呪術廻戦193話の確定ネタバレ考察|真希敗北で死亡説まで出る!強すぎる直哉呪霊

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

呪術廻戦193話の最新確定ネタバレ考察|真希敗北で死亡説まで出る!強すぎる直哉呪霊

呪術廻戦193話のネタバレを含む考察となります。

本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。

真希&憲紀VS直哉呪霊の戦いラウンド2。

芋虫型は容易に倒せましたが、次の髑髏型の仮面を付けた直哉呪霊は相当な強さ

吹き飛ばされた憲紀と、甚爾に近づいた真希

しかしそれを上回るのが今の直哉呪霊です。

真希死亡説まで流れるほどあまりの強さに、どう対抗していくのか。

呪術廻戦193話ネタバレ情報1・憲紀との攻防

・想像よりも加茂憲紀が強かった
・復活して赤血操術で直哉に対抗している

加茂憲紀は髑髏型の直哉呪霊に吹き飛ばされてしまいました

しかし即座に立て直して戦闘に復帰

赤血操術はやはり優秀で直哉も厄介な存在だと認識するでしょう。

攻撃役にも補助役にもなれる加茂家の術式の汎用性の高さを感じられます。

ただ第二形態の直哉呪霊は相当な強さ。

半端な赤血操術では対応出来ず、捕縛も攻撃もダメージを与えるには至らないでしょう。

呪術廻戦193話ネタバレ情報2・憲紀は思ったより強い

・憲紀が思ったよりも強い
・花御(はなみ)と比べて直哉呪霊も方が弱い

直哉が特級に位置するのかは分かりません。

ただ憲紀は以前に羂索のもとにいた花御という森の特級呪霊と戦っていました。

それと比べて直哉呪霊の方が弱いのだろうと予想されています。

先に伝えた通り、直哉の強力な一撃を受けながら、すぐに立ち上がって赤血操術にて直哉に対抗した姿などから、そう考えられています。

花御戦の時よりも大幅に強くなった加茂憲紀

花御よりも直哉呪霊が弱いとする説も今回の呪術廻戦193話ですぐに立ち上がった憲紀を見てある様子。

もう一つが花御との戦いによって憲紀が大幅に力を付けたという予測。

どちらも正しい可能性はありますが、今回の戦闘ではっきりすることがあるでしょう。

宿儺に勝てるのは五条悟だけ

呪術廻戦193話ネタバレ情報3・真希の敗北と死

・真希も大苦戦する直哉との戦い
・もろに食らって真希が倒れる
・真希が死んだ

直哉呪霊との戦いで「真希が死んだ」という話まで出るほどの苦戦。

さすがにここで真希が死ぬ可能性はゼロでしょうが、それでも第二形態の髑髏の顔を持つ直哉の強さは相当なもの。

最初が芋虫で、第二形態の雰囲気からおそらくサナギ、そうなると続く成虫段階があると予想されています。

ここで真希が倒れてしまうようなことになれば、直哉呪霊に勝つことは出来ません

真希のさらなる覚醒か、憲紀が伏黒のように半端な領域展開あたりを繰り出すような展開があるのでしょうか。

少なくとも今のままでは勝てる相手ではないってことになります。

甚爾は呪霊最強クラスである陀艮(だごん)を祓いました。

直哉呪霊が大地や森、海や人という壮大過ぎる呪霊よりも強いとは考えにくいところでしょう。

今一度真希が禪院家を崩落させた時の気持ち、真衣を失った悲しみを思い出せば改めて覚醒した力で直哉呪霊を祓うでしょう。

現状の直哉呪霊は階級別に分ければ特級に限りなく近い一級あたりではないかと言われています。

真希の今の実力も呪術師として特級には至らないが一級よりは強いという状況だろうと予想されています。

陀艮という特級呪霊を当然のように打ちのめした甚爾よりはまだ少し下。

髑髏型の呪霊に倒されてしまった真希ですが、次に目覚めた時は直哉が恐怖する次元の真希に変化しているはずです。

呪術廻戦194話のネタバレ含む考察

必殺必中の領域展開まとめ



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.4.14

【七つの大罪 考察】バンの神器はいつ登場!?神器持ちの闘級上昇から能力予想まで考えてみる!

(七つの大罪 狩りの祭典“ハンターフェス” 144話 引用) 七つの大罪には、 バルトラ王より授かった神器があります。 バン以…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る