呪術廻戦145話|確定ネタバレ|天逆鉾で獄門疆解放!偽夏油の名前が明らかに

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

呪術廻戦145話|確定ネタバレ|天逆鉾で獄門疆解放!偽夏油の名前が明らかに

呪術廻戦145話のネタバレ考察です。

今回は全知の呪術師である天元様との会話回となっています。

獄門疆の解除の方法と加茂憲倫の具体的な目的と今後について。

天元様は全てを教えてくれるのでしょうか。

五条悟の封印の解除いつになるか

偽夏油の名前が明らかになる

九十九由基は自分に挨拶がないことを気にしていますが、初対面ではないということで天元様も答えています。

敵対していた訳ではなさそうです。

薨星宮を閉じていた理由は偽夏油との同盟の可能性を疑ったからだと天元様。

ここで天元様は偽夏油のことを本当の名前で呼びます

羂索に君が同調していることを警戒した。

私には人の心までは分からないのでね。

羂索(けんじゃく)

羂は慈悲を表し、索は救いを表すと言います。

加茂憲倫の正体は「羂索」菩薩が存在する

六人から起こる質問に答える天元様

話の途中で虎杖悠仁が天元がなぜそんなに見えるのかを聴きます。

天元様は自分は不滅だが年は取ると言い、虎杖も500年後にはこうなると言い出しました。

11年前に星漿体との同化に失敗して老化が加速したことで天と地が自分自身の一部となったと説明。

ここで乙骨と伏黒恵が天元様に質問を始めます。

聴きたい内容は前回言っていたものと同じです。

  1. 獄門疆の封印の解き方
  2. 加茂憲倫の具体的な目的と今後の出方

天元様は質問には答えると言いますが条件を提示します。

ここが危険にさらされる為「乙骨憂太か呪胎九相図(脹相)か九十九由基」がここで自分の警護を担当するように言います。

加茂憲倫(羂索)について語る天元様

不滅である天元様をなぜ警護しなければならないのか、また期間などの説明が必要だと乙骨憂太と九十九由基が言います。

当然でしょう。

不滅の天元様の元で警護に当たっていては人生がいくらあっても足りません。

ここで天元様は偽夏油の頭に入っている羂索について語ります。

羂索の目的は「日本での強制的な人間の進化」にあります。

これは渋谷事変の最後でも言っていたことです。

ここで伏黒恵の質問。

  1. 彼が実際に何を目的としているのか
  2. 日本中で呪術師を作る為に天元様の結界を使用しなかった理由

全員に使わなかったのは単純に呪力不足。

うずまきは術者に呪力を循環させるものではありません

羂索は何故あの時天元様の結界を利用し無為転変で日本の人間全員を術師にしなかったんですか?と伏黒が質問。

天元の答えは、やるには単純に呪力不足だ。うずまきで精製した呪力は術師に還元できないと説明。

また羂索の目的について「人間の進化」を「羂索と天元様の同化」によって成し遂げようとしていると言います。

今の天元様は誰とでも同化可能

本来は天元様と同化できるのは星漿体だけです。

しかし進化した今の天元様であれば「誰とでも同化可能」と言える状態になっています。

たった11年で大きく進化した天元様。

ただ誰とでもどころか人間という多数いるものとの同化になります。

それが可能なのかと訊かれる天元様。

可能とのことです。

いま現状ここにいる天元様も実のところ実体というものではないそうです。

魂はどこにでも存在出来ている状態で先程伝えた「天と地と繋がった」ことで存在は個では無くなったということなのでしょう。

天地そのものが私の自我なんだ。

天元と同化する人間は名目上呪術師の枠を超えた存在になります。

天元様自体は結界の術式があるため形を保てますが、数多くが同化して一人でも制御不能に成れば「世界は終わる」とのこと。

個人の境界として結界を持てない者は即座に発症して1億の人間が今東京で起こっている状況になってしまいます。

どう考えても世界の終わりと言える状況でしょう。

虎杖が「なぜそんなことをするのか」と天元様にききますが人の気持ちは分からないので答えられません。

真希は「天元様が同化を拒否すれば良い」と至極全うなことを言います。

しかし現状はそれが問題だと言います。

羂索が来れば天元様を取り込んで1億全てを呪術師を超える存在にできることを意味します。

だからこそ警備も必要と言うことです。

現状の薨星宮が全ての者を拒絶している理由となります。

但し羂索は天元様に次ぐ結界術式を扱う者です。

薨星宮の結界が破られて天元のもとに現れるのも時間の問題だと言います。

なぜ「今」なのか。

自分・薨星宮・六眼は全ては運命で繋がっていると天元様は言います。

羂索は過去に2度六眼に敗れている

羂索は過去に2度六眼保持者に敗れているとのこと。

二度目は準備を怠らずに六眼も星漿体も生後一ヶ月以内に殺していたと言います。

羂索は六眼を倒すのではなく封印すべく獄門疆を探し出します。

封印してしまえば自分が敗れた六眼がこの世に発生しないからです。

六眼は同時に2人発現することがありません。

