【七つの大罪考察】魔神族が妖精王の森を襲った理由とは!?封印されたのではなかったのか!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(七つの大罪 4巻 バンとエレイン 引用)

妖精王の森には、
「生命の泉」というお宝があります。

その杯から溢れ出る水を飲めば、
不老不シになるというもの。

そのお宝の話を、
育ての親であるジバゴから聞いたバンは、
それを手に入れるために森にいくのですが。

しかし、
そこで起こる事件によってバンは、
「七つの大罪」に加わることになります。

その事件を起こす赤の魔神。

魔神族は、
三千年前の聖戦で封印されたはずなのに、
どこから現れたのでしょうか?





魔神族は封印されたはず!?

魔神族は古の大戦で、
女神族に敗れてすべて封印されています。

という話になっていますが、
封印を逃れた魔神がいます。

魔神族の裏切り者であるメリオダス。

それと、
「十戒」のメンバーであるフラウドリン。

この二人以外は、
この世にいないはずです。

しかし、
妖精王の森に現れたのは赤の魔神。

この魔神が、
三千年前の聖戦を逃れたとしても、
魔神族の寿命は千年。

聖戦からの生き残りではなさそうですね。

考えられることとしたら、
上位魔神族である、
メリオダスかフラウドリンが、
下位魔神族である赤の魔神を召喚した。

ということになりますね。

のちに、
フラウドリンによって復活した、
「十戒」のメンバーも、
ブリタニアの大地を手に入れるために、
下位の魔神族を召喚していました。

生命の泉が狙い!?

今のところ、
フラウドリンが赤の魔神を召喚し、
妖精王の森を襲わせたということで、
間違いはないと思います。

ですが、
赤の魔神が森を襲ったのは20年前。

聖戦の三千年前から20年前まで、
フラウドリンは何してたの?
って話になりますよね。

魔神族の寿命は千年なので、
3回シんでます(笑)

「生命の泉」を手に入れるのが目的、
だとしても遅過ぎじゃないですかって話です。

「私も色々あって 目ざめたのが
ほんの10年前なのだ」(109話)

フラウドリンは「十戒」のメンバーに、
こんなことを言っていました。

⇒【十戒の強さランキング(TOP10)





だけど、
16年前にダナフォール王国で、
メリオダスとフラウドリンは闘っていますね。

その闘いのせいで、
フラウドリンは敗れてその後、
6年間は身動きが取れなかったのは合っています。

やはり、
三千年前から20年前までの、
フラウドリンの行動は謎ですね。

しかも、
フラウドリンは195話で、
メリオダスによって瞬サツされているので、
その謎は迷宮入りとなりました(笑)

封印を解く勉強してた!?

フラウドリンは29話で、
魔神族の紋様が描かれている書物を読んでいました。

ドレファスの体を乗っ取って、
人間になりすましているフラウドリンですが、
魔神族の封印を解くことを、
一番に考えていたことは確かです。

妖精王の森を襲わせた理由は、
封印を解くためのひとつの手段だったのでは?

メリオダスは、
封印のかけらの一つを大事に持っていました。

万が一、
封印が解かれないようにレリーフを、
バラバラにしてどこかに保管していたのかも。

その一つが、
妖精王の森にあったのかもしれません。

【こんな記事も読まれている】

⇒【十戒の強さランキング(TOP10)
⇒【メラスキュラは生きている!?
⇒【メリオダスとエリザベスの関係!?
⇒【グロキとドロが魔神族に味方!?





The following two tabs change content below.
Dr.トラ男

Dr.トラ男

DRAGON BALLの頃から少年ジャンプを読んでるマンガ好き男子。 北斗の拳が人格形成に大きく影響を受け、現在に至る。 主にワンピース、キングダムは毎週欠かさず愛読してます。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.11.23

【東京喰種:re考察】白日庭のタネ役と母胎役の仕組は?人間は何処から!?半人間を産むのは難しい?

(石田スイ先生 東京喰種:re 7巻引用) 作中において、 白日庭なるものがあると 明らかになっています。 しかし、 回想…

よく読まれている記事

ピックアップ

2018.3.7

【東京喰種:re考察】骸拾いのアラタ生存の可能性は!?4年以上カプセルに浸かっている!?

(石田スイ先生 東京喰種 104話引用) 「アラタ」の クインケ実用計画 として、 様々な「アラタ」 が描かれてきました。…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る