キングダムネタバレ773話【確定】秦軍二十五万と趙軍三十万の配置と全容

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダムネタバレ773話【最新確定】趙軍三十万で司馬尚が十万に対面の王翦十二万

戦闘前の全軍配置を含む現状。趙軍は三十万。秦国二十五万。中央の王翦は亜光と倉央が前衛で対面するのは司馬尚です。

キングダムの本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。
【追記:李牧を狙いたい信】
【追記2:秦軍と趙軍の全容

キングダムの最新刊が予約開始

キングダム70巻

どうやらまだ戦闘は本格的には始まっていません。

その前に今回の軍勢、その配置と状況の説明になります。

秦軍の規模は二十五万です。

楊端和の軍は七万。

飛信隊は知っての通り三万ですが、そこの趙軍は倍ほどいます。

信は目の前の袁環七万の軍を攻撃した後に逸れて中央四万の李牧軍を狙って討ち取りたいと考えていました。

そして趙の注目となる司馬尚ですが、こちらは十万という大規模軍でした。

対するのは中央の王翦軍で十二万。

王賁は中央の司馬尚軍の性質が分からない以上、武運が必要であることを示唆しています。

数では勝っていますが、この司馬尚軍がとんでもないのは言うまでもないところでしょう。

趙軍は全部で三十万という規模になりました。

それではキングダム772話の考察をしていきます。

司馬尚の史実と強さ!趙の最強の大将軍で武力と知略

趙軍の総勢は三十万

・趙の総勢は三十万の軍勢
・中央の王翦と向き合うのは司馬尚軍

趙軍は総勢で三十万となりました。

ということは今回も秦国軍の方が少ない数での侵攻になっています。

守る側で十分な準備をした李牧と司馬尚の方が軍として規模が大きいというのは苦しい展開必至か。

中央の王翦に向かい合うのが司馬尚の軍勢ということで、配置的にもかなり不穏です。

・王賁は司馬尚軍の情報が無く性質不明のため武運に任せるところがあると考えている
・亜光は中央寄りの右翼が重要と考えているが亜花錦はそれを鼻で笑う

司馬尚の危険性、その気味の悪さを王賁は感じ取っている様子です。

そして亜光が進言するのに対して、亜花錦が笑い飛ばしているところ。

やはり軍略という意味でも亜光より亜花錦の方が一枚上手なのでしょう。

司馬尚が危険であることを察しながらも、その本当の危険性を知るのはいつになるのか。

とは言え、番吾城は秦国軍によって陥落するというのが史実。

見るところ平地戦ですが、本当に城が陥落するような展開になっていくのでしょうか。

王翦の強さは史実にあり

飛信隊の前にはニ倍の軍勢

・右翼三万の飛信隊に対して趙軍は二倍の数がいる(七万)
・相手を蹴散らしたら李牧を狙うか、そのまま番吾城攻めに向かう

飛信隊は現在三万という軍を保持しています。

それに対して迎え撃つのは倍ほどの趙軍となりました。

数は七万で武将は袁環です。

但し新生の飛信隊はおそらく通常の兵で太刀打ちできるようなものではないでしょう。

二倍程度の相手であれば、それこそ青歌の軍ということも無ければ処理可能なはず。

よってこの秦国にとっての飛信隊のいる最右翼側は問題ないでしょう。

ただここにも司馬尚の軍は絡んでくるのではないかとも感じるところ。

信としては、袁環の軍を突破した後に李牧を狙うか、番吾の城を狙うかと豪語している信です。

もしそんな事が可能なら飛信隊の功績はただならぬものになりますが、当然それほど容易なことではありません

信と蒙恬は楚の項燕に大敗

王翦が十二万に対して司馬尚十万

・楊端和軍は左翼で七万の軍(キタリの行動が気になる楊端和)、趙は舜水樹と馬南慈を含む九万
・中央の王翦十二万(亜光と倉央が正面で三万ずつ)の正面が司馬尚の軍で十万
李牧軍は四万で司馬尚の軍の左で袁環軍の右に位置する
・王賁は中央と右翼飛信隊の間後方あたりで三万(李牧軍の正面とも言える)

楊端和軍は飛信隊とは真逆となる左翼です。

軍勢は七万で、こちらも問題のない軍力と言えるところ。

そしてキタリは壁を救いたいと思っっているので、その行動が気になる様子。

確かに壁を救うことばかりが気になって統率が取れなくなると危険というのもあるでしょう。

ただ楊端和としても壁とは長い付き合い故に助けたい気持ちがあるのではないかと感じます。

となれば、もしやこの行動、つまり楊端和率いる山の民の軍勢が史実にある番吾城の陥落などの主軸になっていくのかもしれません(壁が番吾にいるかどうかは分かっていませんが)。

山の民たちの相手になるのは舜水樹と馬南慈を含む九万となりました。

よって軍勢としては十分でも一筋縄ではいかないことになりそうです。

そして中央が王翦十二万で、向かうのが司馬尚の軍勢十万。

亜光と倉央が三万ずつの兵力で2つに別れている状態となっています。

後方に王翦と田里弥。

これが中央の構図となっています。

但し、これらを真っ直ぐに戦わせるような戦略をお互いに取るはずもないところ。

李牧の軍も四万という大軍を保持しているので、どこでどの軍をどう使うのかという広域戦になってくるでしょう。

その李牧の位置的には正面となるのが王賁軍の三万です。

王賁は飛信隊と王翦軍の間あたりに布陣していますが、様子としては少し後方なので予備軍のようにも見えます。

飛信隊に対する袁環などは苦戦すること必至でしょう。

しかし亜光と倉央の正面の青歌の軍の強さ、そして飛信隊の横に逸れる狙いをも受け止める司馬尚という可能性があります。

李牧と王翦のどちらが最初に想定外の状況を受けることになるのでしょうか。

果たして今回の李牧と王翦の知略戦の行く末は。

項燕と昌平君が最強の敵

飛信隊の李信将軍が口火

・王翦が名指しで開戦の第一線を指名
・飛信隊が最初の突撃の口火を切る

王翦が名指しでの開戦の口火です。

亜光や倉央ではなく、最右翼となった飛信隊

相手の数は七万で倍以上となります。

これを突破して李牧の首か、もしくはそのまま番吾の城を狙おうと考えている飛信隊。

新生された三万の軍勢の飛信隊の強さと突破力

どう考えても宜安の守護担当の武将袁環では太刀打ち出来ないでしょう。

キングダム774話のネタバレを含む考察

羌瘣は信と結婚するのか



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.2.15

【七つの大罪考察】キャスの魔力は“念動力”!?元ネタは化け猫で巨大になる可能性!?何処からやってきた?

(鈴木央先生 七つの大罪 254話引用) ドルイドの修練窟の後に 描かれたキャス。 当初は アーサーから 全く離れる気配が…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る