ワンピース考察|ビッグ・マムのモデルは人食いシャーロッテ・デ・ベリーで海に沈む

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピースは多くのキャラクターにモデルとされる海賊や人物がいます。

特に物語上の重要人物にはモデルがいる傾向が強いと言えるでしょう。

そして世界のバランスを支える一つの勢力と言えるのが四皇。

彼らにも全てモデルがいるとされています。

今回はビッグマムことシャーロット・リンリンのモデルとされるシャーロッテ・デ・ベリーから今後のビッグマムを考察していきます。

Dの一族はテンプル騎士団と関係

シャーロッテ・デ・ベリー

シャーロッテ・デ・ベリーはどんな人物だったのでしょうか。

実はシャーロッテ・デ・ベリーは実在の人物ではありません

エドワード・ロイドによる小説に出てくる主人公の女性です。

実際の小説を探そうとしましたが原本も翻訳本も見つかりませんでした。

概要を調べるとこんな感じです。

シャーロッテは10代で船乗りと恋に落ち、男装し乗船

しかし船長にその事がバレてしまい、夫は鞭打ちで殺されてしまいます。

夫が死んだ後で船長に言い寄られるシャーロッテ。

拒絶していたシャーロッテは港に停泊中に船長を殺して、女性の姿に戻り港で働き始めます。

働き始めたのもつかの間、商船を率いた残忍な船長に連行されてアフリカ行きの船へ乗り込みます。

強制連行された後に船長と結婚を強いられることになりました。

シャーロッテは船長に対抗するために船員の信頼得て反乱を起こします

船長を処刑して自らが船長となるシャーロッテ。

ここで女海賊の頭領が誕生しました。

海賊家業を続けていくシャーロッテ。

そして後にアルメリオ・ゴンザレスというスペイン人と3度目の結婚をします。

しかし不運ながらシャーロッテの船が難破してしてしまいます。

救援が無い中で食料がそこを付き、遂には人の肉を喰らうまでになっていきます。

後にオランダ船が彼女たちを救い出します。

まだ悲劇は続きました。

オランダ船が次は海賊に襲われてしまいます。

ここで彼女たち海賊はオランダ船を守るべく戦い勝利しました。

船員たちが勝利を祝う中、夫を失ったシャーロッテ静かに海に身を投げて死んでしまうのでした。

これがシャーロッテ・デ・ベリーの物語のあらすじとなります。

ビッグマムと似ている部分があると言えます。

ルフィが五皇!四皇を倒して勢力図激変

男装したシャーロッテと俺というビッグマム

船乗りの船に乗り込むために男装したシャーロッテ。

ビッグマムも一人称は「俺」ですが、ここが元ネタなのかもしれません。

またシャーロッテは両親の反対を押し切り乗船していますが、その男勝りな部分や後に船長を殺し、尚且自分が船長として海賊を続けるなどの性格も反映されているのかもしれません。

結婚した回数が多い

大家族のビッグマム。

現在は68歳で42年間子供を生み続けてきたそうです(85巻SBSにて)。

夫の数は驚愕の43人

それだけ多くの結婚をしている訳ですが、シャーロッテもまた3度の結婚をしています。

これもこの時代で考えると多い数と言えるはず(今の時代でも珍しいケースでしょう)。

桁は違えども、旅重なる男との逢瀬もまたシャーロッテ・デ・ベリーの物語が少し反映されてビッグマムのキャラ設定などが構築されたと言えそうです。

人肉を食していたシャーロッテ

ビッグマムの最大の特徴と言える人食ってしまうほどの食意地。

シャーロッテも人肉を食べました

とは言え極限状態で食べるものが無くやむを得ず行っていた過ぎません。

勿論ビッグマムも進んで食べた訳ではありませんが、飢餓状態の限界ではありませんでした。

ビッグマムはマザーカルメルを含め夢中になってその場にいた者を全部食べてしまっています。

食いわずらいの発動の結果です。

ワンピース837話 カルメルを含め全員を食べてしまった後のビッグマムことリンリン

ワンピース837話/尾田栄一郎先生/集英社
カルメルを含め全員を食べてしまった後のビッグマムことリンリン

シャーロッテとは違うパターンではありますが、人肉を食べていたという特異な部分は設定に色濃く出たと言えそうです。

リンリンが全員を食べてしまった837話は「怖すぎる」とネット上でも騒がれました。

このビッグマム事件によって悪魔の実の宿る場所についても考察が進んだと言われます。

悪魔の実が宿る場所判明

シャーロッテの夫は死亡している

次に気になるのはシャーロッテの夫が全員死んでいることではないでしょうか。

現状ビッグマムの夫はパウンドくらいしか公に出てきていません。

シャーロッテが元ネタであるなら他の夫はすでに死亡している可能性もあるでしょう。

とは言え43人全員を描く訳もなく、特段の描写もなくこのあたりはスルーされそうな気もします。

シャーロッテの最期は身投げ

モデルであるシャーロッテ・デ・ベリーの最期は海に身を投げという結末です。

夫の死を悲しんで絶望したとされる身投げでしたが、ビッグマムがそんなことをするはずもありません。

最後は海で死ぬのかって話もありましたが、これも鬼ヶ島でカイドウと共に戦っているビッグマムから考えて無さそうです。

ワンピース1003話 人獣型のシルエットで登場したカイドウ

ワンピース1003話/尾田栄一郎先生/集英社
人獣型のシルエットで登場したカイドウ

鬼ヶ島でカイドウと共に新世代に敗れて倒れるビッグマムというのが結末になるでしょう。

どこをどう展開させてもビッグマムが身投げするというストーリーはありえないと言えそうです。

シャーロッテ・デ・ベリーはビッグマムのキャラ設定に幾らかの影響を与えたと言えますが、物語をトレースするほど野暮な事はしていないと考えて良さそうです。

以上がビッグマムことシャーロット・リンリンのモデルであるシャーロッテ・デ・ベリーを交えた考察となります。

シャンクスは死ぬのか



The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.11.6

【進撃の巨人考察】エレンはタイバー家の宣言時に何をする気か♣ライナーの決断♦

(諫山創先生 進撃の巨人 98話引用) ファルコに連れられて ライナーは地下にいた クルーガーを名乗っていた エレンに会う。 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る