ハンターハンター397話|確定ネタバレ考察|サラサ死亡と絶望

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ハンターハンター397話の最新確定ネタバレ考察|サラサ死亡と絶望

本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。
【追記:サラサのエンバーミングはマチの師匠の可能性
【追記:小悪党が近づかないように幻影旅団は生まれた

森の中で袋詰で殺されたサラサ。いたぶられ殺され失意と悲しみの底にあるクロロ含む面々。3年後に始まる復讐の時。

クロロはウボォーギンが死んだ時、それこそ占いで死を暗示する言葉が出た時に涙を流しました

今回が初めての仲間の死と言えるものでしょう。

サラサは攫われていたぶられた末に宙吊りになっている袋の中で死亡

許せる訳がありません。

あまりに残酷な悲壮に包まれる声優旅団、そして幻影旅団の始まりです。

クロロは小悪党たちが流星街に近づかないように恐怖で外の者たちを支配する思想へと変化。

サラサを思っての行動、シーラ以外はクロロに賛同の様子です。

それではハンターハンター397話を考察していきます。

幻影旅団の強さランキング




ハンターハンター397話ネタバレ情報1・サラサの捜索

・一人でビデオの続きを探しにいったサラサが攫われる
・懸命に捜索するが中々見つからない
・森の中で暗雲立ち込める雰囲気と書かれた手紙が巨木に張り付いている

一人でサラサはカタヅケンジャーの続きを探すべく動いていました。

そこを狙い撃ちされて攫われてしまいます

当然サラサが帰らないことを知って声優旅団、のちの幻影旅団の面々は捜索を行いました。

巨大な森の中、暗雲立ち込めるところに一通の手紙が巨木に貼り付けられています。

もう何があったのかは言うまでもなく残酷で悲惨な結末がサラサに訪れたのは言うまでもありません。

ハンターハンター397話ネタバレ情報2・サラサ死亡

・森の中に宙吊りにされた袋の中に死体
・サラサは攫われた上にいたぶられて殺されてしまった

前話のラストで攫われることが予想されていたサラサ。

なぜ人はここまで残酷になれるのかと思えるような事態でしょう。

冨樫先生のツイートにあった異常なまでのクオリティで描かれた森。

あの場所で殺されたサラサが袋に入れられて宙吊り状態です。

悲しみに溢れるような事態でヒーローの声優として楽しくやっていたメンバーに大きな影を落とすことになりました。

今の幻影旅団が始まるきっかけがここにありました。

最も危険な厄災はどれか

ハンターハンター397話ネタバレ情報3・クロロに痛烈な想い

・サラサの死体を最初に確認したクロロ
・自分と関係のない者だと友達を当たり前に殺されたことがクロロを変えた

クロロはゴンにヨークシン編で質問されていました。

なぜ自分と関係のない人間を殺せるのかと。

そこで自分自身の原点であると冷たい視線で考えていました。

まさにこの一点にあるのでしょう。

サラサは流星街の人間ということで意味もなく殺されました

今回の袋詰にされたサラサの死をクロロが最初に確認をしています。

悲しみを超えた痛烈な痛みが心に刻まれたのは言うまでもないでしょう。

・人が死ぬ様を撮るビデオ(スナッフフィルム)にされたサラサ

どうやらサラサはスナッフフィルム(実際に行われた殺人の様子が撮影された映像)にされた様子。

友人がそんなことをされてまともでいられるはずがありません。

許せない。

外の人間を絶対に許さない。

意味もなく殺されたサラサ。

なぜそんなことがまかり通るのかという気持ちが現れて何の不思議もないでしょう。

この想いから声優旅団は変貌を遂げて今ある幻影旅団へと進んでいくことになります。

ハンターハンター397話ネタバレ情報4・3年後に始まる幻影旅団

・クロロは今ある流星街の状況を変えるべく期間3年で準備をする
・ウボォーギンをリーダーにしようとしたがウボォーがクロロをリーダーにした
・シーラは残りの人生を悪党として生きると決めた面々から離れる

今回のサラサの死。

そして今現状の流星街の状況を変えるべく立ち上がったクロロ。

その方法は悪党になることです。

流星街に小悪党が近づいて子供を殺したり、さらったりするのは甘く見られている証拠でもあるでしょう。

クロロは外で多くの人間を殺すことで流星街に近づけないという意識を持ちます。

最初はリーダーをウボォーギンに頼んだ様子ですが、クロロをリーダーに据えることになりました。

これが幻影旅団の始まりだとすれば、非常に暗く悲しい始まりだったことが分かります。

準備期間は3年ということで、そこで他の面々も念能力を手にして集まって「幻影旅団の結成」が達成されることになったのでしょう。

・サラサをエンバーミングした能力者がマチの師匠の可能性アリ

サラサは惨殺されていましたが、見事にエンバーミング(遺体の消毒や化粧、補修を行って生前に近づける作業)した状態で葬儀が執り行われた様子。

そのエンバーミングの技術者がどうやら念能力者。

しかもマチの念糸縫合がそれに近い技術であることを考えると念の師匠がこのエンバーミングというか能力でサラサを直した人物であるのは確定的と言えるでしょう。

暗すぎる過去を持っていた幻影旅団がハンターハンター397話で描かれることになりました。

※矛盾点や予想を含めた速報での考察となります。追記や修正を行いますのでご理解下さい。
更新時は記事冒頭部分に【追記:◯◯】【修正:◯◯】と記載しますので参考にして下さい。

ハンターハンター398話のネタバレ含む考察

ハンターハンター強さランキング



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.12.28

【ハイキュー考察】キャプテン対決勃発!?澤村大地vs北信介!!

(古舘春一先生 ハイキュ!! 283話引用) 第3セットも 佳境を迎えている 烏野vs稲荷崎。 第283話では 両校のキャ…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る