪獣を倒せるのは怪獣8号以外にないでしょう。

亜白ミナが戻ってくるか、もしくは他の部隊からの救援があるのか。

どちらにせよ今の状態ではこの基地は壊滅状態となってしまいます。

巨大化した9.0怪獣に勝利するとなれば今までの怪獣8号でも難しいかもしれません。

保科副隊長を倒された怒りからカフカが更に怪獣8号の能力を引き出せるかが肝になってきそうです。

保科副隊長は死んだのか

ファンとしては気になるところ。

保科副隊長が死亡したのかどうか

あの状況から見れば死んでいてもおかしくはありません。

カフカからすれば保科副隊長がいたからこそ入隊も出来ました。

また正式な隊員になれたのも保科副隊長がいたからこそです。

そんな人物の死となればカフカが覚醒する理由に十分になり得るでしょう。

生存も死もどちらの可能性も十分にある状況と言って良さそうです。

怪獣8号29話のネタバレ考察

最新話はジャンプ+にて配信されます。



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.6.10

【僕のヒーローアカデミア 考察】轟VS緑屋!オリジンとは?両親の個性継承!戦闘で開花!?体育祭結果は?

(僕のヒーローアカデミア 39話 轟vs緑谷 引用) 【轟焦凍の左右】 左:父親の個性 右:母親の個性 という非常に強い個性…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る