Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【約束のネバーランド考察】バイヨンとオリバーは死んだのか♣ルーカスを守るため♠

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(白井カイウ/出水ぽすか先生方 約束のネバーランド引用)

24の農園に出資。

そして、
12の農園の管理をして、
6つの農園の責任者
という立場のバイヨン。

貴族の鬼の中でも
明らかに特殊と
言ってもいい存在。

狩りが好きで、
危険が攻めるのもまた
スリルを味わうのを
楽しめたのだろう。

そんなバイヨンは
最後の瞬間に
ルーカスに
敗れることになった。

⇒【ノーマンとエマがΛ7214で合流!?





バイヨンの最期

隠れ家まで
誘い込まれたバイヨン。

取り逃がしが
許されない状況で
何とか瞳を貫く。

しかし、
絶命させられずに
反撃。

バイヨンの槍を
躱しながら3発の
銃弾を撃ち込むルーカス。

これで、
バイヨンは絶命
したように見えた。

囮として
使われた槍の一撃に
伸びた手を受け止めた
オリバー。

ルーカスを救うため
オリバーが
犠牲になっていた。

バイヨンもオリバーも
どちらも倒れる。

どちらも
死んでしまったのか。

バイヨンの死亡は
ほぼ確実に見える。

最初の銃撃でも
おそらくは瀕死だったと
言える。

だからこそ、
せめて最後にと
ルーカスの命を
狙ったのだろう。

⇒【レウウィスは死ぬ!?本当の目的!?

バイヨンの存在

バイヨンは協定を
理解しながら、
自分の庭で生きた人間を
狩ることを覚えた。

それほどに、
狩りというものに
魅力を感じていたのだろう。

それは、
レウウィスも同じに
思えてならない。

そう考えると、
同じように
考える鬼が他にも多く
いるのではないか。

特に、
貴族階級のバイヨンは
人間の肉に対して
味がしないと言っていた。

それだけ高級なものでも
味がしなくなっていたのなら
1000年という月日から
すでに多くの鬼が
味を感じないレベルに
なっているのでは。

それを何とかするために
新しく作られたのが
ノーマンのいるΛという
場所なのだとすれば。

脳を育てる研究なのは
ほぼ間違いないだろう。

しかし、
食べるために脳を
育てるという意味以外に
大きな意図が
あるのではと感じさせられる。

バイヨンは敗れたが、
鬼の飽きが
エマたちをここからも
苦しめ続ける気がしてならない。

言ってみれば、
バイヨンという存在は
鬼の中に
潜む闇の一つなのではないか。

【こんな記事も読まれています】

⇒【ノーマンとエマがΛ7214で合流!?
⇒【アダムはノーマンの使者!?
⇒【ミネルヴァと約束の謎!?
⇒【農園最後の一つは!?
⇒【ミネルヴァ死亡でGPは乗っ取り!?
⇒【ソンジュとムジカの名前に意味!?
⇒【ミネルヴァの先祖が作った世界!?
⇒【レイ最後の本でエマ嘘付き!?
⇒【クローン説の伏線が凄い!?
⇒【鬼の用語と神存在は発音不可!?
⇒【首のナンバーの謎が解明!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.10.17

【刃牙道考察】宮本武蔵vsピクル!!時空を超えた対決の衝撃の最後とは?!

(板垣恵介先生 刃牙道 123話引用) ジョン・ホナー博士の 最先端のクローン技術と 霊媒師徳川寒子の力により 現代に蘇った …

よく読まれている記事

ピックアップ

2018.4.5

【隣の悪女考察】ペットのぴーたんは花音に唐揚げにされて桐太が食べた♦怖すぎるやり口♠

(玉木ヴァネッサ千尋 隣の悪女引用) 桐太と亜里子が 飼っていた鳥。 ぴーたん(ぴーさん) ある日ゲージが 壊されてい…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る