【約束のネバーランドネタバレ】89話:2はオジサンがヤバい強さか♣レウウィスが死ぬとは考えにくいか♣

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(白井カイウ/出水ぽすか先生方 約束のネバーランド引用)

オジサンが登場して、
ギリギリでエマの命は守られた。

さらにレウウィスの仮面が
壊れるという状況。

相当な先読みの力と素早さで
弾丸すらも手で止める化物。

そんな相手にオジサンが登場したとて
勝てる可能性はあるのか。

今までの戦闘経験が唸る。

⇒【アダムが風車の外へ!?





オジサンが強すぎる

オジサンは名前もまだ分かっていない。

⇒【オジサンの名前が不明な理由!?

それでも生かすべき存在だった
というのははっきりと分かっている。

戦闘能力で言えば、
このオジサンが生きることが鬼に勝利する
可能性を高めるものだったと想像する。

ルーカスにオジサンと、
戦闘経験を高めながら大人になった
この2人の強さは相当なものだろう。

実際に、
レウウィスの仮面を破り去っている。

ここからオジサンの強さで
レウウィスを翻弄して殺す直前まで
追い詰めることができるのか。

まだまだレウウィスが見せていない
技を見せて逆にオジサン側を追い詰めるか。

この強敵があっさりとここで逝くとは
考えにくい。

もし追い詰められても
レウウィスとしては何かしらの交渉材料を
提示することで命を守るという気がする。

⇒【七つの壁の正体とは一体!?

高い情報を持つ

レウウィスもまた長く生きる鬼。

そしてこの世界の秘密をおそらくは
深く知っているはず。

もし聞き出せるのなら、
レウウィスの情報は重要な逃げる方法の
糸口となる可能性もある。

命と引き換えにこの情報の提供を
レウウィスが言ってきた場合、
エマたちは受けることになる。

しかし、
過去に多くを殺されている恨みが
オジサンにはある。

交渉のテーブルに何らかの情報を
提示したとしても、
オジサンは容赦なくレウウィスを
殺してしまうのではないか。

⇒【クローン説の伏線が凄い!?

レウウィスは負けない

オジサン側が優勢になったとしても、
レウウィスが逃げるという選択も
十分にあるだろう。

何もここで死ぬ必要はない。

頭脳明晰な子供に、
オジサンとルーカスという存在。

これだけの存在は狩りを愉しむ者
としては捨てがたい。

後日改めて狩りを愉しむため
準備をするということもあるか。

鬼の世界がどれだけ広いかは
想像も出来ないが、
エマたちの目的に気付く事が
出来たのなら、
またどこかで再戦ということにもなる。

これだけの驚異が、
ここでオジサンに殺されて終わり
というのも面白さに欠ける気がする。

果たして、
このレウウィス戦はどういう
決着が待っているのか。

注目したい。

【こんな記事も読まれています】

⇒【アダムが風車の外へ!?
⇒【七つの壁の正体とは一体!?
⇒【オジサンの名前が不明な理由!?
⇒【レウウィスは死ぬ!?本当の目的!?
⇒【ノーマンとエマがΛ7214で合流!?
⇒【アダムはノーマンの使者!?
⇒【ミネルヴァ死亡でGPは乗っ取り!?
⇒【レイ最後の本でエマ嘘付き!?
⇒【クローン説の伏線が凄い!?
⇒【首のナンバーの謎が解明!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.8.5

【東京喰種:re考察】ピエロの正体!ウタは敵!?ロマをカネキに紹介!六月とのやり取りの目的は?

(東京喰種:re ウタとロマ 135話引用) 135話にて、 ピエロの全貌が見え、 更にはロマとウタの 会話シーンも 描かれま…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.12.7

【進撃の巨人考察】ミカサの手首の印の役割は!?ヒィズル国と関係あり?復権派?有機生物の起源を知る!?

(諌山先生 進撃の巨人 2巻引用) 進撃の巨人において 初期から謎とされている ミカサの手首の印。 伏線が未だに回収 され…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る