乙骨憂太の領域展開は「真贋相愛」で無制限の模倣術式を必中させる効果アリ|呪術廻戦考察

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

乙骨憂太の領域展開は「真贋相愛」で無制限の模倣術式を必中させる効果アリ|呪術廻戦考察

乙骨憂太の領域展開が判明しました。

「真贋相愛(しんがんそうあい)」

呪術廻戦249話で初登場した領域展開で宿儺を相手に実施。

領域の中は刀が大量に散らばっている場所です。

使われる術式は模倣であり、まさに真贋相愛というところでしょうか。

愛がテーマのような乙骨憂太らしさを感じるところ。

また宿儺はここで模倣される可能性のある天使の術式への警戒から彌虚葛籠(いやこつづら)を使用して領域に対抗。

これによって宿儺に腕と口をワンセット使わせることに成功しています。

※追記※
呪術廻戦250話で真贋相愛の内容が明らかになりました。

【追記】真贋相愛とは

乙骨憂太の領域展開である「真贋相愛」は1つの模倣術式を選択して領域に付与させた状態にし、他の模倣した術式が地面に刺さる刀に宿り、乙骨だけが効果を引き出せるものです。

刀に宿った術式が何か、乙骨憂太はその刀に触れるまで分かりません。

両面宿儺との戦いで乙骨憂太は初めて領域展開を見せました。

この時は領域に「天使の術式」を付与させていました。

よって宿儺は彌虚葛籠で天使の術式から自分を守り続けるしかありません。

続いて乙骨憂太は烏鷲亨子の宇守羅彈を使用しました。

このまま呪術廻戦250話で予知を模倣して解放していました。

最後には隙をついて捌(はち)を使って宿儺を切り裂くことに成功しています。
※ただしこれで宿儺が死んだ訳ではありません。

宿儺は乙骨の捌(はち)で死亡するのか

【追記】必中効果は宿儺だけに絞られた高度な結界術

今回の真贋相愛は虎杖悠仁に対する必中効果は出ていません。

宿儺のみに絞ったもの。

これは非常に高度な結界術であることを宿儺が示唆していました。

よって乙骨憂太は高度な結界術を元々会得していたか、もしくは裏技的に何かをしたことになります。

この問いに対して乙骨憂太は「ズルしました」と答えています。

特殊な訓練だったのは確定。

魂の入れ替えをベースにした訓練がひと月の間で実践されたのであろうと予想されます。

乙骨憂太の言う「ズルしました」とは何か

※下記はまだ領域展開の内容が判明していない時点での考察です。

「真贋相愛」で使える模倣術式

真贋相愛は必中効果のある術式です。

必殺の付与についてですが、これは「模倣した術式による」と考えていいでしょう。

実際に宿儺に対抗するのなら天使の術式の必中は必殺になります。

これまでの領域展開も同じで、そこにある術式次第で必殺かどうか決まってくるものです。

呪術廻戦249話では真贋相愛の直後、宿儺が彌虚葛籠で自らを守りました。

その直後に乙骨憂太は「宇守羅彈(うすらび)」という技を使いました。

模倣した術式なのかどうか。

なんとなく乙骨憂太特有のものかもしれないと思わせるところです。

使った技は刀攻撃であり、これによって宿儺の左目が傷つきました。

また使った技は刀が崩れていたので「領域内では一度きりの使用」ということなのかと思われましたが、それは宿儺の予想とは異なります。

宿儺はこの領域内で無制限の術式模倣がなされると考えていました。

もしかすると領域内で使用した術式についても即座に模倣が可能ということなのか。

そうなると宿儺としては世界を断つ斬撃は使いたくないでしょう。

刀を媒介して模倣する

使用した宇守羅彈が本当に刀を必要とした術式だったのか。

これは不明ですが、もし違っているのなら「全ての術式は刀を媒介して行われる」ということかもしれません。

もちろん刀が関係ないような術式も多くあるでしょう。

典型的なものは乙骨憂太が最初に模倣した呪言です。

別に呪言は刀を使用する必要もない術式ですが、もしこれらの使用でも「刀使用=崩れる」が繰り返された場合は媒介と考えていいのかもしれません。

狗巻にも宿儺戦出陣の前に何かを聞いていました。

おそらくは呪言の奥義的なものを模倣したものと予想。

これを領域内で使うかどうかも注目です。

虎杖も入れる領域

領域展開と言えば、術者以外の全てに対して必中効果が及ぶという印象でした。

しかし乙骨憂太のものは違います。

そこで使用する術式、必中効果について対象者を選べるようになっています。

要するに領域が閉じていて無制限に模倣術式は使えるだけという可能性もありそうです。

特に彌虚葛籠を使用している宿儺に対しては、自動で必中効果を生み出すことも出来ないでしょう。

宇守羅彈のように狙って使うということになりそうです。

何にしても、この領域内に虎杖悠仁までいるのは異質。

乙骨憂太ならではの領域展開が構築されているのか。

もしくは虎杖悠仁だからこそ人の領域内に入れるという特性があるのかもしれません。

また新しい情報が入り次第、改めて記事を更新していきます。

黒閃の威力が2.5乗とはどういう意味



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ワンピース考察|モモの助の人工悪魔の実は本物!覚醒は開国時となるか

2022.12.30

ワンピース考察|モモの助の人工悪魔の実は本物!覚醒は開国時となるか

モモの助が食べたベガパンク作の人工悪魔の実。 これが本物と遜色のないものであったことが判明しています。 「違いは色だけ」というこ…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る