呪術廻戦ネタバレ250話【確定】乙骨の『捌(はち)』コピーで宿儺を切り裂く

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

呪術廻戦ネタバレ250話【最新確定】乙骨の『捌(はち)』コピーで宿儺を切り裂く

<呪術廻戦ネタバレ250話【確定】乙骨の”捌”コピーで宿儺を切り裂く>

乙骨憂太の領域展開は模倣の中から一つを結界内に付与して、残りは刀へ。苛烈を極める戦いで一発死もある。乙骨は隙をついて宿儺に自らの術式”捌”を使用。

呪術廻戦の本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。

乙骨憂太の領域は一つの模倣した術式を必中効果で付与(ここでは天使の術式)。

それ以外を刀に宿してランダム付与。

使用したら消滅するが刀は無制限。

裏梅VS秤金次など描写変更の展開はナシ。

宿儺との苛烈な戦いながら、一発死もある危険なものです。

特に宿儺が完全に回復したら、どう考えても勝ち目のないものになります。

大抵の術式は最強の呪術師である宿儺に看破されていて太刀打ちが難しい。

その局面で乙骨憂太が隙をついて宿儺に与えた術式は、なんと”捌”でした。

※捌(はち)・・・相手の呪力量や精度、強度に応じて最適な斬撃を喰らわせるもの

宿儺は自らの術式によって切り裂かれ、どれだけのダメージを受けるのでしょうか。

真希などの登場も無い中なので、まだ宿儺との戦いが勝利に終わることはありません。

それでは呪術廻戦250話を考察していきます。

乙骨憂太の領域展開は「真贋相愛」で無制限の模倣術式

呪術廻戦250話ネタバレ情報1・真贋相愛の中身

・真贋相愛は領域内に模倣術式の一つが必中効果で付与可能で「天使の術式」が今回使用されている
・真贋相愛内の刀に領域内に付与されている術式以外が封じられている
・真贋相愛内の刀は模倣術式が付与されており、一度使うと消滅するが刀は無限(何が出るかはギャンブル的要素)

真贋相愛の領域内容が判明していくことになりそうです。

まず領域内に一つの模倣した術式の付与。

これは今回は「天使の術式」が付与されています。

よって宿儺は彌虚葛籠を使い続ける必要があるというのは前回にも出ていました。

刀で宇守羅彈を使用していましたが、これは烏鷲亨子の空間系の術式で捉えた面を薄氷を割るように扱えるものです。

呪言など他の術式もこの刀のどれかに隠されているということになります。

もし大量過ぎる模倣術式を乙骨憂太が持っていたとすれば、一体どれが必要な術式なのか分からないようにも思えます。

しかし重要な術式以外は模倣していないのだとすれば、戦い易いとも言えるでしょう。

おそらくは後者でしょう。

無闇矢鱈に術式を模倣して、ギャンブラー感覚を乙骨憂太が持っているとは思えません。

要するに、今まで見ていた術式の中で「これが宿儺戦で使える」というものだけを模倣術式で残して、あとは覚えていても模倣の術式としては使用しないものと思われます。

ここからどんな術式が登場していくのか。

呪術廻戦250話ネタバレ情報2・宿儺の斬撃は洒落にならない

・宿儺の攻撃は洒落にならない威力で完全回復されたら勝機はない
・一度の攻撃で乙骨憂太も虎杖悠仁も相手が呪いの王であり油断=死であると認識
回復状態の宿儺なら反転術式をする間もなく殺されるほどの実力差

最強の存在。

それが両面宿儺です。

当然ながら反撃もしてくる訳ですが、その一撃の重さは尋常ではありません。

ここではどうやら乙骨憂太も虎杖悠仁も反転術式で何とか回復。

ただ今は五条悟との戦いを経て、非常に能力が制限された、言わば疲れ切っている宿儺を相手にしています。

もし完全体となった宿儺に対峙すれば、何人いても勝機はゼロになってしまうでしょう。

そう考えると、絶対に今この瞬間に葬る必要があるとも言えそうです。

ただ宿儺としても世界を断つ術式は今の口と手が一つ封じられている状況では警戒心全開の二人に対しては使えないでしょう。

膠着するようにも見えますが、当然ながら乙骨憂太には秘策があるはず。

それ故に、この領域内での戦いです。

戦いの前に狗巻から聞いたものはどこで登場するのでしょうか。

呪術廻戦250話ネタバレ情報3・硬すぎる乙骨憂太と虎杖悠仁

・乙骨憂太と虎杖悠仁は準備期間に防御力を最大限引き上げてきた
・宿儺は石流龍を思い出し、あれほどの硬さはなくとも捌じゃなければ二人は斬れないと判断
・現在の呪力量は乙骨憂太と同等
・乙骨憂太はこの段階で宇守羅彈や呪言、リカに対しての不可侵の結界を模倣術式として使用している

