Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【キングダム考察】ブネンが弱すぎたのかキタリが強すぎたの♣瞬殺されて細切れになる♦カタリは悔い残る♦

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(原泰久先生/集英社/キングダム)

ブネンと相対したキタリの剣撃によって
瞬殺されることになった。

ゴバと楊端和の時と同じように
あまりにあっさりとした死亡に
弱さを痛感させられた。

本来強かったのかどうかも
今となっては謎。

ただ太っている支配者というだけで
何ら実力があった訳ではないのか。

⇒【山の民は史実なのか!?
⇒【ダント討ち死にもあるのか!?




ブネンが弱すぎたのか

ブネンが実際にどのくらいの
強さだったのかは分からない。

しかし、
犬戎軍という強者を支配する存在。

もし雑魚ならそこまでの
支配を示すことが出来たのか。

何よりも、
山の民を相手に多くを刻んでいる。

原泰久先生/集英社/キングダム

そう考えれば、
雑魚ではなかったと言っていい。

確かに本当に雑魚なら、
卑劣な方法を取ったとは言え
カタリが遅れを取ることは無かった。

やはり、
それなりの実力を秘めていたと考えるのが
妥当だろう。

現状を見れば、
ロゾも相当な実力者。

多くの山の民を斬っている。

ダントを相手にもひるまず、
さらに周囲を囲んだ壁の感覚では
人間とは思えない威圧感に驚愕。

そんな男の次男なら
実力もかなりのものだろう。

それをあっさりと倒したキタリ。

驚くのはキタリの強さではないか。

⇒【キタリがメラ族を継ぐ事になる!?
⇒【信と龐煖との武の決着はいつ!?




キタリが強い

カタリと共に常に行動していたキタリ。

知らない間に、
カタリと同等かそれ以上の実力を
出せるまでに成長していたという事が
あるのかもしれない。

キタリは自分より100倍も
カタリは強かったと言っていた。

原泰久先生/集英社/キングダム

いつも剣技などで修行をしていたのなら
実際にそうなのか。

だとすれば、
カタリの実力というものは相当なもの。

楊端和とバジオウだけが張り合える
という話も出ていたことから
やはり山の民という軍の底力は
半端じゃないというのが分かる。

⇒【楊端和は史実で趙攻撃が最後!?

メラ族の復活

ブネンに対して仇討ちを成功させたメラ族。

今後はキタリを中心に一族は成長する。

信頼の厚いキタリに、
戦況分析も明確に行える能力。

場合によっては、
カタリ以上に強力になってメラ族は
復活するのではないか。

楊端和軍が次に大きく活躍するのは、
邯鄲が陥落する直前の戦。

そこで楊端和という将軍が
大きな成果を上げる。

ここまでにキタリもかなり成長を
はたしているだろう。

復活したメラ族と
成長したキタリによって
また多くの人間が救われるのではないか。

壁との結婚説もささやかれるが
それもまた面白い。

⇒【キタリと壁が結婚する可能性!?
⇒【舜水樹は史実にいない!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【ロゾの強さ?ダント超えか!?
⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【信・蒙恬・王賁は誰が一番強い!?
⇒【楊端和は史実で趙攻撃が最後!?
⇒【李牧は史実でも最強の武将!?
⇒【信は趙滅亡に絡まない!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【信の嫁は!?羌カイか河了貂か?
⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?
⇒【王賁の最期とは!?子は王離



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.11.1

【ワンピース考察】ルフィVSカタクリの決着は♠ゴムとモチに未来予知をどうする♣

(尾田栄一郎先生 ONEPIECE 883話引用) ルフィとカタクリの勝負。 懸賞金で見れば、 5億と 10億5700万ベリ…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る