チェンソーマン・ネタバレ124話【考察】痛みで恐怖克服を目指す!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

チェンソーマン・ネタバレ124話【考察】痛みで恐怖克服を目指す!

ヨルは自分を傷付けてアサに痛みによる恐怖の克服を行わせます。落下の悪魔のフルコースは進み、最後はアサとヨルが標的

チェンソーマン第ニ部の本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。

未読の場合はジャンプ+よりチェンソーマン124話を先に御覧ください。

落下の悪魔から守るために恐怖の克服。

アサの自力では難しく、ヨルは自らを傷付けて痛みによる恐怖の克服をさせます。

ヨルを信じきれないアサ。

元より他人を信じることが出来ず、それなのに近づく必要がある時は相手が傷つくという運命。

デンジもまた近づく女性に命を狙われるので、意味合いとしては逆向きながらアサが傷つく結果に終わるという意味では同じかもしれません。

落下の悪魔はどデカい幼虫にコース料理を食わせていますが、最後のメニューはアサ・根・ヨルで人間と戦争の悪魔を合わせたものと明言。

ついに真っ向勝負となるか。

それではチェンソーマン124話を考察していきます。

チェンソーは何でそんなに怖いのか

痛みで恐怖を克服させる

過去にトラウマを持つアサの心の痛み。

それを利用した恐怖で重力を反転させたように底の見えない真っ暗な空へと落下させられます。

防ぐために爪をナイフに変えて痛みを与えるヨル

なんとか痛みによって恐怖を忘れて反転した重力が元に戻ります。

要するに恐怖を克服する者や、他のことに意識がいっている場合は落下の悪魔によって空に向かって落下させられることはないということです。

しかしアサはそう簡単に恐怖を克服することが出来ず、失った猫を思い出して、また空に向かうところ。

その瞬間にヨルは自分の手(つまりアサの手)を斬って痛みを創出

但し誰も信じていないアサはヨルすらも怖がってまたも天地が反対になってしまいます。

人を信用できないアサ

ヨルは自分を信じろと言いますが、そうはいきません。

そもそも幼少の頃に大事にしていた猫を信じていた人に殺されているアサです。

一生残るようなトラウマ。

今まで信じて裏切られてを繰り返していると言えるアサ。

だったら孤独に生きる道もありますが、寂しさから誰かに近づくことがあります。

でもそうやって近づいた人は悪いことが起こり、また傷ついて一人になる

親友になれそうだったユウコは正義の悪魔と契約して、最終的にはチェンソーマンに殺されています。

そしてデンジには「好かれていない」ことが分かって思い悩んでいました。

さらに吉田ヒロフミには「デンジに近づかないように」と指摘を受けています。

何より第二部の始まりの時からずっと阻害されてしまう星の下に生まれたようなアサの行動と結果。

ここでヨルを信じろと言っても厳しいでしょう。

「太陽」が食われて存在しない

コースが進んでいく落下の悪魔

落下の悪魔はデビルハンターの耳と舌と鼻をポタージュにしたものを提供します。

その提供相手はどでかいイモムシ。

これはパニックアクション映画で有名なトレマーズがモチーフでしょうか。

ケヴィン・ベーコンが主演で名作の一つ。

シリーズは幾つか続いていきますが、やはり1が一番オススメです。

そんな落下の悪魔はコースの最後にアサ・根・ヨルというものを準備するとのこと。

人間と戦争の悪魔を合わせたもので次回は直接狙われることになるでしょう。

今の戦争の悪魔では根源的な恐怖の名を持つ落下の悪魔を倒せる力はありません

危機に瀕したところでチェンソーマンの登場となるのでしょうか。

チェンソーマン第二部125話のネタバレを含む考察

第1部で元ネタになった映画とオマージュ部分解説



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.1.23

【七つの大罪考察】メリオダスの現在は統率時代より強い!?感情はほぼ喰われた!?額の模様も拡大!

(鈴木央先生 七つの大罪 248話引用) メリオダスは、 魔神王の呪いにより 強くなっている状況。 しかし、 ここ設定が中…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る