ワンピース考察|ウルージの正体と最強説!現在はエルバフで教祖

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピース考察|ウルージの正体と最強説!現在はエルバフで教祖

怪僧ウルージは最悪の世代の中でも際立った特徴を持つ存在です。

それ故に熱狂的なファンも多く実際に芸能人もウルジストとして名乗りを上げている方がいるほど。

そんなウルージの正体が明らかになるのは「おそらくエルバフであろう」と言われています。

理由はウルージが海に出た目的が「巨大な鉛筆を削るため」だからです。
※持っている六角の武器は鉛筆だと公式に伝えられました

ビッグマム海賊団の元スイート4将星である懸賞金6億のシャーロット・クラッカーを撃破した強さ。

空島出身で破戒僧を名乗るというキワモノながら、登場時は最悪の世代の中では幾分懸賞金が低く設定されていたところ。
※これは数字の遊び心によるもの

また悪魔の実の能力なのかダメージを受けると巨大化する特殊な性質。

全てが謎に包まれているだけに「最強説」を疑わない人も多くいます。

現在はエルバフで教祖をやっている予想もされていますが、実際はどんな正体を示すのでしょうか。

ウルージ死亡の可能性とエルバフ登場の可能性

ウルージの正体はルフィの味方説

ウルージの正体ですが、最終的に「ルフィ側につく」という可能性があると言われています。

粗暴な言葉遣いをするシーンも多いですが、人間味もあふれている人物

敵としてずっと存在する者とも思えないところなのでしょう。

また麦わらの一味が多様性を重視するとすれば、空島出身のウルージが仲間になる可能性は否定できません。

エルバフではウソップの離脱説も出ているので、代わりにウルージが入ることも考えられるでしょう。
ウソップがエルバフで一味を離脱するか

これについては「嘘つき」で有名な神話キャラであるロキが仲間になる説もあります。

但しウルージの悪魔の実の能力次第では数字の法則の崩れが生じかねないので、まだはっきりとはしないところ。

ダメージを受けると巨大化して、その力によって何倍にも相手に返すようなタイプの能力です。

それこそ因果応報というか「やられたら何倍にもしてやり返す」という類の悪魔の実であると考えられるでしょう。

人の願いが悪魔の実であったと考えるならウルージが食した悪魔の実は中々に復讐心に燃えた人の願いが込められている気がします。

仇討ちならぬ「アダアダの実」とか「カタカタの実」、もしくは報復ということで「ホウホウの実」などがあるでしょうか。

ただどれもしっくり来ないのと「巨大化する意味」が分からない部分でしょう。

それよりも受けて耐えて放出ということで忍耐の「ニンニンの実・タエタエの実」などの方が可能性はあるかもしれません。

中々数字の法則が当てはまる悪魔の実も難しいので、当然ながら「敵対」という形でルフィたちと戦うことになる可能性もあるでしょう。

懸賞金ランキング!現在の1位~50位まで

ウルージの現在の懸賞金は幾らか

ウルージの現在の懸賞金ですが、最悪の世代として紹介された時は1億800万ベリーで、これは「煩悩の数が108であること」から来ていると考えられます。

よってこの時は強さを反映しているというよりもキャラごとに遊び心を踏まえた懸賞金だったと言えるでしょう。

最終章に入り、全体的な懸賞金の額は上昇傾向にあります。

ウルージさんも当然ながら懸賞金の増額が見込まれますが、まず第一にビッグマム海賊団の元スイート4将星のシャーロット・クラッカーを撃破しています。

これだけでも6億以上がほぼ濃厚な状況。

それもかなり前の話になりますので、それ以降も動きを見せているのだとすれば10億クラスには引き上がっているのではないかと予想されるところです。

海賊島ハチノスの本当の名前がオリンピアの可能性

現在はエルバフで教祖

そして最終章まで麦わらの一味との接触がなかった最悪の世代の最後の一人と言えるウルージ

このウルージについては先述の通り海に出た目的が「巨大な鉛筆を削るため」だったことを加味して「エルバフにいる」という説が成り立っています。

上陸する島で長編で描かれる最後の島と言われているエルバフ。

ここでウルージが登場するのは確定的と思われますが、現在何をしているか。

やはりここは怪僧らしく「教祖になっている」というのが面白いかもしれません。

仏教感のある雰囲気を全開に出しているウルージ。

エルバフはロキという人物がいることから、どちらかと言えば北欧系の宗教感がある場所でしょう。

但しウルージの出身である空島は、同じく西洋風の場所でもあります。

このことから融合が可能なウルージが新たな宗教確立してエルバフに存在している可能性は十分にあるでしょう。

多種の融合というのは一つのワンピースのテーマとも言えるので、この点からもルフィ側につく流れは考えられます(船に乗るという意味ではなく)。

またウルージのあの雰囲気から、戦いが軸にあるエルバフにおいて「癒やしの効果」を持ったとしても違和感はないでしょう。

大柄故に受け入れられるのも早いかもしれません(攻撃を受けた時の大きさは小さめの巨人ほどはあった)。

エルバフとウルージ、そして語れる能力や過去。

それによって空島に住む羽根の生えた人間の意味も理解できるのではないでしょうか。

もしかしたらエルバフでは羽根の生えた存在を崇めるような思想が存在している可能性も十分ありそうです。

エルバフで王と対立するような宗教戦争を思わせるものの中心にウルージがいることもあるかもしれません。

チョッパーはツキツキの実(2929)の能力者だった



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.9.13

【七つの大罪考察】魔神王は息子メリオダスが大好きな親バカ!?呪いも全て魔神族のため!目的は!?

(鈴木央 七つの大罪 23巻引用) 最近になって 出番が増えてきた 魔神王。 ⇒【魔神王と最高神の姿!】 最初は、 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る