その状況下でイレギュラーが発生しました。

それが11年前の禪院甚爾の介入

天与呪縛で強化され最終的に五条悟に敗れた「完全に呪いから脱した人間」である禪院甚爾。

呪いの力で縛ってきた人間の運命を破壊する存在です。

この時、天元様を取り込める可能性のある呪霊操術を持つ夏油傑もいました。

意図せずに全てのピースが一同に介した瞬間。

更に6年前に獄門疆も羂索の手に渡りました。

禪院真希は伏黒甚爾を越えるのか

死滅回游をする意味

死滅回游を実施する意味についても天元様は解説してくれます。

今でも同化は可能ですが、不完全な状態になる可能性が高いと言います。

しかし死滅回游を経ることによって「同化への順応」をしていくとのこと。

術者を使った天元様との同化準備ですが羂索もまたこの死滅回游を実施するにあたって「縛り」を自らに課しています。

死滅回游で羂索が管理者になることは出来ません。

それ故に羂索を倒したとしても死滅回游が終わることはありません

プレイヤー全員が戦って死ぬか、参加を拒否して死ぬかでしか終わらないと言います。

要するに死滅回游は人がいる限り永遠に継続するということになります。

しかしルール追加もあります。

乙骨憂太は伏黒恵の姉である津美紀が出られる様にルール追加を狙うことを提案。

僕らも死滅回游に参加して津美紀さんやゲームに消極的な人が回游を抜けるルールを追加するしかない。
-乙骨憂太-

伏黒恵はまず五条先生の封印解除を並行して行おうと言います。

五条悟がいれば一人で全て片が付くと伏黒。

天元様は「誰が残るのか」と言うと九十九由基と脹相が「残る」と同時。

残るのは脹相と九十九由基となりました。

乙骨憂太の強さとは

獄門疆の解除の仕方

天元様は残る人間が決まったところで封印解除の方法を教えてくれます。

取り出したのは「獄門疆の裏」でした。

獄門疆は裏側から開けることが出来るとのこと。

但し開門の顕現は表の所有者羂索のもので開けるには強引な手法が必要と言います。

こじ開けるのに必要な道具があります。

  1. 天逆鉾
  2. ミゲルの縄(黒縄)

2つの呪具の何れかが必要になりますが、「天逆鉾」はすでに五条が海外で封印か破壊してしまいました。

さらにもう1つのミゲルの縄(黒縄)は五条悟が破壊してしまっています。

呪術廻戦0巻にその描写があります。

2つの内、1つがすでに壊れてしまっているとすれば封印されたのは天逆鉾です。

天逆鉾(あまのさかほこ)の能力とは

天逆鉾とミゲルの縄の能力

天逆鉾は五条悟が禪院甚爾に首を刺されたあの剣です。

ここで五条悟は一旦禪院甚爾に敗北しています。

作品を通して五条悟が敗北するのはこの一回だけ。

まだこの段階では虚式の茈などは使えていない状況で「最強」とは呼ばれていなかった時点でしたが、それでも驚異的な強さです

天逆鉾とミゲルの縄の能力を改めておさらいしておきます。

天逆鉾=発動中の術式を強制解除する力
ミゲルの縄=術式を乱す

どちらも獄門疆の発動中術式に対して有効な呪具となります。
(ミゲルの縄は特級呪具に認定されている訳ではありません)

呪術廻戦本編で登場時に天逆鉾の説明はされていませんが、呪術廻戦公式ファンブックには明記されています。

幾つかの新情報が入っていますので必要な方はお読み下さい。

発動中の術式解除が可能な特級呪具である天逆鉾」があれば裏門の解除も出来た様子。

しかしすでにそれはなく黒縄の残りを探しにミゲルと共に海外に向かいましたが「もうない」と言われています。

呪術廻戦145話 アフリカで「黒縄」の残りは「もうない」と言われている

呪術廻戦145話/芥見下々先生/集英社
アフリカで「黒縄」の残りは「もうない」と言われている

乙骨とミゲルは見つけることが出来ませんでした。

縄が無く、天逆鉾も見つからないとなれば五条悟の封印解除が出来ないことを意味します。

虎杖母の縫い目の女がなぜ仁を狙ったのか

死滅回游のプレイヤー「来栖華」

偽夏油が仕掛けた死滅回游のプレイヤーの中に呪術を解除出来る人物が存在しています。

彼女も千年前の術師となります。

ショートボブの金髪女子で背中に羽根が生えて天使の輪がある人物。

名前は来栖華(くるすはな)です。

HUNTER×HUNTERで言うところの「除念師」のような存在です。

この呪術解除が可能な人物に獄門疆の封印解除をお願いする流れとなるのでしょう。

脹相と九十九由基が天元様の元に残るのであれば死滅回游は虎杖悠仁と伏黒恵を中心に禪院真希と乙骨憂太を含めた4人で挑むことになるのでしょうか。

呪術廻戦146話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

2021.2.4

進撃の巨人考察|ザックレーは椅子爆弾で死亡!イェーガー派に殺された

ザックレー総統が調査兵団新兵のしかけた椅子の爆弾で殺されました。 一時期はザックレーの死は偽装ではないかという説もありましたが、あの死…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る