乙骨憂太と虎杖悠仁。

この二人を含め、準備期間に相当な強度を手にしていました。

宿儺もそれは感じているところ。

本来は解で大抵の者は斬られてしまいます。

しかし、それを喰らっても反転術式が間に合う状況にあります。

これは死滅回游で死闘を繰り広げた石流龍にも言えたこと。

宿儺は石流龍を思い出し、あれほどの硬さではなくとも二人には捌(はち)を使って触れて斬るしかないと考えています。

ただ触ろうにも乙骨憂太は模倣術式によって極端に触れるのが難しくなっています。

リカの不可侵の結界が翻弄するように縦横無尽に動き回り、そこに宇守羅彈や呪言。

また虎杖悠仁の存在もあります。

中々に骨の折れる戦いになっていると宿儺自身も感じているのではないでしょうか。

宿儺の今の呪力量の残量は乙骨憂太と同程度ということも判明。

五条悟との戦い、そして鹿紫雲一にも使用している脅威の斬撃。

続いて日車戦に今の乙骨憂太&虎杖悠仁戦を経て、ようやく呪力量が乙骨憂太と同等というありえない存在です。

乙骨憂太は作中で宿儺を除けば最も呪力量の多い人物でもあります。

信じられない発言でもありますが、徐々に追い詰めているのは感じるところです。

石流龍は硬すぎて宿儺も捌じゃないと斬れなかった

呪術廻戦250話ネタバレ情報4・宿儺にも読まれている術式

・宿儺に今使っている術式は読まれている(無下限呪術は六眼が必要故にない)
・現在の宿儺が予想する術式は天使&リカに結界&宇守羅彈&呪言&予知
・乙骨憂太が使用している予知の術式は秤金次が戦った漫画家志望の者

さすがの宿儺。

乙骨憂太が使用する模倣の術式を看破している様子です。

宿儺が読む今の乙骨憂太使用の術式は5つ。

天使の術式。

これは領域内の付与です。

そしてリカには結界を張っていて不可侵となっています。

ということはリカには宿儺も直接攻撃で撃破不可能ということになるのでしょう。

宿儺以外を相手にするとすれば、乙骨憂太が無双可能なのは、この一事でも分かります。

これが結界を張って縦横無尽に飛び待って勝てる呪術師がいるのか感じるところ。

後は宇守羅彈も顔面に食らったのでどんなものかは察しが付いているでしょう。

二度同じものは食らわないという印象がある宿儺です。

他にも予知があるらしいですが、これはどうやら秤金次が死滅回游で戦ったあの漫画家の術式とのこと。

また乙骨憂太がこの先で無下限呪術を使うことがないことも分かっている宿儺です。

あれは五条悟の身体的な特徴である六眼が必須。

そういう意味で六眼を存在させていたことにマンガ的に大きな意味があったと言えるところ。

乙骨憂太に無下限呪術を使わせない。

もしそれがコピー出来てしまえば、一挙に乙骨憂太は誰よりも最強になったでしょうが、これはありません。

呪術廻戦250話ネタバレ情報5・まさかの乙骨憂太が”捌”を使用

・宿儺は全ての模倣術式を看破して対応していた
・乙骨憂太はまだ使っていない模倣の一つを宿儺の隙をついて繰り出す
乙骨憂太が宿儺に使う新しい模倣は”捌(はち)”
・自分の術式である捌を受けた宿儺は切り裂かれる

もしや勝利?

全てを読み切っていた宿儺です。

しかしまさか乙骨憂太が自分の術式である”捌(はち)”を模倣してくるとは思っていなかったのでしょう。

いや、予想はあったのか。

分かりませんが、少なくとも隙を疲れて捌によって切り裂かれてしまった宿儺です。

捌とは相手の呪力量や強度などによって調整した状態で繰り出される一撃必殺と呼べるような斬撃。

乙骨憂太は「世界を断つ斬撃」の模倣しているのか

解はそれも関係なく繰り出されるもので、今まで宿儺が多様していたものです。

この一発で宿儺を切り裂くことに成功した乙骨憂太。

さすがに、これで宿儺が死ぬこともないでしょうが、この隙で虎杖悠仁の黒閃が打ち込まれる可能性はあります。

そうなれば、動けない間すべて黒閃の連続。

魂への直接ダメージと呼べるものであり、宿儺とて無事では済まないのではないでしょうか。

そもそもの打撃も魂に直接来るようなものになっている虎杖悠仁の一打。

ここでは黒閃は出ずに、通常打撃の連打で宿儺そのものにダメージを与えるのか。

少なくとも「五条悟戦でのダメージが回復しそう」という状態だけは、回避してダメージを負った状態にしたいところです。

もし完全に回復されてしまったら、もう勝ち目はありません。

黒閃の威力が2.5乗とはどういう意味

呪術廻戦250話ネタバレ情報5・裏梅VS秤金次

・裏梅VS秤金次が描かれなかったことで宿儺戦もまだ続く
・真希の登場も今のところはない

宿儺戦の裏で行われている秤金次の戦い。

氷の女王とも呼べる裏梅との勝負であり、本気を出すと宣言してから何も進展がありません。

ただサイドの戦いが宿儺戦の勝利より後に描かれる可能性はないでしょう。

よって秤金次VS裏梅が終わっていないのなら、宿儺戦も終わりはないということになります。

また真希の登場なしでの勝利もおそらくはありません。

まだまだクライマックスは継続中。

終盤に向かって、佳境を迎えながらも、まだ二転三転する戦いになっていきそうです。

呪術廻戦251話のネタバレを含む考察

宿儺が乙骨の捌(はち)で死亡可能性は無い

※予想や矛盾点も含めた速報からの考察になります。追記や修正はご理解下さい。



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

【ワンピース考察】ウソップが巨人族で脱退。ナミが月の民!麦わらの一味の多様性

2017.2.10

【ワンピース考察】ウソップが巨人族で脱退。ナミが月の民!麦わらの一味の多様性

(ワンピース これがエルバフの戦士の力 129話 引用) エルバフの戦士と出会ったのは、 あの金魚のフンが 島にあったという場所だ…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る