呪術廻戦146話|確定ネタバレ|死滅回游への対策!秤金次に会いに行く伏黒と虎杖!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

呪術廻戦146話|確定ネタバレ|死滅回游への対策!秤金次に会いに行く伏黒と虎杖!

呪術廻戦146話のネタバレ考察です。

死滅回游への対策が詳しく語られる回となりました。

天元様の情報を元に今後の動きが確定していきます。

乙骨は個別で結界内で死滅回游に対しての情報収集。

真希は禪院家の倉庫にで呪具の回収

そして伏黒と虎杖は高専三年で五条悟が自分と並ぶ術師に成りえると言い放った秤金次に会いにいくことになります。

呪術廻戦2巻 五条悟に並ぶ術師は乙骨と秤

呪術廻戦2巻/芥見下々先生/集英社
五条悟に並ぶ術師は乙骨と秤

今回はまだ登場しませんが間もなく秤も登場して全ての戦力が出揃うというところでしょうか。

また乙骨憂太曰く「ノっていると僕より強い」そうです。

秤は乙骨や虎杖と同じく五条悟に並ぶ術師

死滅回游のコロニーについての説明

死滅回游のコロニーは全部で10箇所あると言います。

全国で10の結界。
それが日本の人間を彼岸へと渡す境界を結ぶ結界と繋がっている。
-天元様-
(呪術廻戦146話)

場所は10箇所で日本地図に◎が打ち込まれています。

南から都道府県で見ると、

  • 鹿児島
  • 広島
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 東京西部
  • 東京東部
  • 宮城
  • 岩手
  • 青森
  • ひとまずこの10箇所が死滅回游が行われる結界となります。

    そしてこの結界を通して全体が包み込まれる様に日本全土を彼岸へと渡すことになります。

    死滅回游は泳者の呪力と結界と結界で結んだ境界を使って、この国の人間を彼岸に渡す儀式だ。
    それを慣らしとして私とのドウかを始めるつもりだろう。
    -天元様-
    (呪術廻戦145話)

    分かりにくいですが、呪術廻戦146話では九十九由基が簡単に言ってくれています。

    簡単に言うと「日本の全員を呪いにかけて同化の前準備をしている」とのことです。

    彼岸へ渡すと聞くと仰々しいが、日本にいる人間全員を呪いにかけて同化の前準備をしているのさ。
    -九十九由基-
    (呪術廻戦146話)

    ちなみに地図では北海道が入っていませんが、ここは呪術連の結界がありすでに慣らしが完了していると言います。

    試される大地」という別名もある様子。

    強すぎる特級術師の面々

    術式の剥奪は死を意味する

    儀式終了までの期間は2ヶ月ほどだと言います。

    術式が覚醒したのがハロウィーンの10月31日の24時頃。

    残る時間は10日と15時間ほどとなります。

    まずは津美紀が参加拒否をした場合にどうなるかを知る必要があります。

    呪術廻戦145話 死滅回游では参加拒否でも死ぬ

    呪術廻戦145話/芥見下々先生/集英社
    死滅回游では参加拒否でも死ぬ

    明確に「死ぬ」と言った天元様に再確認しますが「ああ」と参加拒否ができない事実は確定しました。

    また家入硝子の話では「剥奪されると死ぬと思う」と回答を真希が伝えてくれています。

    そうなると真希などはノーリスクってことになります。

    パンダも術式が付与されている訳ではないことからリスクなしで死滅回游に参加出来ます。

    結界内に元々いた人間は出られる

    ルール3・非泳者は結界に侵入した時点で泳者となり、死滅回游への参加を宣誓したものと見做す。

    このルールについて虎杖が元々中にいた人間はどうなるのかと確認。

    天元様が「一度は外に出られる機会を与えられる」と言います。

    総則に1つも結界の出入りに関する条項がない。
    泳者に始め「結界を出る」という明確な目的を与えて回游を活性化させる狙いだろう。
    -天元様-
    (呪術廻戦146話)

    まずは泳者が自ら入ったという前提を持たせて「出られない」状況を脱するためにルール追加を狙って戦い合うというのが活性化に繋がるということです。

    禪院真希は伏黒甚爾を越えるのか

    ゲームマスターとは誰か

    管理者(ゲームマスター)とは誰になるのか。

    羂索でないことは前話でもはっきしています。

    天元様は「コガネ」という蜂の様な式神だと言いました。

    コガネも管理者というよりは、窓口であるということです。

    管理者というのは死滅回游のシステムそのものであり「誰か」ということではない様子。

    ルールの追加は羂索有利にならない

    ポイントになるのはやはりルールの6と7です。

    ルール6・泳者は自身に懸けられた点を除いた100得点を消費することで管理者と交渉し死滅回游に総則を1つ追加できる。
    ルール7・管理者は死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項のルール追加を認めなければならない。

