Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピースネタバレ967話【最新確定】ラフテルに宝を残したジョイボーイ!島の名付け親はロジャー!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピースネタバレ967話【最新確定】ラフテルに宝を残したジョイボーイ!島の名付け親はロジャー!



ワンピース967話は一挙に内容が更新されたと言えるでしょう。
ロジャーがおでんを連れてラフテルに到達しました。
しかもラフテルと名付けたのはロジャーで意味は「Laugh Tale」でした。
(週刊少年ジャンプ2020年6号1/4発売より)

実際には映画スタンピードにおいて綴りはすでに公開されていましたが、
意味としては「笑い話」となります。
ジョイボーイが残したお宝を目の前に笑った海賊王ロジャー。
そこには何があったのでしょうか。

またバギーとシャンクスがこのラフテルに到達していない事も判明しました。
バギーが風邪をひいてそれを看病する形でシャンクスは残っています。
「行くときは自分の船で行く」というカッコいい言葉を残す辺りはさすがシャンクスです。

それではワンピース967話を考察していきましょう。

デカイ麦わら帽ジョイボーイの!?




ワンピース967話 魚人島でポセイドンの話

ウォーターセブンに向かいトムと再会しているロジャー。
次に向かったのは魚人島で予言者シャーリー(当時3歳)の言葉に翻弄されている様子の魚人島でした。
おでんもロジャーも海王類の声が少し聞こえている様子で違和感を抱いています。

10年後に生まれる人魚姫が海王類と話せるという言葉も出てきます。
魚人島にあったポーネグリフはジョイボーイの謝罪とポセイドンについて。

人魚姫伝説と併せてロジャーもポセイドン=人魚だとすぐに分かります。
この辺りはルフィが実際に通ってきた道そのものという様子です。
ただルフィの時の様に誰か敵が現れたりしていない(したのかもしれませんが)分にスムーズに進んでいきます。

またイヌアラシやネコマムシが自分の故郷であるゾウに赤いポーネグリフがあると言います。
そこに向かうべき進んでいく一行ですがその前にトキが病に倒れます。

古代兵器は兵器じゃなかった!?

ワンピース967話 ワノ国に戻れないおでん

トキが倒れたのはゾウに向かう途中のワノ国の近海でした。
一度ワノ国に戻ってトキを預けます。
イヌアラシやネコマムシも錦えもん達がトキをあまり知らないという事でワノ国に戻る事になります。

ここでイヌアラシもネコマムシも最後の島には行っていない事が確定しました。
おでんも残ろうとしますがトキに一喝されて船を降りない事を決めます。

錦えもん達が現状のワノ国について語ろうとしますが、
それを静止するトキでした。
おでんにはやらければならない事があるのをトキも当然一緒に航海していたので分かっているはずです。

シャンクスは死ぬのか!?




ワンピース967話 ロードポーネグリフが集まる

イヌアラシとネコマムシの手紙をゾウのひつギスカン公爵に渡します。
ここでの誰かに見られている気がすると感じているおでんとロジャーです。
これも同じでゾウの言葉を聴けたモモの助やルフィとも重なる部分でしょう。

ゾウにて4つ目のロードポーネグリフを手にしたロジャー一行。
ペドロが船に乗りたいと言いますが人には出番があるのだと静止しています。

最後の島の場所が分かったロジャーはすぐに向かいます。
すでに海賊王ロジャーの命は僅かになっていました。

ちょうどバギーが風邪をひき、
それにつきそう形でシャンクスも最後の島には向かいませんでした。
行くときは自分の船で行くという言葉を行っていますが、
ナレーションではコレが「運がいいのか悪いのか」と伝えられています。

アポロ計画とワンピースの関係!?

ワンピース967話 ラフテル=Laugh Tail

世界にロジャーが一周したと報じられました。
これによって海賊王の称号を得る事になったロジャーです。

本当にあった莫大な宝を目の前にしてロジャーは笑ったと言います。
ここには政府が隠した空白の100年の事やDの一族とは何か、
そして古代兵器とは何かが記されていた様です。
全てを航海日誌に認めているおでんですがこれもワノ国で見つける事になるのでしょう。

到達したロジャーは笑いながら、
自分もジョイボーイと同じ時代に生まれたかったと言います。
そしてとんでもないお宝を残しやがって「とんだ笑い話だ」と仲間に言います。
最後の島に名前を付けたロジャー。
それが「Laugh Tail(笑い話)」だったと言うことです。

これにて海賊王がラフテルへ行き着いた経緯そのものは完了となります。
遂にラフテルがもろに登場する事になりましたが描写としては風景を含めて一切ありません。
なので現実には登場していない事になりますが、
一挙に現実味を帯びたのは間違いないでしょう。

一挙に進展していくワンピースのストーリー。
徐々に終わりが見えてきた様子も感じ取れる状況です。
次号にも期待がこもります。

【こんな記事も読まれています】

⇒【カイドウ倒すのはコビーとルフィ
⇒【NAMIはロジャーの娘!?
⇒【シャンクスは死ぬのか!?
⇒【サンジの眉毛と悪魔の実の模様!?
⇒【古代兵器は兵器じゃなかった!?
⇒【10人目の仲間モモの助!?
⇒【Dの一族テンプル騎士団モデル!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • ファン10号
    • 2019年 12月 29日

    ラフテルの正しい綴りはLaugh Taleですよ

    • ヒソ神さん
      • ヒソ神さん
      • 2020年 1月 13日

      失礼しました!

最近の投稿

ページ上部へ戻る