【七つの大罪 考察】7人の大罪集結!いよいよ十戒と決戦へ!戦力差まとめ

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(七つの大罪 メリオダスの鼓舞 97話 引用)

いよいよ、
2部も終盤に差し掛かってきました。

最後は、
七つの大罪VS十戒(魔神族)となる事でしょう。

では、参考までに
現時点の(2017年4月22日時点)
二つの戦力を簡単にまとめていこうと思います。





七つの大罪

まずは、
主人公メリオダス率いる七つの大罪です。

元々
十戒を倒すために結成された<七つの大罪>ですが、
1部では5人までしか集まりませんでした。

そして、
2部ではついに全員が揃います。

<憤怒の罪>メリオダス

ドルイドの里では、
マーリンによって切り離された力を返してもらいます。

その時の闘級は3万2500まで上昇しました。

その後は、
ドロール・グロキシニアによって開かれた
バイゼル喧嘩祭りで十戒とシ闘を繰り広げます。

エスタロッサに敗れたメリオダスはシんでしまいます。

そして、
魔神王の呪いにより復活したメリオダスは
闘級6万まで上昇していました。

今後の戦いでも活躍する事でしょう。

魔力:全反撃(フルカウンター)

⇒【メリオダスの本性は!?

<傲慢の罪>エスカノール

エスタロッサ戦では、
十戒2位の実力(闘級6万)を誇るエスタロッサに
一歩も引けを取らず勝利しました。

むしろ、
そこにはまだ余裕すらも見えます。

今後も活躍する事間違いなし。

魔力:太陽(サンシャイン)

⇒【エスカノールの正午闘級予想!

<暴食の罪>マーリン

真の名を思い出してからは、
雰囲気が一気に変貌。

十戒のグレイロードとフラウドリンが
逃げ出す程でした。

戒禁に耐性がある事からも、
戦力としては申し分ありません。

魔力:無限(インフィニティ)

⇒【マーリンの正体!?

<シキ欲の罪>ゴウセル

偉大なる術師によって創られた人形ですが、
十戒にいた頃は段違いの強さを誇っていたそうです。

魔法の心臓を取り戻せば、
十分に魔神族と渡り合える逸材になるでしょう!

魔力:侵入(インベイジョン)

<怠惰の罪>キング

グロキシニアの試練を達成した事により、
飛躍的な成長を遂げています。

もはや足を引っ張るような存在ではありません。

魔力:災厄(ディザスター)

⇒【キングハーフ説否定!?

<嫉妬の罪>ディアンヌ

ドロールの試練を無事終えています。

試練ではドロールの舞いを見せ、
踊り子としての成長も遂げています。

魔力:創造(クリエイション)

<強欲の罪>バン

ガラン戦では、
十戒を圧倒する力をみせました。

ただ、大罪の中で唯一、
神器手に入れていない人物でもあります。

当時はメリオダスに次いで強いと入れていたらしく、
今後は神器の聖棍クレシューズが手に入れば
大きな戦力となる事間違いなしでしょう!

魔力:強奪(スナッチ)

⇒【バンの神器の行方!?





十戒

魔神王直属の精鋭部隊です。

登場初期は、
1部のラスボスである魔神化したヘンドリクセンすらも
小物と感じさせるほどの強さを誇っていました。

現在では、
何名か倒されてしまいました。

では、
闘級順でまとめていきます。

⇒【十戒の強さランキング(TOP10)

戒禁『敬神』ゼルドリス

魔神王の代理を担っており、
十戒の現リーダーです。

一人でキャメロット王国を陥落させています。

更には、
リオネス王国の聖騎士や民も数人、僕(しもべ)、
と化しており、戒禁が強さを物語っています。

闘級:61000
魔力:魔神王(ゴッド)

⇒【ゼルドリス最強!?