    これによって今あるルールを遠回しに消したり、死なずに結界内から出ることが可能になります。

    また呪術的に考えても今以上に羂索有利に偏った死滅回游になることはないと天元様。

    虎杖は「また人を殺さなきゃいけないのか」と少し憂鬱な様子を見せています。

    しかし伏黒には別の考えがある様子。

    これで死滅回游に対しての情報整理は終わりです。

    虎杖母の縫い目の女がなぜ仁を狙ったのか

    メンバーの今後の動き

    死滅回游について整理出来たところでメンバーの今後の動きです。

    まず脹相と九十九由基が天元様の護衛となります。

    羂索が天元様を呪霊操術にて取り込みにくる可能性があるので、強者が護衛につくのが必須条件と言えます。

    天元様は名指しで九十九由基か乙骨憂太か呪胎九相図と言いました。

    脹相の実力は特級術師のレベルに至っているか、もしくは赤血操術が羂索相手に非常に有効であると知っているのかもしれません。

    禪院真希は呪具の回収を行うと言います。

    五条悟がいない中での禪院家の当主は伏黒恵となりました。

    よって禪院家の忌庫は漁り放題だと真希。

    その前に真希hあ天元様に頼み事をします。

    組屋鞣造(くみやじゅうぞう)の工房だろう?
    -天元様-

    組屋鞣造というのはハンガーラックという別名を持っている呪詛師の一人です。

    呪術廻戦7巻 捕えた組屋鞣造(ハンガーラック)

    呪術廻戦7巻/芥見下々先生/集英社
    捕えた組屋鞣造(ハンガーラック)

    ここに来て名前が登場するとは思いもしませんでした。

    真希は用が済んだらパンダと合流して死滅回游の平定に協力

    乙骨憂太は結界に入って死滅回游に参加し情報収集を行う様子。

    結界に入ることで連絡は途絶えると言う乙骨憂太です。

    よって虎杖たちとの同時行動はないみたい。

    入る結界も津美紀に何かあった時のことを考えて近場は選ばないとのこと。

    特級の乙骨憂太の戦いが見えるかと思いましたがここで離れ離れになる様子です。

    宿儺に勝てるのは五条悟だけ

    宿儺殺しの約束はどうなる

    虎杖が乙骨憂太と約束した「宿儺になったら殺してくれ」を履行出来なくなります。

    これについては伏黒が「言ってる場合か」ともし宿儺で暴走したら「オレが死んだ後でしっかり殺してもらえ」と安直な回答。

    そうはならないと信じているのでしょう。

    真希は伏黒に「金次のところに行け」と言います。

    金次とは秤金次のことです。

    高専3年で五条悟が自分と並ぶ術師として挙げた3人の内の1人です。

  • 乙骨憂太
  • 秤金次
  • 虎杖悠仁
  • 伏黒恵に関しても江戸時代の話をモチーフに自分と相打ち可能な次元の術師になれると期待をしている部分がありました。

    秤金次にまず会いに行くのが伏黒恵と虎杖悠仁になります。

    強さについては乙骨憂太が「ノってる時は僕より強いよ」と明言。

    但し真希がこの言葉にツッコミを入れています。

    「それはナイ」

    乙骨憂太の強さとは

    お笑い芸人の高羽史彦

    メンバーはそれぞれ動き出しました。

    そして全く別の死滅回游の泳者の1人。

    高羽史彦というお笑い芸人が映し出されます。

    鳴かず飛ばずの35歳で才能がないと言われる高田。

    お笑い芸人としての才能はともかくこの人物は恐らくナナミンと同じ能力を持っていると思われます。

    先輩らしき人物に「芸人としての二種類」そのどちらかと訊かれてブツブツと。

    五分五分だと言うけれど、本当は七三くらいが・・・。
    -高田史彦-
    (呪術廻戦146話)

    これはほぼ間違いなくナナミンと同じ術式保持者でしょう。

    大人気だったナナミンの死亡確定

    呪術廻戦146話は死滅回游の流れや対応策などが語られるものとなりました。

    若干ややこしい部分もあったので整理しておく必要があったと言えるでしょう。

    前回は天使と言われる千年前の呪術師で五条悟の封印解除の要の人物が登場。

    呪術廻戦145話 術式を消滅させる来栖華(くるすはな)

    呪術廻戦145話/芥見下々先生/集英社
    術式を消滅させる来栖華(くるすはな)

    今回はお笑い芸人で「誰?」って感じの人物が出てきましたが、セリフから考えるとナナミンと同じ術式保持者

    次回は秤金次が姿を表して、その人物像が見えそうです。

    一体どんな人物なのでしょうか。

    雰囲気としては乙骨憂太が「ノっているとき」と評したことから東堂に近いキャラなのではないかと予想します。

    もちろん、東堂に関してはムラっ気がありそうで冷静且つ戦略的に戦場を見ているタイプです。

    もっと大まかな性格で行き当たりばったりを見せてくれる大味な人物に感じます。

    呪術廻戦147話のネタバレ考察



    The following two tabs change content below.
    ヒソ神さん

    ヒソ神さん

    良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

    関連記事

    コメント

    • トラックバックは利用できません。
    • コメント (0)
    1. この記事へのコメントはありません。

    ピックアップ記事

    2018.9.25

    【ハンターハンター考察】幻影旅団とクラピカは本当に全員死ぬ!?生存の可能性は!?キャラに漫才させて予定変更!?

    (冨樫義博先生/集英社 ハンターハンター引用) ハンターハンターにおいて クラピカと幻影旅団が死ぬことは、 作者の冨樫先生より公言…

    よく読まれている記事

    考察記事

    最近の投稿

    ページ上部へ戻る