ワンピース考察|リンリン(ビッグマム)は元スベスベの実の能力者なのか

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピース考察|リンリン(ビッグマム)は元スベスベの実の能力者なのか

今となっては”元”となった元四皇のビッグマムことシャーロット・リンリン。

リンリンは食いわずらいの発動によって友達やカルメルを屠ってしまいました

この時にソルソルの実の能力を得たのは過去の回想でも確定しています。

しかしそれから海賊になっていく過程で一度スタイルの良い美人になっています。

特に28歳の頃はジュエリーボニーに似た雰囲気すら纏っています。

これによって「リンリンはスベスベの実の能力を保持していたのではないか」という説が出てきていました。

悪魔の実を二つ取り込んだことになるビッグマム。

果たしてそんな事が可能なのでしょうか。

そして同じ道を歩みそうなアルビダは今後太った様子に戻る代わりに別の悪魔の実を保持することがあるのかも気になります。

但し全く関係なくビッグマムは若い頃は普通に痩せていたという可能性もゼロではありません。

ビッグマムのモデルは人を食った

単に若い時に痩せていただけ説

ビッグマムがソルソルの実を食べ、後にスベスベの実を食べて、またソルソルの実を食べた。

この順番であれば、小さい頃に太っていたビッグマムが突然美しい姿になり、また熟年で大柄になったのも頷けるところでしょう。

ちなみに48歳の頃も中年になっていますが、今のビッグマムのような大柄で太っている様子ではありませんでした。

これはワンピース86巻の867話の後ろにあるSBSに描かれています。

そう考えると20年以上はスベスベの実で海賊をしていたことになるでしょう。

なんとなく違和感を抱くところでもあります。

それよりも女性的な感覚から少女時代は当たり前のように食べ続けていたのを、ダイエットして痩せたと考えても不自然ではありません

ただ骨格ごと変化している様子も見えるので当然ながら悪魔の実を二つ食べた説は否定できないところでもあります。

黄猿ボルサリーノの強さと正体

悪魔の実を二つ食べていた

そもそも悪魔の実は二つ食べると死ぬはずではないのか。

これについては「死なない説」が有力になっています。

まだ誰も悪魔の実を二つ食べて死んだケースが無いのも一つの理由でしょう。

ベガパンクが予想した悪魔の実の本質。

「誰かの希望」が形となって現れたものであるなら、それを二つ食べたら「死ぬ」という恐怖の性質があるとは思えません

確かに海には嫌われますが、ワンピースの世界が昔はほとんど陸地だったとすれば、そこまで大きなマイナス要素ではなかったとも考えられます。
(ワンピースの世界は地軸が移動して陸地が大幅に減ったという説もある)

ちなみにDの意志を継ぐものは、そもそもが泳げないのではないかという説もあるので、悪魔の実で泳げなくなるというのも「不自然故に母なる大地に嫌われる」という理由とは全く違った原因があるのかもしれません。

それこそ人の思いを叶えられるような技術を持つ人間がいて、その人間の遺伝子なりを利用したが為に「泳げない性質」がつきまとうようになったなどです。

何にしても二つ食べると「死ぬ」というペナルティではない可能性は十分にあります。

但し二つの能力を得るのではなく、もう一つ食べると先に食べた能力は上書きされることになります。

そして前の能力は近くの果物に移って悪魔の実が出現するということです。

ビッグマムは自分が宿していたソルソルの能力を宿した悪魔の実を持ち続けた上で、美貌を手にできるスベスベの能力を保持していたということになります。

どの時点で万国(トットランド)の構想に芽生えたのかは分かりませんが、カルメルとの思い出も含めて「もう一度ソルソルの能力を」と晩年に、と考えた可能性は十分にあるでしょう。

そう考えると「骨格ごと変化している」という少女期と晩年が大柄の太い体型で青年期から中年期の痩身体型の意味も理解できるでしょう。

チョッパーの親はベガパンクなのか

アルビダがソルソルを手にする可能性

ビッグマムが仮に二つの悪魔の実を食べていたとしたら、今後アルビダがソルソルを手にする可能性があるのかという話にもなってきます。

確かにアルビダは少女期というよりも二十代の中盤でスベスベを手にするまで大柄な女でした。

コビーとルフィの出会いにもなった船で金棒を振り上げる姿はイカつさ丸出しです。

少なくとも男が寄り付くような類の女性ではなかったと言えるでしょう。

しかし今はスベスベの実を手にしたことで物凄い美女になっています。

元から自分を美人であると言わせる節があったので、非常にマッチした悪魔の実を手にしたと言えます。

大柄から美女になったというところが、ビッグマムと一致していることから、アルビダもソルソルの実の能力を得るのではないかとも言われています。

但しビッグマムは死亡しておらず「生きて後々登場する」という説もあるので、このあたりはまだまだ未知となっています。

ビッグマム生存についてはマヂカルラブリーの野田さんが考察をしていて話題になりました。

最終章に入ってから多くの伏線が回収され、謎が解き明かされていますが、張り巡らされた謎の多さから短期での終結は不可能であろうと言われています。

まだまだ元四皇や悪魔の実の性質についても明らかになるところが多くありそうな状況。

一先ずビッグマムに関してはスベスベの実の能力者であった可能性もあれば、若い頃は単に痩せていたという可能性もあります。

どちらになるのか、それとも全く違う理由か、本編ではもう語られない可能性もあります

またビッグマムの過去についてまた新たな情報が出次第更新していきます。

黒ひげ海賊団のメンバー一覧と判明した悪魔の実



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.10.9

【源君物語考察】玉鬘(たまかずら)るりが危機に陥った免許合宿は本当に出会いも多い♠光海と関係するのは♣

(稲葉みのり先生 源君物語 250話引用) 玉鬘という とんでもなく難しい名字で 登場した高校3年生の女子。 夕さんに似てい…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る