Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

約束のネバーランドネタバレ135話展開予想|レイが大人で一人だけ!エマは死んだのか!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
約束のネバーランドネタバレ135話展開予想|レイが大人で一人だけ!エマは死んだのか!?

※確定情報更新(リンク下あらすじ)

135話 ドンとギルダがムジカ捜索

ノーマンはドンとギルダにムジカの捜索を依頼。

保護するためというが、
ドンとギルダは完全には信じていない。

自分たちを餌に探し出すのだろうと予想。

守るためにもムジカを探しに向かう。

付けられる護衛はハヤトとアイシェ。

アイシェは狙撃の名手であり言葉が話せない。

但し鬼の言葉が分かる。

元々鬼に飼われていてノーマンが救い出した。

アイシェにムジカたちを殺させる算段と判断したドンとギルダ。

またレイはエマの子供版を抱きながら歩いている。

135話 アイシェの存在

エマとレイの死の暗示




約束のネバーランド134話でレイはエマがもういない世界で彷徨っていた。

一体何があったのかは全く不明だが、
砂漠の様な場所で地面には風車が多く刺さっている。

謎の言葉にあった、
砂の間で矢が止まりを意味するのかは分からない。

地が哭きが大人レイの目の前の竜巻を意味する可能性はあるか。

最初にハウスに入った時には、
レイもエマも子供になってしまっていた。

同じ様に一時的に大人になっている様なファンタジー感も無くはなかったが、
レイの悲壮感を見るに実際に長きに渡って謎解きに挑み続けたのではとも感じる。

レイだけが取り残された可能性もあるのか。

約束のネバーランド135話でレイとエマのその先が分かるのか。

エマがいないの意味とは

レイは彷徨いながらエマの名前を呼んでいた。

そして、
もういないの一言。

描写として映されたのはエマの銃と着ていたのであろう服の残骸。

レイはその後で自分自身が何者であるか分からなくなっている。

孤独に彷徨った為に精神に異常をきたしているのか。

それとも、
魂が入れ替わるような体感が何度もあり、
自分自身が何者であるのかを判断できない経験をしたのか。

エマについても、
死んだのか逸れたのか全く不明。

場合によっては、
レイを取り残してエマだけは現実に戻った可能性もゼロではない。

扉の中の時間が現実とどのように相関しているのかも不明。

分からない事だらけの扉の中。

約束のネバーランド135話ではエマの大人側が描かれる事はないか。

レイの持つ本でエマ嘘つき




謎の言葉の意味が分からない

七つの壁を見つける為の暗号の意味が全く分からない。

クヴィティダラの竜の目で
昼と夜を探すべし

まず北へ10里
つぎに東へ10里
つぎに南へ10里
つぎに西へ10里

天へ10里地へ10里

砂の間で矢が止まり
日が東へ沈むとき
地が哭き壁は現れる

約束のネバーランドより

クヴィティダラの竜の目で昼と夜を探すのはすでに行っている。

北と東と南と西への10里が実際の距離を表すのか、
それとも全く違う意味なのか。

そもそも天と地に10里は物理的な行動として不可能。

さらに言えば、
全てを正確に行っても元の場所に戻ってしまうことは始めにこの言葉が出ていた時にも出てきた言葉。

約束のネバーランド99話北東南西にいっても同じ場所に戻る

約束のネバーランド99話/白井カイウ先生/出水ぽすか先生
暗号通りに行くと同じ場所に戻る

実際の回答は、
【動かない事】にあったのかもしれない。

この世界は言語の統一感がある訳ではない事から、
英語や日本語の文字を使った謎と言う可能性はゼロに近い。

よって、
sandの間に矢を指して~と言う解き方ではない。

もう一つの約束とは




エマ大人は描かれるのか

レイは大人になっていて、
エマはすでにいなくなっていた。

逸れてしまってエマはエマで彷徨っている可能性はあるのか。

クヴィティダラの竜の目であの存在と接触したのはエマだけ。

レイは先に進めずにこの世界に閉じ込められた事もあるのか。

エマはすでに扉の中から脱出していたり、
あの存在と出会っていて約束の結び直しまで達成しているかもしれない。

到着出来るのが一人だけと決まっているなら、
レイは自分を犠牲にするはず。

だからこそエマはもういないと死や逸れたと言う意味ではなく、
いなくなった理由がわかっている状態なのかもしれない。

スミーの正体

ノーマン側の進行

レイとエマの扉編の月日が流れているのなら、
ノーマン編に戻って進行する可能性もある。

鬼の女王は軍を率いて進軍する予定。

儀祭を狙ってノーマンが王族と五摂家の壊滅を目論む。

人間側の犠牲を出さずにこれを達成出来るのか。

ムジカに関しては、
ドンやギルダを使っておびき寄せる算段なのかもしれない。

子供たちとノーマンの間にも軋轢が生まれる可能性はある。

約束のネバーランド135話の展開に注目。

【こんな記事も読まれています】

⇒【エマとレイの死亡を暗示?
⇒【スミーの正体とは?
⇒【ムジカを走馬灯で見た理由
⇒【もう一つの約束とタイトルの関係
⇒【七つの壁の正体とは一体!?
⇒【ミネルヴァと約束の謎!?
⇒【ソンジュとムジカの名前に意味!?
⇒【レイ最後の本でエマ嘘付き!?
⇒【クローン説の伏線が凄い!?
⇒【鬼の用語と神存在は発音不可!?
⇒【首のナンバーの謎が解明!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.7.1

【七つの大罪考察】エリザベスの呪いを解く方法が判明!そして新たな謎が浮上する!!

(七つの大罪 メリオダスとエリザベス 180話 引用) 224話にて エリザベスの呪いを 解く方法がわかった。 それは 魔…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る