戒禁『慈愛』エスタロッサ

ゼルドリスの兄で
十戒では二番目に闘級が高い人物です。

しかし、
エスカノール戦では
“無慈悲な太陽(クルーエル・ザン)”により吹き飛ばされます。

闘級:60000
魔力:全反撃(フルカウンター)

戒禁『忍耐』ドロール

巨人族の始祖として崇められていました。

しかし、聖戦では
ゼルドリスに敗北し、その選択から
十戒に入る事を余儀なくされました。

闘級:54000
魔力:大地(グランド)

戒禁『沈黙』モンスピート

3000年前の過去では
インデュラ姿を披露しています。

メリオダス戦では、
自ら放った“灰儘龍(かいじんりゅう)”を全反撃で返されます。

その矛先はデリエリへと向けられ、
デリエリをかばった際に命中。

闘級:53000
魔力:遊撃星(コンボスター)

戒禁『純潔』デリエリ

数少ない魔神族に許された禁忌の術『インデュラ』を
発動させる事が可能です。

メリオダス戦では、
囮となってモンスピートの攻撃もろともメリオダスを
倒す作戦を立てますが、失敗してしまいます。

メリオダスのフルカウンターを食らって以降
モンスピートと共に気配が消えています。

闘級:52000
魔力:連撃星(トリックスター)

戒禁『安息』グロキシニア

初代妖精王として妖精の森を守っていました。

しかし、
聖戦では妹のゲラードを傷つけられてしまいます。

そして、怒りの矛先は
妹を守れなかった光の聖痕へと向けられます。

気づけば十戒として戦う事となりました。

闘級:50000
魔力:災厄(ディザスター)

戒禁『不サツ』グレイロード

バイゼル喧嘩祭りでは、
メリオダスに“呪縛怨鎖(じゅばくえんさ)”をかけ
メリオダスをシに追いやりました。

しかし、
リオネス王国ではマーリンに捕えられてしまいます。

闘級:39000
魔力:不浄(カース)

戒禁『信仰』メラスキュラ

魂抜きを得意としており、
バンの魂を抜いた際は食べ損ねています。

バイゼル喧嘩祭りでは、
瀕シのメリオダスに止めを刺す形で魂を引き抜くも
“絶気配(ゼロサイン)”で気配を消したバンに
首をへし折られ、心臓も真っ二つにされています。

闘級:34000
魔力:獄門(ヘルゲート)

戒禁『無欲』?フラウドリン

ゴウセルの代理として十戒に入っています。

メリオダス戦では、
人間の愛を理解しシぬ事を選択します。

メリオダスの煉獄が込められたパンチで
上半身が吹き飛び、シんでいます。

闘級:31000
魔力:巨大化(フルサイズ)

戒禁『真実』ガラン

自ら提案した「ガラン・ゲーム」の末、
エスカノールに敗北し石化してしまいます。

闘級:27000
魔力:臨界突破(クリティカルオーバー)

大罪 vs 十戒

七つの大罪は全員がピンピンしています。

一方、十戒側は、
ゼルドリスの戒禁がまだ効いている以上、
ゼルドリスは生きています。

そして
他のメンバーで生存しているのは、
ドロールとグロキシニアのみ。

生シが不明なのは、
エスタロッサ・デリエリ・モンスピート。

戦闘不能者は、
フラウドリン・グレイロード・ガラン・メラスキュラ。

はたして、
このままアッサリと決着が着くのでしょうか!?

2部の終盤のバトルに期待ですね!

⇒【十戒の強さランキング(TOP10)
⇒【メリオダスの本性は十戒か大罪か

【こんな記事も読まれている】

⇒【ゼルドリス最強!?
⇒【十戒メリオダスの闘級は!?
⇒【エスカノール正午の闘級!?
⇒【アーサー王の強さを予想!?
⇒【メリオダスとエリザベスの関係!?
⇒【マーリンの正体!?
⇒【キングとエレインのハーフ否定!?
⇒【バンの神器とは!?
⇒【団長の大剣は十戒時代の魔剣!?
⇒【魔神族が妖精王の森襲撃の理由!?
⇒【ホークとキャスは何者!?





The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.7.4

【約束のネバーランド考察】レイが最後に読んでいた本のタイトルはCyganEか♣意味は♦

(約ネバ 最後の本 32話 引用) 4巻で白井カイウ先生が コメントしていたレイが 最後に読んでいた本。 レイはハウスの本を…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.8.25

【キングダム考察】李信と龐煖の決着は趙滅亡の年の太原・雲中か♣邯鄲を攻めなかった理由♠

(キングダム 矛の威力 509話 引用) 飛信隊の信。 歴史上では李信という名の 将軍であることは1巻冒頭で 明かされている…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る