Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダイヤのA act2 ネタバレ174話【最新確定】|市大三高打線に捕まる先発の友部!薬師高校の鍛えられた守備に助けられる

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ダイヤのA act2 ネタバレ174話【最新確定】|市大三高打線に捕まる先発の友部!薬師高校の鍛えられた守備に助けられる

ダイヤのA act2 174話では
薬師高校と市大三高の試合の1回裏が描かれた。

薬師高校の先発は1年の友部先人

薬師高校エースである真田は温存され、
市大三高としては友部をマウンドから
降ろすことが急務だ。

市大三高の打線は1回裏から好調で、
友部は先頭打者1番千丸から
ツーベースヒットを許す。

二番打者にもヒッティングでヒット性の
当たりだったが、守備に助けられうちとれた。

薬師高校も守備を鍛え、
穴が多かった以前とは異なる。

これからお互いに夏の大会で
真価をみせてくれるはすだ。

前話⇒ダイヤのA act2 173話




ダイヤのA act2 174話 薬師高校の先発、友部

ダイヤのA act2 173話では市大三高の
先発天久光聖の投球が冴え渡り、
1回表は無失点に終わった薬師高校。

1回裏となり、守備の薬師高校の先発は
1年投手である友部先人

薬師高校監督である轟雷蔵も
実力を認めており、真田に代わり
友部は今後薬師高校のエースとなるはすだ。

友部の投球シーンはほとんどないが、
サウスポーでカーブを決め球とする。

人物としては少々変わっており、
以前スタンドから試合を応援してる際に
官能小説を読んでいたりした。

ただ、スタンドで官能小説が読めるほどの
精神力はあり、友部はメンタルが強いとは
想像できる。

ダイヤのA act2 174話でも3失点で交代と
監督から友部は伝えられているが、

『一点もくれてやるつもりはない』
(寺嶋祐二先生/ダイヤのA act2 174話)

とかなり強気な発言をしている。

結城将司の実力は?

ダイヤのA act2 174話 市大三高の打線

ダイヤのA act2 174話では
1回裏の市大三高の攻撃。

市大三高の先頭打者千丸

以前までは投手であったが、
野手へと転向したようだ。

千丸の発言と容姿から精神的に弱そうで
投手には向いてなかったようだ。

しかし、野手へと転向し不断の努力から
レギュラーを勝ち取ったようで、
市大三高監督も千丸を評価していた。

その千丸の打席、1球目から積極的に
打ちにいき、友部からツーベースヒット。

市大三高はいきなり得点のチャンスを得た。

前話⇒ダイヤのA act2 173話




ダイヤのA act2 174話 薬師高校の守備

市大三高の続く二番打者森はバントの構え。

市大三高は確実に三塁へと送るかと見えた。

しかし友部が投げるとともに森は
ヒッティングの構えに変えた。

ばたつく1年投手の友部を
休ませるつもりのない市大三高。

市大三高は薬師高校は後ろにエース真田が
控えるため、出来るだけ早く友部を
マウンドから降ろしたい。

その為、積極的に市大三高は仕掛けてくる。

しかし、先発の友部を薬師高校は守備で支える。

ヒッティングによって打たれた
ヒット性の当たりは増田の好守備によって
三塁に走者を進ませるも1アウトをとる。

続く3番も犠牲フライを狙うも、
の好返球によって市大三高の得点を許さない。

今まで薬師高校の弱点とされた守備を
強化してきたことがわかる。

市大三高は序盤に得点を許してしまう点を、
薬師高校は穴が多い守備を克服してきた。

市大三高と薬師高校の因縁の対決は
昨年よりも実力をつけ、満を持して
お互いの真価をこれから見せてくれるだろう。

結城将司の実力は?

まとめ

ダイヤのA act2 174話では薬師高校と
市大三高の試合の1回裏が描かれた。

市大三高は打線も強化されたように感じ
ダイヤのA act2 175話では4番星田の打席も
あり、得点を奪うと予想される。

薬師高校は確かに守備が強化されたが、
先発友部がどこかで市大三高打線に
捕まるだろう。

予想では友部には市大三高打線は荷が重く
かなり序盤から真田が登板となるだろう。

投手が真田と天久であるため、
因縁の対決は序盤の得点が鍵かもしれない。。

前話⇒ダイヤのA act2 173話




YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る