ワンピース考察|シャンクスの本名は映画で判明!正式名称はフィガーランド・シャンクス

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピース考察|シャンクスの本名は映画で判明!正式名称はフィガーランド・シャンクス

シャンクスの本名については以前から考察されていたところ。

今回の映画ONE PIECE FILM REDにてシャンクスが多く出演し、そこでの判明です。

尾田先生が大きく関わっているFILM系の映画だったことから「何らかの謎が解明する」「本編の伏線が張られる」と期待されていたところ。

ここで「シャンクスの本名の有力候補」が登場したことで話題となりました。

シャンクスの本名は「フィガーランド・シャンクス」である可能性が高いと言われています。
シャンクスは天竜人で出身はフィガーランド家

フィガーランド家は天竜人の家系であり、シャンクスはロジャーの船で拾われた赤子でした。

映画を観ていない方は小説版で確認してみるのもアリです。

本名はフィガーランド・シャンクス

シャンクスの本名が「フィガーランド・シャンクス」である可能性が高まっています。

その理由は先述した通り、映画の中で語られた言葉にあります。

五老星が映画のヒロインであるウタに対してフィガーランド家の者という明言をしていました。

ウタについては五老星の認識では「シャンクスの娘」ということになっていたので、シャンクスと同じくフィガーランド家の者と考えたのでしょう。

実際はウタはシャンクスの娘ではなく、手に入れた宝箱に入っていた子供です。

よってウタについては天竜人などではなく一般の子供であったと考えていいでしょう。

ウラヌスはイム様所持。起動に犠牲が必要

正式名称はフィガーラン・D・シャンクスの可能性アリ

シャンクスについてはフィガーランド家であり、天竜人だろうという可能性が濃厚と言われています。

そしてフィガーランドという苗字。

これがゴールド・ロジャーの時と同じ様に正式名称はフィガーラン・D・シャンクスかもしれないと言われているところ。

要するにルフィたちと同じくDの意志を継ぐ者ではないのかという説が出てきています。

よって場合によってはシャンクスの本名の読み方の正式名称は「フィガーラン・D・シャンクス」となる可能性もあります。

またシャンクスは双子説など、二人存在しているとする説も多く出ています。
シャンクス双子説は作画ミスの可能性アリか

単純に双子という安直な答えにはならないだろうと推察されています。

実際に二人いるとすれば「フィガーランド家」が何かしら大きな謎の解明に繋がる可能性もありそうです。

片方がフィガーランド家側で世界政府に加担していて、もう片方がフィガーランド家とは敵対する側で海賊側で導いているとする説もあります。

そもそも四皇シャンクスがフィガーランド家のことを知っているのかどうか。

五老星が知っていたのと、レヴェリー編のところでシャンクスが五老星に接触している点を見て「自分の素性は知っている」と考えて良さそうです。

ラフテルから戻ったロジャーに何かを聴いて泣いていたので、あの時点で素性は知っていたのかもしれません。

今後もシャンクスの本名が本編でどう扱われて、どう明かされていくのか。

現状では映画の話ということで「それは本編とは関係ない」と考える方々もいます(ワンピース映画はパラレルワールドとして扱われることが多いので)。

最終章の中盤以降でシャンクスの素性が語られることになるだろうと予想されているので、そこではっきりとしてくるでしょう。

詳細が分かり次第、改めて本名についての確定事項、並びに考察を更新していきます。

シャンクスはなぜ強いのか。覇気最強の存在



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ワンピース考察|ワノ国開国は不可能か!?鍵を握るビックマム海賊団と世界政府

2019.3.22

ワンピース考察|ワノ国開国は不可能か!?鍵を握るビックマム海賊団と世界政府

ワノ国の開国に向けて奔走する 麦わら海賊団・光月一家・ハートの海賊団。 しかし、ルフィはカイドウに敗れ捕虜とされる。 現状のままで…

よく読まれている記事

考察記事

ページ上部へ戻る