Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム662話|確定ネタバレ|羌瘣の悪寒と松左不在の飛信隊

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム662話の確定したネタバレから考察を行います。

今回のポイントは4つになります。

・楽華隊での武力となる愛閃(元蒙武軍)
・玉鳳隊の新戦力である亜花錦(元王翦軍)
・松左不在で歩兵団が苦戦する飛信隊
・羌瘣は寝たきりで意識の中に悪い予感

簡単に言えば蒙恬軍と王賁軍は活躍しているけれど、李信軍(飛信隊)は松左が抜けて苦戦という状態にあります。

キングダム595話松左の最期は信の胸の中となる

キングダム595話/原泰久先生
松左の最期は信の胸の中「ありがとう」

感動の最期を朱海平原で迎えてしまった松左の穴は誰にも埋める事がなく、飛信隊が飛躍するにはもう一歩何かが必要になると言えそうです。

それでは詳しくキングダム662話を見ていきます。

まずは国境変化の説明

まずは魏国と秦国が同盟を結んだ事での国境線の変化。

また侵攻の状況説明が地図を元になされていきます。

簡単に言えば魏国は什虎を取った事で西への侵攻が可能となり攻めている状況。

当然秦国はこれを傍観し、魏国に回していた戦力を趙に向けて3年の内に王都邯鄲を陥落させる手はずを整えます。

好調の王賁軍と蒙恬軍

秦国の軍勢にあって想定よりも大きな活躍を見せているのが二軍あります。

まずは蒙恬軍から語られていました。

旗は今まで通りの楽華隊のものなので、今後も楽華隊と呼ばれる事はあると思われます。

キングダム662話 蒙恬軍の旗は楽の文字のまま

キングダム662話/原泰久先生/集英社
蒙恬軍の旗は楽の文字のまま

蒙恬の活躍は万という兵力を手にしてより戦略眼がさえ抜いている状態になっています。

また大きな武力を持たなかった楽華隊でしたが、軍となり胡漸亡き後に元蒙武軍の愛閃が成長して大きな武を手にしています。

さすが元蒙武軍だけあって、可愛い顔をしながらとんでもない猛者でした。

キングダム662話 愛閃がめちゃくちゃ強い

キングダム662話/原泰久先生/集英社
愛閃がめちゃくちゃ強い

キングダム662話で愛閃が趙兵を蹂躙しているのを見て「誰?」って思った人は多いと思います。

なんとなく女っぽいキャラがいましたよね。

アイツがこんなに強~くなりましたって事なのですが、成長が著しくて驚きました。

キングダムより『愛閃』

キングダムより『愛閃』

続いて王賁軍ですが、こちらも大きな戦力を軍になって手にしています。

王賁自体が軍になった事で蒙恬と同じく成長したのは言うまでもありませんが、戦力として亜花錦が入ったのは大きいでしょう。

キングダム考察|亜花錦(あかきん)が強い!?天才は王賁軍(玉鳳隊)に入るか!?昇格で更に花開く!

キングダム/亜花錦登場/原泰久先生/集英社

朱海平原にて王翦軍の中の亜光軍の一部隊(千人将)を任されていた亜花錦ですが、実力はありながら扱いにくさから不遇の状態にありました。

ただ朱海平原でも亜花錦の戦略眼によって救われた場面が多くあります。

王賁は軍となり、亜花錦を手にしてさらなる飛躍をした様子です。

とはいえ、王賁の命令をしっかり聞くというよりは「自由にやらせる」というスタンスを取っている様子です。

押し込まれる飛信隊

蒙恬軍と王賁軍が想定よりも前線を押上げ、趙はそこに援軍を割くしかない戦況となっています。

逆に秦国が凹んでいる部分もあります。

それが信改め李信となった李信軍、要するに飛信隊の持ち場でした。

飛信隊は大きくなると一回躓くって感じがありますが、今回は明確な理由があります。

松左の不在です。

キングダム考察|救援役の松左と渕さんが討ち死に?干斗を救い松左が死亡の可能性!

キングダム/松左の重要性/原泰久先生/集英社

松左がいなくなり歩兵団の力が明らかに落ちてしまいました。

数が最も多く、飛信隊の要であった歩兵団の弱体化は直接軍の弱体化に繋がっています。

理由は明確なれども松左の代わりを務められる人間がいないのですから、どうする事もできない弱体化であると言えます。

不安その2、羌瘣の状態

飛信隊にはもう一つ不安な要素がありました。

それが羌瘣が寝たきりで戦場に出れていないことです。

松左もなく歩兵団が弱まり、羌瘣の部隊はトップが不在の状態となっていれば戦いの力が半減して当然です。

羌瘣は信に命を分け与えた事で大きな損傷を受けている様子。

寝たきりで意識はありますが、戦える状態にはありません。

回復を早めるために巫舞で落とす精神の深みの中に進む羌瘣ですが、そこで何やら不穏な影を目にします。

キングダム662話 羌瘣が目にした不穏な影

キングダム662話/原泰久先生/集英社
羌瘣が目にした不穏な影

この影は一体何を意味するのでしょうか。

飛信隊そのものに対する悪い予感ではなく、羌瘣の身に何かが起こると考えていいでしょう。

飛信隊が大きな活躍に至るまでにはもう少し苦難の道を歩まなければならない気がします。

ここでキングダム662話は終了となります。

羌瘣は楚の戦で死ぬ?
大量死となる李信将軍の失敗・楚の大戦



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.5

【東京喰種:re考察】最終回で旧多の行方は!?知力はヒデ級!?カネキでは相手にならない!

(石田スイ先生 東京喰種:re 10巻引用) 東京喰種:reの ラストスパートでは、 またしてもカネキが 敗北を喫する展開に…。…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る