キングダムネタバレ794話【確定】王翦軍壊滅!亜花錦登場で王翦の精神復活は確認

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダムネタバレ794話【最新確定】王翦軍壊滅!亜花錦登場で王翦の精神復活は確認

<キングダムネタバレ794話【確定】王翦軍壊滅!亜花錦登場で王翦の精神復活は確認>

ギリギリで亜花錦登場。王翦に対して偉そうな口ぶり。それに呼応するように王翦も精神復活は見える。傅抵軍も出て王翦軍は完全な壊滅となった。

キングダムの本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。

司馬尚との距離は出来たが青歌の回り込みは凄まじく逃げ切れない状況。

倉央が諦めそうになったところで亜花錦が現れました。

王翦は生き残るべきで、落ち込んでいる場合ではないと偉そうな口ぶり。

久々の王翦の言葉は現在復活のための思案を行っているとのこと。

この亜花錦のふてぶてしさが王翦の精神を立て直したのではないかと思えます。

少し離れた場所まで逃げられた王翦と倉央。

乱戦を見ながら敗戦の様子とはこんなものなのかと倉央は感じています。

また糸凌は生きていましたが、そこに現れる大量の青歌軍によって側近も殺され取り囲まれてしまいました。
(但し糸凌の死が確定した描写はない)

傅抵軍も投入して王翦軍の残党狩りを行い、ここで完全に王翦軍は壊滅となりました。

実質の秦国軍の敗退と言える事態と言えます。

それではキングダム794話を考察していきます。

李牧は史実でも最強の武将

キングダム794話ネタバレ考察1・諦めかけた倉央

・田里弥の作った司馬尚との距離はあるが次々現れる青歌兵に止められる王翦と倉央
・瓦解の寸前で新たな青歌兵が現れて万事休す(倉央はほとんど諦めている)
・ここで王翦の首を取れば青歌がまた戦場に駆り出されることはない(李牧が語る)

どう考えても退路などありません。

司馬尚が近づいてきた時に、それを放棄したのは王翦大将軍です。

逃げ道に次々と現れる青歌兵たち。

それを突破しながら逃走は非常に難しいものとなっています。

田里弥のお陰で司馬尚を遠ざけることには成功していますが、それで逃走経路が出来る訳もないところ。

青歌兵としても、この一戦で青歌の今後の在り方が決まってくることを知っています。

絶対に取るべく首。

それが王翦の首です。

相手も必死なのが伝わってくるでしょう。

キングダム794話ネタバレ考察2・亜花錦の登場

亜花錦が登場して逃げ道に現れた青歌兵を倒します
・王翦にも偉そうな口を聞く亜花錦は、そのまま殿(しんがり)を預かります
・亜花錦は司馬尚が来るまで青歌兵の対応を代わりに行うと明言
王翦に対して亜花錦は生き残れば復活できると偉そうな口ぶり(タメ口っぽい)

亜花錦の登場です。

これで目の前に現れた青歌兵に対応。

まさに王翦と倉央の命を亜花錦が救った形となります。

このまま亜花錦は王翦が逃げるために青歌兵を代わりに引き止める役割を担います。

そんな亜花錦ですが、王翦にも偉そうな口ぶり。

生き残ればまだ復活の可能性があると伝えています。

まるで友達のような口ぶりにも見えますが、本来なら首を切られていてもおかしくないように思えるような言動。

ただそれだけ亜花錦も今の王翦の様子の違和感に気付いていたのではないでしょうか。

王翦の強さは史実にあり

キングダム794話ネタバレ考察3・王翦は復活への思案中

亜花錦の偉そうな口ぶりに反応した王翦はいつもどおりの引き締まった表情
・亜花錦の言葉を受けて現在復活への道筋を思案していることを明言する
・王翦は亜花錦ごときが自分に物を言っていることを腹だてているように見える

王翦が王翦らしい強い言葉を話しました。

亜光を失い、田里弥を失いました。

今までの王翦とは異なる様子から、明らかに動揺していたのは事実でしょう。

放心状態だったとも言えそうです。

しかし亜花錦の悪態。

これに応じて王翦が今までと変わらぬ締まった表情で復活について思案していることを明言しました。

亜花錦ごときがという話ですが、このごとき亜花錦の言葉によって王翦が復活の兆しを見せたのは事実でしょう。

キングダム794話ネタバレ考察4・糸凌の死亡は確定していない

・逃げながら倉央は敗戦の様子を初めて目にしている
・糸凌は瀕死の状態で逃げる倉央を感じているところ
糸凌が馬の上で絶命したかに見える描写
・糸凌の側近は多勢となる趙兵に殺されていった
・取り囲まれている糸凌だが、刺されたような描写はなく瀕死のまま生きながらえる可能性もある

逃げる王翦と倉央。

初の敗戦。

倉央としては初めて見る景色です。

また糸凌については死亡が確定した訳ではありません。

但し、このまま倉央に合流することもないでしょう。

場合によっては馬上で死んでしまったということも十分にありそうな展開でした。

捕虜になって壁と同じ様にどこかで生かされていくこともあるのか。

そうなった場合に、最終の邯鄲戦で倉央と糸凌の感動の再会がどこかで描かれる可能性もありそうです。

趙の敗戦時の李牧の最期は悲惨過ぎる

キングダム794話ネタバレ考察5・王翦軍が壊滅する

・李牧は傅抵軍も出して王翦軍の掃討を行った
・今回の攻勢で王翦中央軍は完全な壊滅

傅抵軍まで繰り出された王翦軍はここで壊滅することになりました。

これは実質的な秦国軍の敗北と言えるのではないでしょうか。

但し肝心要の王翦の首は取れなかった趙軍です。

ここから玉鳳隊と王賁が王翦に合流するのだとすれば、まだギリギリのところで秦国軍は踏ん張れるのか。

どう考えても撤退するしかない状況と言えそうです。

但し奥まで入ったキタリたちがどうなるのか。

今撤退するとしたらキタリたちが孤立無援となってしまいます。

王翦軍の壊滅。

果たして、この戦の結末、どうなっていくのでしょうか。

ちなみに史実では、この戦で秦国軍は十万規模での死者を出しています。

王翦軍の壊滅が、そのほとんどだとすれば、ここからはそのまま撤退戦となる可能性も多いにあるでしょう。

但し、李牧としては王翦の首が取れなかったことは痛手と言えるところ。

だから結果的に最終戦、王翦によって趙は滅ぼされる訳ですが、その分水嶺がまさにここだったと言えそうです。

李牧は想像よりも、この王翦の首を取れなかった事態を重く受け止めるのではないでしょうか。

そしてこの先で史実にもある秦国が趙に多くの領土を奪われる強烈な敗戦の歴史がある戦が始まっていきます。

キングダム795話のネタバレを含む考察

王翦は死亡しない!生没年不詳ながら中華統一までは生存



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.9.30

【ワンピース考察】ビッグマムは海にもソウル♠四皇のレベルが段違いという噂か♣

(尾田栄一郎先生 ONEPIECE 879話引用) ソルソルの実を カルメルから 継承したビッグマム。 ⇒【悪魔の実が宿る場…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る