キングダムネタバレ780話【確定】田里弥軍は王翦軍で最強の殺傷部隊だった

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダムネタバレ780話【最新確定】田里弥軍は王翦軍で最強の殺傷部隊だった

青歌軍と戦を交えた王翦軍。確かに驚異的な強さを示した青歌軍ですが、田里弥の力も知らない李牧。実は王翦軍で一番の殺傷の部隊でした。

キングダムの本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。

亜光の三万以下に対して三万の楽彰軍と二万のカン・サロ軍が襲いかかることになりました。

しかし王翦本軍が二万を切り出して亜光軍の後方に準備しています。

青歌の第一将であるカン・サロの武力は尋常ではなく、亜光軍は蹂躙され始めました。

時を同じくして始まったジ・アガ軍と倉央軍の戦い。

ジ・アガも倉央の見積もりでは蒙武級の武の持ち主です。

しかし倉央軍にも驚異的な強さを持つ糸凌が存在。

ここが互角となるのか。

そんな状況において静観しているように見えるのが田里弥の一万

実はこの田里弥軍は李牧も本当の実力を知らない存在であり、王翦軍で一番の殺傷部隊ということが判明。

相手武将の首を取るべく動き始めます。

最初はジ・アガの首から。

それではキングダム780話の考察をしていきます。

武将の強さランキング(TOP10)

キングダム780話ネタバレ考察1・亜光軍に楽彰とカン・サロの五万

・楽彰が左に寄せて右からカン・サロ軍が入り込む
・ひるまない亜光は予備軍をカン・サロに当てて五万を相手に一切ひかない
・フーオンはダメージが大きく馬上にいるのがやっとの様子

王翦軍と司馬尚率いる青歌軍との戦いが幕を開けました。

今は李牧を追って兵力が一部抜かれている亜光軍に襲いかかる楽彰軍となっています。

そこに進軍して来るのがカン・サロの軍勢です。

二万の兵力が加算されることで亜光軍は非常に厳しい状況に晒されてしまいます。

楽彰軍が左に寄せることで、右側からカン・サロが入り込むことになりました。

この動きに対して亜光は一切怯むこともなく、楽彰を相手にしながら予備軍をカン・サロ軍に当てます。

要するに横に長く、後ろが薄い陣になってしまうということです。

楽彰軍の元にいたフーオンはどうやら亜光との戦いでの負傷が大きくまともに戦える状況ではなさそう。

それにしても三万だった亜光軍は飛信隊と共に李牧を追う部隊が一部いたので、楽彰とフーオンの軍勢の三万に対しても兵力不足

そこに第一将であるカン・サロ率いる二万の軍勢を相手にするのは無理があるでしょう。

キングダム780話ネタバレ考察2・強すぎる第一将カン・サロ

・倉央は亜光軍を見て自軍の一万を送るべきか考えている
・亜光の援軍として王翦本軍が二万を切り出して増援させ兵力規模は互角
あまりに強すぎる青歌第一将のカン・サロ

当然ながら、この状況を良しとはしない倉央です。

ジ・アガが自軍に向かっているのは分かっていますが、その数は二万

となれば一万余分であり、亜光軍の三万以下VS五万とは訳が違います。

今は自軍を二万VS二万にして、亜光に一万を向かわせて四万以下VS五万とするのが妥当であると思うのも当然でしょう。

しかしそこに王翦が動き出しました。

二万を本軍から切り出して亜光軍の後方に準備しています。

これで五万以下VS五万の戦いであり、ほぼ互角の軍勢となりました。

とは言え、入り込んだカン・サロ

これが異常な強さを発揮しています。

まともな兵では戦えない次元の強さは、青歌第一将の名を持つ存在だけあります。

同規模の兵力で本当にカン・サロを押さえ込むことが出来るのでしょうか

無傷の亜光本人が本来なら相手をすべき武将と言えるような存在です。

王翦の考えが知りたいところです。

王翦の強さは史実にあり

キングダム780話ネタバレ考察3・ジ・アガは蒙武級の強さ

ジ・アガは蒙武級の武力を持っていると倉央の見立て
・倉央軍の糸凌も最強の武力であり青歌側の誤算だと倉央は感じている
・倉央軍はジ・アガのもとに精鋭を集めて厚みを作っている

