Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブラッククローバーネタバレ197話(確定速報)|ユノの転生元はリヒトの子で確定!!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ブラッククローバーネタバレ197話(確定速報)|ユノの転生元はリヒトの子で確定!!

悪魔が姿を現した196話。

197話ではパトリにエルフ滅亡の真実を語りだし、
転生魔法を使ったのは自分だと語り始めました。

リヒトとテティア兄は、
やはりエルフと人間の共存するという夢を
捨てていなかったんですね!

そしてパトリの証言により、
ユノの転生元はリヒトの子で確定。

伏線がどんどん回収され、
面白い展開になってたブラクロ197話。

考察を開始します!

前196話|ロンネ=悪魔と判明!
エルフ滅亡の犯人はパトリ?




エルフを転生させたのは悪魔

エルフを転生させたのは悪魔でした。

500年前、
リヒトとテティア兄によって
受肉に失敗した悪魔はパトリを利用して
自分の望みを叶えようとしました。

パトリはまんまと悪魔に騙され、
禁術魔法に手を出してしまったのです。

これまでの出来事はリヒトが自分に
託してくれたものだと思い込んでたパトリ。

しかしリヒトは人間と憎しみ合う
未来など望んでいませんでした。

パトリは悪魔の道筋通りに
動かされいただけだったのです。

恐らくリヒトとテティア兄は
500年前に悪魔と闘うことになり、

その闘いに敗れた結果、
エルフ族だけが転生魔法を
かけられてしまったのでしょう。

500年前のあの日、
リヒトとテティア兄の間で何があったのか。

また回想シーンがあると嬉しいです!

アスタとユノは双子兄弟!?
四大精霊が宿る条件は?

ユノの転生元=リヒトの子

ユノの転生元はやはりリヒトの子でしたね!

ここでようやく伏線が回収されました!

ユノがすぐに覚醒しなかったのは、
転生元がまだ胎児の段階だったからでしょうか?

ユノが転生魔法をかけられて、
エルフと対決している間に胎児が
急速に成長したのかもしれませんね。

リヒトが目醒めてユノが完全転生すれば、
まさかの親子対決になる可能性も??

親子最強コンビで悪魔を退治して、
悪魔化したアスタを救出する闘いが
行われる可能性もありますね!

またユノの転生元が
リヒトの子と判明されたところで、
次は人間ユノの正体も気になるところですね。

ユノはテティア兄に似てるとよく言われますが、
テティア兄の子孫とか??

次回に期待ですね!

金色の夜明団エルフ化確定!
初代魔法帝はリヒトと友達!?




アスタが悪魔化する!?

ユノを助けにきたアスタですが、
今にも悪魔化しそうな予感がしています。

悪魔自身もアスタに対して
あちらの悪魔が…と言っていますし、

アスタも悪魔のことを知っている
ような気がすると話しています。

あちらの悪魔ということは、
実は悪魔は2人いるってこと??

しかし、
5つ葉の魔導書を作ったのは
今目の前に現れている悪魔。

500年前、
悪魔が生存のために分離させた
自分の一部のような気もします。

次回の闘いでアスタどうなってしまうのか、
気が気でありません!!

ブラクロ198話も楽しみにしています!!

ユノのペンダントの秘密とは!
ブラックアスタの覚醒紹介!

【こんな記事も読まれています】

⇒【チャーミーの強さ大公開!
⇒【ノエルの母や水魔法まとめ!
⇒【ヘンリーの過去や魔法まとめ!
⇒【セフィラの徒の正体は!?
⇒【不実のライアは何者か!?
⇒【アスタはモテる!?恋愛まとめ!
⇒【ユリウスの次の魔法帝は!?
⇒【マナスキンとマナゾーンとは!?
⇒【アンチドリのネロの正体は?
⇒【初代魔法帝とユノの共通点!?
⇒【アスタの剣と5つ葉の謎とは!?
⇒【ユノがテティアとリヒトの子供!?



YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.31

【東京喰種:re考察】クロナの行方は!?嘉納と戦う!?亜門が救う!?報われるのか…

(石田スイ先生 東京喰種:re 11巻引用) 滝澤VS亜門戦移行 行方を眩ませた クロナ。 一体何処で 何をしているのか。…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る