【進撃の巨人考察】ユミル・フリッツは巫女!?予知でエレンを見た(二千年後の君へ)!?クルーガーの発言は未来視!?

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(諌山創先生 進撃の巨人 54話引用)

進撃の巨人というと
物語りも面白く、
キャラクターも魅力的ですが、

なんといっても
伏線の多さが目立ち、
読み応えのある漫画に
なっています。

そんな進撃の巨人は、
色々な元ネタから一部を拝借した形で
完成されています。

諌山先生からは
北欧神話が分かれば
物語の3割は理解できるとも
公言されていますが、

今回は北欧神話から
始祖のユミルがエレンを見た
ということについて
考えていきます。

⇒【アルミンの発言が現実に!?
⇒【ヒストリアの夫が判明!




巫女

北欧神話には色んな物語が
あるんですが、

始まりの一つとして
巫女の予言から始まる
ものもあります。

北欧神話の流れを簡潔に話すと、
神々と巨人が戦い、神が敗れ、
世界が滅亡をします。

しかし、
新たに創造された世界では
平和が訪れる事になります。

この世界が滅亡をしていくまでに
色んな物語があるんですが、

巫女はこの中で起きる事の全てを
予言の力で見ており、
何が起こるのかを予め
全て予言しています。

つまり未来の全てを
見通しているのです。

例えば巫女は
オーディンが槍を放つ事で
世界の戦争が始まる事を
語っていますし、

トールが大蛇ヨルムンガンドに
敗れる事も語っていますし、

火炎の中、大地が海に沈み
きらめく星までも落ちると
言っていたりします。

そして、
この予言の終わりについては、
このラグナロク(終焉)が終わり、

世界が再度創造され、
一部の人物が復活し、

ラグナロクで生き延びた
ニーズヘッグというドラゴンが
沈む(倒される)ところで
終わっています。

⇒【ユミルを倒した3人の神とは!?
⇒【巨人大戦は絵で予知された!?




ユミル・フリッツ

進撃の巨人の始まりが、
この巫女の元ネタを参考に
作られているとすれば、

巨人の力を手にした
ユミルはその終わりまでも
見通していた事になります。

進撃の巨人の第1話は
「二千年後の君へ」という
タイトルですが、

これはまさにユミルが二千年後を
見たことを意味しており、
そこが終焉になるという事にも
なります。

因みにエレンの任期はもう
5年をきりましたが、
それこそ主人公エレンが
この終わりと絡んでくる可能性は
高いでしょうね。

もしくは、
元ネタを参考にするなら
世界が復活した時に蘇った人も
いますから、

一旦エレンはシぬことになる
可能性もあるのかもしれません。

⇒【エレンは過去の記憶を辿ってる!?
⇒【9つの巨人をわける方法とは!?

クルーガーの発言

クルーガーはグリシャに対して、
かなり意味深な発言をしたことが
あります。

それは、

クルーガー
「ミカサやアルミン
みんなを救いたいなら
使命を全うしろ」

グリシャ
「ミカサ?アルミン?
誰のことだ?」

クルーガー
「・・・さぁ?わからない
誰の記憶だろう?」

こんな発言。

これは、
クルーガーが進撃の巨人の
前継承者の誰かの記憶を覗いたとも
考えられ、

その場合には
現在と同じく過去にミカサやアルミンが
いたことになりますし、

歴史が繰り返されているという
描写になっていることになります。

ただ、
元ネタの巫女の予言を
参考にするなら、

この後クルーガーは死にますから、
そのシに際にユミルの記憶に触れた
という可能性はあるんじゃないでしょうか。

その場合には
クルーガーが見た記憶は
始祖ユミルのものであり、
ユミルの記憶を介して未来を見た
とも考えられます。

⇒【結末予想!全世界の和解!?
⇒【アッカーマンは巨人の子!?



世界は良くなる

では最後はどうなるのか?と
気になるところです。

元ネタでは神々や巨人、
怪物はシに、

世界は新しい形で
創造されていきます。

しかし、
新しい世界ではバルトルという神が
蘇ったり、

ヘズという神とヴァルハラに住み、

誠実な人しか住めないという某館で
永遠に幸福な生活を送る人々たちが
いたりと、
割とハッピーエンドな形で終わります。

ただそれは
犠牲になった人達に対して
目を瞑るといった場合です。

つまり、
今後は巨人と兵器による
第何次世界大戦なのか、

そういった戦争の果てに
ほとんどが息絶え、

そして
一部の人間が生き残り
新しい世界を創造していく展開が
予想されます。

⇒【ミカサがエレンにトドメ!?

個人的にはエレンはシに
ミカサかアルミンは生き残る事に
なるんじゃないかと
考えています。

というのもエレンは
怒りの権化であり、
アルミンは導き手という
ポジションとして
描かれていますが、

そのキャラクター像を
貫く事になるなら
エレンは最後の最後まで
怒り戦いの中でシんでいくと
考えられますし、

アルミンも捨てる覚悟について
語っていたり、
一方で実は誰よりも逃げない性格
であるように、
皆を導く形でシぬ可能性が
高いんじゃないかと思うんですよね。

そうしてミカサが気持ちを改め
前を向いて歩いていく、
そんなシーンが頭に浮かんでいます。

ということで、
進撃の巨人としてもまだまだ
二転三転していく可能性が
ありますから、

どうなるのか分かりませんが、
巫女の予言やら元ネタを参考にするなら
こうなるのではないかと思っています。

では
引き続き展開に注目していきましょう。

⇒【結末予想!全世界の和解!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【ヒストリアの夫が判明!
⇒【ジークの秘策の詳細判明!
⇒【最後はエレンVSジークか!?
⇒【エレンは過去の記憶を辿ってる!?
⇒【9つの巨人をわける方法とは!?
⇒【リヴァイの最期!?神トール共通点
⇒【座標=悪魔の受け皿!?
⇒【始祖ユミルと女神イズン!?
⇒【アッカーマンは巨人の子!?
⇒【九つの巨人の能力と過去!?




Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

2017.10.20

【東京喰種:re考察】カネキの父親は「V」に始末された!?ヒデとも接点ありか!?

(石田スイ先生 東京喰種 7巻引用) 作中では、 カネキの父親に関する 伏線・情報が描かれています。 しかし、 本当に1回…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る