【約束のネバーランド考察】ミネルヴァ死亡で鬼がゴールディポンド乗っ取りか♣狩場と化した隔離施設♦

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(白井カイウ/出水ぽすか先生方 約束のネバーランド 引用)

エマが送り込まれた場所。

それは、
ミネルヴァが指定した
場所だった。

ゴールディポンド。

ただ、
オジサンが言うように
この場所は鬼が
人間の狩りを楽しむ
場所になっているという。

⇒【ミネルヴァの先祖が作った世界!?





元々はミネルヴァが作った

ミネルヴァ=敵
という発想は前から
あったものだが、
このミネルヴァというのは
=鬼だったとも考えられる。

もう1つが、
ミネルヴァがコロされて
鬼たちがこの場所を
乗っ取ったというもの。

どちらも可能性は
大いにある。

最初にミネルヴァが
指定した場所。

そこはシェルターに
なっていた。

更に、
ピアノの仕掛けで
武器まで手に入る。

もしも、
鬼たちの仕業だと
するならば、
そこまで手の込んだ
ことはしないだろう。

そう考えると、
ミネルヴァという存在は
優秀な子どもたちを
集めようとしたのは
間違いなさそうだ。

⇒【レイ最後の本でエマ嘘付き!?

ミネルヴァが死亡

ゴールディポンドで
鬼達から逃れて
人間が過ごしていたの
だとすれば、
それはそれで違和感がある。

鬼たちが
狩りをする今の状況。

つまり、
鬼が入れるというところに
大きな違和感がある。

もしかしたら、
この場所は湖や池の中で
隔離されているという
こともあるだろう。

それならば、
ミネルヴァが人間の優秀な
子供を救おうとした
場所なのかもしれない。

そこに知性の鬼が侵入。

ミネルヴァという
管理者を失い
それ以降は知性の鬼の
狩場と化した。

⇒【クローン説の伏線が凄い!?





狩場と化した隔離施設

人が住めるように
なっていたが、
時折鬼が現れて
狩場と化すゴールディポンド。

脱出可能なら
そこにいる人間は
とっくに脱走しているはず。

この場所が
隔離可能なのは明確。

やはり、
それを踏まえると
元々はミネルヴァが
人間を養っていた
場所なのだろう。

今では、
それと逆の状況と
なってしまっている。

⇒【ノーマンが最後に見たものは?

人間界への道はあるのか

ゴールディポンドは
狩場と化している。

しかし、
この場所に人間界と
繋がる何らかのヒントが
隠されているのは
間違いないだろう。

ただ、
ミネルヴァが死んで
いるのだとすれば、
その道も閉ざされて
いるかもしれない。

エマたちが
人間界に行こうと思えば
人間側ではない
鬼側でミネルヴァと
約束をした人物。

おそらくは、
御前とされる謎の存在
を利用するしか
ないのだろう。

【こんな記事も読まれています】

⇒【オジサンはA08-63の経験者!?
⇒【ミネルヴァの死亡説!?
⇒【ミネルヴァの先祖が作った世界!?
⇒【レイ最後の本でエマ嘘付き!?
⇒【クローン説の伏線が凄い!?
⇒【脱獄15名のキャラまとめ
⇒【ノーマンが敵になる!?
⇒【ノーマンが最後に見たものは?
⇒【外の世界は鬼を知らない!?
⇒【鬼の用語と神存在は発音不可!?
⇒【ミネルヴァは食人鬼の抵抗勢力!?
⇒【首のナンバーの謎が解明!?




マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.11.15

【進撃の巨人考察】ピークとポルコを罠で落したのは誰!?アルミンかコニーかジャン?

(諌山創先生 進撃の巨人 99話引用) ずっと西のラクア基地から 召集を受け警備に 参加しているという 顎鬚のマーレ兵士。 …

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.7.11

【プリズンスクール考察】(監獄学園) 裏生徒会と生徒会キャラまとめ!一番クセが強いのは”汚れちゃった”花に決まり!?

(監獄学園 89話 生徒会逆転! 引用) プリズンスクールには 生徒会が存在しますが、 通常の生徒会と 裏生徒会があります。 …

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る