バキ道128話・確定ネタバレ考察|無敗を豪語する蹴速の理論が逃げも一手

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

バキ道128話・確定ネタバレ考察|無敗を豪語する蹴速の理論が逃げも一手

バキ道128話のネタバレを含む考察となります。

本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。

食は力、とかって話をした蹴速。

逃げたことについては逃亡ではなく「仕切り直し」だといいます。

めちゃくちゃな理屈ながら本人は大マジ。

だから未だに宿禰戦を含めて2000年無敗で全勝とのこと。

何を言っているのか。

要するに逃げても仕切り直しと言い張れば、ずっと無敗で勝った試合のみなので全勝ってことでしょう。

何か卑怯な気がします。

2斗(36リットル)を飲み干す雷電為右衛門

蹴速の食事のシーン。

とにかく食いまくる蹴速。

食=力ってことで強さを求めて食うってことらしいですが、食い過ぎです。

馬鹿みたいにピータンを平らげて、北京ダックも当たり前のように数本同時に頬張る。

徳川の爺さんのおごりでしょうが、何となく普段どれだけのエンゲル係数なんだって心配になります

蹴速の話には有名な雷電為右衛門が登場しました。

天下無敗と呼ばれた化け物みたいな力士です。

長野県の出身で勝率が9割6分2厘の怪物力士で、史上最強の力士としても知られています。

それに並ぶ勝率の力士と言えば谷風梶之助でしょう。

これも化け物じみていて258戦で敗戦は僅か14のみです。

勝率は9割4分9厘でした。

ちなみに現代力士って意味で見れば白鵬が尋常じゃない成績を残しています。

戦績がそもそも1187戦と怪物のような数の中で勝率が8割2分8厘です。

朝青龍が669戦で7割9分5厘だったと考えると、その記録の恐ろしさも感じるところではないでしょうか。

何にしても歴代の記録でランキング付けすると雷電為右衛門が最強と言われているところ。

そんな雷電為右衛門が2斗(36リットル)の酒を飲んで悠々と歩いて帰ったエピソード。

じつはこれはバキ道のオリジナルではなく本当に知られている逸話でもあります。

長崎で中国人との飲み比べの末に勝利して鞄などを贈られています。

仕切り直しという蹴速

範馬勇次郎との対戦。

これはどう考えても遁走、敗北でしょう。

しかし蹴速は「仕切り直し」だといいます。

無茶な言い分ですが、勝敗という意味ではたしかにそうかもしれません。

そして蹴速は宿禰との戦い、それこそ2000年前から当麻家は未だに無敗で全勝なのだと言いました。

誰も外野は納得しませんが、蹴速はそう思っている様子。

まだ蹴速と範馬勇次郎戦は正面衝突ではない方法で戦いが続いていくのでしょうか。

このまま全勝キープなら、もう範馬勇次郎とは戦わないと考えて良さそうです。

これまた次の展開は全然予想できません。

バキ道129話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2020.12.19

進撃の巨人考察|ユミルとは何者か!顎の巨人を継承で死亡!無垢の巨人から知性巨人へ

今回は始祖ユミルではなくエレンと同期の104期生ユミルについてお伝えします。 [caption id="attachment_6444…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る