ワンピース考察|ルナーリア族とは何か。ルナリア=植物or天体でラテン語は「月のような」を意味する

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピース考察|ルナーリア族とは何か。ルナリア=植物or天体でラテン語は「月のような」を意味する

ワンピースの世界でキングの正体として突如現れた「神の国出身」の種族「ルナーリア」についての考察です。

本編ネタバレを含みますのでご注意下さい。

ワンピース1023話でクイーンの発言から発覚した「ルナーリア族」というの名前。

同じく1023話にてマルコが極めて重要な発言をしました。

マルコ「レッドラインの上はマリージョアだろうよい」
白ひげ「いやあそのずっと昔だ。あの上には神の国があったらしいぜ」
(ワンピース1023話)

非常に重要な描写であると考えていいでしょう。

火災のキングはレッドライン出身の神

ルナリアとは何か

ルナーリアの元となった「ルナリア」とは何かから考えます。

まず一つは「植物」になります。

ドライフラワーなどにもよく使われる白い綺麗な花の事を言います。

この植物の名前から付けられた天体も存在しています。

小惑星でカール・ラインムートが発見したものとなります。

しかし当然ながらこちらは有名とは言えないもので、植物のルナリアから名前が取られているので二次的な名付けとなっています。

大口真神(おおぐちのまかみ)とは何か

ルナリアLunariaのラテン語の意味

ルナリア(Lunaria)のラテン語での意味を考えるとワンピースの世界観にぐっと近づきます。

ラテン語のLunariaは『月のような』となります。

これがLunariaの意味となります。

月はワンピースの世界で多く関連が認められるものです。

代表格といえば空島とエネルでしょう。

神を名乗った存在のエネルと空島は伏線だらけと言われているストーリーとなっています。

ワンピース27巻 スカイピア唯一神である神・エネルの初登場

ワンピース27巻/尾田栄一郎先生/集英社
スカイピア唯一神である神・エネルの初登場

エネルはワノ国とも大きく関わると言われているのでワンピース1023話のワノ国編で話が出てきたのは偶然ではありません

キングというの種族名であるルナーリア族は「月のような」を意味する語源を持っていて尚且マルコの言うように神の国の出身者。

無視できる話では無く、今後のストーリーにかなり絡んでくる伏線となります。

エネルとワノ国には深い関わりがある

マリージョアに乗っ取られた

先述したマルコと白ひげの会話。

「マリージョアの出来る前にレッドラインの上にあった神の国」

そこにいたのがルナーリア族だと考えていいでしょう。

発火する種族

要するに火を自在に操れる種族だったのが分かります。

ワンピース1022話 キングの正体はレッドライン出身の発火する種族の生き残り

ワンピース1022話/尾田栄一郎先生/集英社
キングの正体はレッドライン出身の発火する種族の生き残り

キングは見ての通り顔を完全に隠して戦っているのが分かります。

顔そのものにルナーリア族を分からせる特徴があるのかもしれません。

このルナーリア族が住んでいたと思われるレッドラインの上の神の国

それは現在はマリージョアがあり世界政府に乗っ取られたことを意味していると考えて良いでしょう。

キングがカイドウについている理由ももしかしたら「世界政府への仇討ち」を考えてのものなのかもしれません。

古代兵器は兵器じゃない

月から来た種族がルナーリア族

エネルはマクシムに乗って月に向かいました。

ワンピース30巻 方舟マクシムで限りない大地(月)を目指したエネル

ワンピース30巻/尾田栄一郎先生/集英社
方舟マクシムで限りない大地(月)を目指したエネル

このマクシムについている顔もまた伏線であり、イム様じゃないかとも言われていました。
イム様は一体何者なのか

そしてマクシムに乗って進んだ末に月に到着したエネル

このエネルは扉絵で伝えられましたが、ちゃんと月に遺跡が残っていて何かしらんの種族が生きていたのは分かっています。

ワンピース49巻 エネルが月で見た壁画

ワンピース49巻/尾田栄一郎先生/集英社
エネルが月で見た壁画

遺跡の絵は古代兵器を思わせるものであったり、戦争なりを見せているようにも見えます。

何にしても月が現在のワンピースの世界での地球と大きく関わっているのは分かるところでしょう。

この月から人が降り立った子孫が空島に住む羽の生えた人物なのではと予想されていました。

同じくレッドラインの上に降り立って過ごしたのがルナーリア族であった可能性は十分にあります

ルナリア=月のような。

この意味するところは月から来た種族でありマリージョアが出来る前にレッドラインの上で過ごし続けていた神の種族だったのかもしれません。

火を操る恐らく強者が集まっていたであろう神の種族ルナーリア族はどうやって滅ぶことになったのか。

やはり古代兵器が使われて世界が今の形に変容することになったのでしょうか。

キングの種族であるルナーリア族はまた大きな伏線の回収要件として存在しそうなところです。

尾田栄一郎先生は月などのエピソードが好きなのは作中でもよく分かるところです。

アポロ計画なども作品の名前の中に登場するほどです。

またルナーリアについて新たな情報が出次第、改めて追記していきます。

アポロ計画とワンピースの関係



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • kazupon
    • 2021年 8月 26日

    プラトンがW7で作られた戦艦で、ポセイドンが海王類を操り動く戦艦になっている。プラトン、ポセイドン、ウラヌス、それぞれの名のモデルになっている冥王祭、海王星、天王星はそれぞれ冥(地)は人間、海は魚人族を示しているように感じてならない。となるとウラヌスは飛行艇で、もっと拡大解釈をするとルナーリア族はエネル達空島の人間で、ウラヌスは実は方舟マクシムって形で作品に出ていたって考えると辻褄が合ってきそうな気がする。

      • ヒソ神さん
      • 2021年 8月 26日

      なるほど!面白い説ですね!ありがとうございます!

      • ウルージ
      • 2021年 8月 28日

      プルトンな

ピックアップ記事

2018.1.29

【約束のネバーランド考察】ラートリー(ミネルヴァ)の腹心の裏切りとは一体誰なのか♣戦争を反対する勢力か♣

(白井カイウ/出水ぽすか先生方 約束のネバーランド引用) ウィリアム・ミネルヴァの 本名は ジェイムズ・ラートリー だということ…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る