悠長なことを言っていられないのが倉央サイドです。

ジ・アガの二万とぶつかることになり、兵力差で見れば倉央軍が1.5倍となっています。

しかし、入り込んだ剛将ジ・アガの武力が尋常ではありません

倉央の見立てでは「蒙武級の武力」ということです。

想像を超えた強さであり、だからこそ二万という兵力で三万の倉央軍にぶつかったということでしょう。

しかしながら倉央側にも特別な武力があります。

それが倉央が戦いの後に抱くという女軍長の糸凌です。

何となく媧燐のような雰囲気をまとっている大女ですが、その武力が尋常ではないことが分かりました。

倉央はジ・アガを蒙武級と言い、その蒙武級のジ・アガに対して「対応可能な武力」と考えている糸凌の強さとはどんなものなのか。

またこの糸凌とジ・アガのもとに更に倉央の精鋭も送り込み厚みを作って勢いを殺してしまう戦術で対応していきます。

王翦もジ・アガ軍VS倉央軍に一番可能性を感じる部分かもしれません。

問題はジ・アガの実力が倉央の感じている通りものであるかどうかでしょう。

蒙武の凄みは強敵と相対した時に限界を超えて成長する強さがあることでした。

ジ・アガにそういったものや、隠している力があるのかどうか。

蒙武(もうぶ)大将軍の死亡は無い

キングダム780話ネタバレ考察4・田里弥軍は最強の殺傷部隊

・静観ではない田里弥軍の一万は必殺の軍としての利用
田里弥軍は王翦軍で一番の殺傷部隊
・田里弥軍の本当の実力は李牧も知らない部分

亜光軍と倉央軍の激突。

さらに王翦軍までも動き出した状況で田里弥の一万は静観のような雰囲気でした。

しかしそれは違っており、戦局を見極めて王翦からの指示を全うしようとしているだけでした。

田里弥軍の一万というのは王翦にとって必殺の軍としての役割になります。

どうやら誰も知らなかったことですが、田里弥軍というのは王翦軍で最強の殺傷部隊だったということです。

少数で局面に入り込んで、将の首を取ってくる部隊ということなのでしょう。

今までの戦いで田里弥に目立つ部分はありませんでした。

そういう意味で李牧も知らない田里弥の実力であり、これが李牧の想定を大きく超えているのだとすれば青歌軍を驚かせる状況にはなっていくのではないかと予想されます。

それに本丸と呼べる司馬尚は出てきていませんので、その部下たちに秦国最強と呼ばれる王翦軍があっさりと敗北することは無いでしょう。

李牧は史実でも最強の武将

キングダム780話ネタバレ考察5・ジ・アガから順番に討つ策

・田里弥軍の中核を担う武力が蛇輪公と申赫楽と山秀
・狙う首はジ・アガからで順番に全てを討つつもり

田里弥軍は王翦軍で一番の殺傷部隊ということで、その中核を担う人物が紹介されています。

蛇輪公(だこうりん)と申赫楽(しんかくがく)と山秀(さんしゅう)です。

ここから田里弥軍が入り込む時に、この三人がどう動くのかに注目していくことになります。

そして狙う首ですが、どうやら全てを討つつもりの様子。

田里弥軍の恐ろしさを感じるところですが、そう上手くいくのかも注目するところでしょう。

最初に狙うのはジ・アガの首です。

もし今の状況で田里弥軍がジ・アガの首を取れば、一気に司馬尚率いる青歌の軍は崩壊に向かっていってしまうでしょう。

ここでの司馬尚の動きが気になります。

そして司馬尚が仲間に対して、どんな思い入れを持っているのかについても理解できるかもしれません。

まずは田里弥軍の強さの判明。

王翦が隠し玉として残していた田里弥の威力をまずは趙軍が知ることになりそうです。

それが次回のキングダム781話で明瞭になりそうです。

キングダム781話のネタバレを含む考察

李牧の史実は処刑!カイネと傅抵に託す



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ワンピース考察|なぜワノ国のヤクザの親分が捕まったのか?狂死郎親分の裏切りか!?

2019.4.24

ワンピース考察|なぜワノ国のヤクザの親分が捕まったのか?狂死郎親分の裏切りか!?

ワンピース940話『反逆の火種』では、 ヒョウ五郎は兎丼の囚人採掘場には かつてのワノ国を支えたヤクザの親分が 多数捕まっていると…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る