【ハンターハンターネタバレ】380話(確定情報)にフウゲツが下層階か♣イルミとカルトがミザイストムと接触♦

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(冨樫義博先生 ハンターハンター引用)

旅団とシャ=ア一家が
手を組むことになる。

しかし、
オウが旅団を信じているか
と言われれば、
そうでもない。

単純な危険因子と見ている。

複雑に交差する
この船内の事情。

果たしてどうなるか。

⇒【ヒソカのあと10人はイルミ含み!?





ミザイの策

ミザイがこの通り魔事件に
対して、
下層部への兵士増強を
提案している。

念のことを
話せない以上
パニックをわずかに
引き伸ばすという策に
出たのだろう。

3層から順に
調べていくことになる。

ボトバイも協力。

十二支んが
これまで以上に
絡んでくる船内の展開。

暗黒大陸に
入る前に
色々な重要キャラこの船内で
死ぬことになるのではと
想像させられる。

チェックの際に
イルミとカルトに
接触するミザイストム。

旅団がいることも
イルミがあっさりと
白状する。

それが
クラピカにとって
かなり心を揺さぶる
ものだと感じるミザイ。

伝えるかどうか。

⇒【イルミVSヒソカ強いのはどっち!?

クラピカが揺れる

クラピカがこの事実を
知ってしまうと
確かに現状ですでに命がけの
状況の中で
更に雑念が入ることになる。

これは、
命を失うことに
直結するだろう。

さらに、
ヒソカはすでに
王族の護衛として
変装して潜入している
という可能性も
十分にある。

⇒【ベレレインテがヒソカ説!?

その危険を考えた上で
ミザイストムはどちらの
選択をするのか。

幻影旅団としても
王子たちが上層に
いることはすでに
知っている。

盗賊という職業柄
ヒソカの一件が
片付くなりすれば
王位継承戦にもろに
関わってくることに
なるだろう。

そうなるなら、
早めに対策を
練られるように
クラピカに伝えるというのも
一つの策となる。

⇒【ヒソカVS幻影旅団の行方!?
⇒【奪う人差し指の鎖はクロロから!?





フウゲツが現れる

ミザイストムに
IDを持たない者の
連絡が入る。

それが、
なんとフウゲツ。

フウゲツはあの扉で
下層部に
現れたのだろう。

どこまで移動が
可能かをチェックしている。

この能力は
戦いたくない王子たちに
とっては
離脱の生命線に
なりそうな能力。

また、
ルイーニーの能力も
同じ様に移動型。

これは、
船外への移動も
可能となりそう。

これによって、
多くの人間を
逃がすことも。

ただ、
ルイーニーが
協力する理由は
全く無い。

もしあるとすれば、
モレナがクラピカ側に
ついた時だけだろう。

王子たちというか
この王族制度に対して
激しい怒りを
持っている様子のモレナ
だけにひょっとしたら
クラピカ側につく
ということも低いながら
ありえるのか。

今回で
休載となるハンターハンター。

気になる展開が
目白押しの中、
早めの再連載に期待したい。

【こんな記事も読まれています】

⇒【ツェリの念能力は最強となる!?
⇒【ヒソカのあと10人はイルミ含み!?
⇒【残る13個のカプセルの意味は!?
⇒【ヒソカVS幻影旅団の行方!?
⇒【イルミVSヒソカ強いのはどっち!?
⇒【強さランキング!最強は誰?
⇒【パイロ所持ツェリと旅団の関係!?
⇒【幻影旅団強さランキング!?
⇒【ヒソカのもう一つの念能力!?
⇒【メルエムが純粋に見れば最強!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.9.23

【マギ考察】衝撃!370話で最終回!大高忍先生より公言!最後どうなる!?

(大高忍先生 マギ 1巻引用) ※確定あらすじ※ 最後の戦いから2ヵ月後。 風景は 天変地異でも起きたかのような 世界…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.11.6

【七つの大罪考察】グロキシニアとドロール本当に死亡!?伏線が残っている!?

(鈴木央先生 七つの大罪 22巻引用) チャンドラーを相手に ピンチとなった 七つの大罪。 そこに 現れたのは 先王のグ…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る