ワンピース考察|シャンクスは死ぬのか。ルフィがティーチと戦う理由がそこにある!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピース考察|シャンクスは死ぬのか。ルフィがティーチと戦う理由がそこにある!

シャンクスといえば第1話からの重要人物。

ルフィに海賊というものを教えた存在です。

登場の段階で山賊や海にいた主からルフィを守っています

ルフィのトレードマークである麦わら帽子もまたシャンクスから受け継がれた物

ワンピース1話 シャンクスが麦わら帽子をルフィに渡す

ワンピース1話/尾田栄一郎先生/集英社
シャンクスが麦わら帽子をルフィに渡す

四皇の一人として君臨するシャンクスは本当に死んでしまうのでしょうか。

ルフィが五皇!四皇を倒して勢力図激変

リアルタイムでの死はエースから始まる

シャンクスは自らひとつなぎの大秘宝「ワンピース」を手に入れようとはしてはいません。

ロジャーの船に乗っていたシャンクスなら手にする方法は分かっていそうなものです。

それでもワンピースを探さない理由は「自分が手にするものではない」と考えているからでしょう。

Dの意思を継ぐ者で尚且時期も重要であると考えられます。

Dの一族はテンプル騎士団と関係

ワンピースにおいては進行形の時間軸で人が死ぬというのは大きな意味があります。

エースの死が最初のリアルタイムでの死亡で、その次の死は白ひげとなりました。

このエースの死をきっかけにワンピースにおいても現実の時間軸で死亡する者が出てきています。

シャンクスは死ぬのか

ワンピースには三度目の正直という描き方が数多く成されています。

エースに関してルフィは「守ろうとしたのに死なせてしまった」一つ目の失敗と言えます。

これ以降ルフィが守ろうとして死なせてしまった者は一人も登場していません。

重要人物であるシャンクスが二度目の失敗として死亡する可能性が示唆された部分でもありました。

兄であるエース。

目標としていた人物でもあるシャンクス。

そして三度目で誰かを救うと考えられています。

最有力がシャンクスとマキマの子供ではないかと言われています。

ワンピース614話 マキマが抱える赤ちゃんはシャンクスとの子供

ワンピース614話/尾田栄一郎先生/集英社
マキマが抱える赤ちゃんはシャンクスとの子供

フーシャ村で命を救ってくれたシャンクス。

そのシャンクスの命は救えずに嘆きながらも残した子供を三度目の正直で守るルフィとなれば形としては綺麗になります。

シャックスはティーチに殺されるのか

白ひげからグラグラの実を奪い取り四皇の座まで上り詰めたマーシャル・D・ティーチこと黒ひげ。

ワンピース925話 四皇・黒ひげ海賊団提督マーシャル・D・ティーチ

ワンピース925話/尾田栄一郎先生/集英社
四皇・黒ひげ海賊団提督マーシャル・D・ティーチ

初めて懸賞金が明かされた時は22億4760万ベリーでした。

シャンクスの傷もまたティーチが付けたものでした。

エースもシャンクスもティーチを追っていましたが、未だに戦闘にはなっていません

シャンクスと一度手合わせの構図になった時には断っています

シャンクス「どうだティーチ!いや黒ひげ」
ティーチ「ゼハハハやめとこう!欲しいものは手に入れたんだ。お前らと戦うにゃあ、まだ時期が早ェ!
(ワンピース頂上決戦より)

勢いだけではなく用意周到で頭もキレるティーチがこの段階ではシャンクスに勝てない事を理解していた様子。

それでもいずれは倒さなければならないと感じているはずです。

全ての準備が整って黒ひげがシャンクスに挑むとなれば勝算がかなり立ってからのものであると予想されています。

但し「時期が早い」というのがシャンクスに勝てないからではなく、シャンクスとやり合う必要のある時期があるという意味の可能性もあります。

ルフィがティーチと戦う理由

ティーチについてやり方は何でもありという感じがしますが、言っていることはまさに夢を見る少年です。

言ってみれば一番ルフィに近い思想を持っていると言えるでしょう。

ワンピース225話 ティーチの名言「人の夢は!終わらねェ!」

ワンピース225話/尾田栄一郎先生/集英社
ティーチの名言「人の夢は!終わらねェ!」

ティーチがルフィに放った名言ですが、他にもティーチは結構良い事を言っています。

要するにルフィから見れば完全なる悪党とは言えない人物に思えるのではないかと感じるところ。

「笑われていこうじゃねェか。高みを目指せば出す拳の見つからねェケンカもあるもんだ!」
「ひとつなぎの大秘宝もそうさ!必ず存在する!」
「やめときな。正義だ悪だと口にするのは!この世のどこを探しても答えはねェだろくだらねェ!」
「死ぬも生きるも天任せよ。怖れた奴が負けなのさ!」
(ティーチの名言)

Dの意思も継いでいるティーチの生き方はルフィとは異なる道ながらも同じ志と言える部分が多くあります。

陰と陽で分けるなら陽がルフィ陰がティーチながらも同じく海賊王を誰よりも本気で目指す人物であることは分かります。

それだけにルフィがティーチと戦う為には強い動機が必要になると感じられます。

勿論ワンピースを手にして海賊王になるのが自分だと豪語しているルフィです。

それだけでも十分にティーチとぶつかり合う動機にはなるでしょう。

ただ相手は恐らくラスボスとなる最強の敵

ルフィが覚醒してティーチを負かすとなれば「倒さなければならない理由」が大事になってくるでしょう。

その動機というのが「全てを守る」と決めたエースの死の覚悟の上でも守りきれなかったシャンクスへの想いが乗ってくるのではないかと予想されています。

シャンクスの死があるのかないのか。

そもそもシャンクスそのものは2人存在しているとされる説もあり、今後どんな展開になっても不思議ではない状況です。

仮に死亡説が有効なものとなれば、おそらくはティーチによって殺される事になるでしょう。

何となく安直なストーリーだけに、尾田先生がそんな「ありそうな展開」でシャンクスを死なせるはずもないともされています。

もしかしたら全く違う形でシャンクスとの別れは訪れるのかもしれません。

ティーチの危険性を知った上でルフィをぶつける為に画策していることも考えられます。

ルフィがティーチに勝利する上で最後に自分の命が必要という展開も十分に考えられるでしょう。

また新たな情報が出次第シャンクスの死についても考察していきます。

ナミが【I’m AN】で海賊王ロジャーの娘説



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2021.3.22

呪術廻戦考察|虎杖の母親は縫い目の女(加茂憲倫)!父「仁」と悠仁の血筋は天皇家か

呪術廻戦143話で虎杖悠仁が作った人物が現れました。 脹相は「オマエの父の額にも縫い目が」と言っていましたが違います。 143話…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る