ワンピースネタバレ1038話|考察|ルフィ勝利はまだ先!ウオウオの実の覚醒とズニーシャの関係

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピースネタバレ1038話|考察|ルフィ勝利はまだ先!ゴムゴムの実の覚醒とズニーシャの関係

ワンピース1038話の確定したネタバレを含む考察を更新しました。

ゾロの前に鎌を持ったアイツ現る。

基本はビッグマムVSキッド&ローの展開。

また雷ぞうやヤマトの動き

イゾウも少し描写されます。

ズニーシャなどの謎はまだ分からず。

ネタバレ可の方はコチラ
ワンピース1038話のネタバレ含む考察

※これより下は予想考察となります。
ネタバレを含んでも問題ない方は上記リンクより移動下さい。




怪鳥銃乱打(ロックガトリング)と軍荼利龍盛軍(ぐんだりりゅうせいぐん)のぶつかり合い。

そしてカイドウの腹部目掛けた蹴りの一撃

これがワンピース1037話で描かれてカイドウに白目をむかせることに成功したルフィ。

勝利目前という状況ながら極め技に名前が無かったことを加味するとまだカイドウは敗れていないでしょう。

そしてワンピース1037話にて新たな伏線の回収が行われそうな「悪魔の実の名前」について。

過去何百年も覚醒が無かった悪魔の実、それはゴムゴムの実かウオウオの実か、それとも別のものでしょうか。

ウオウオの実は隠された悪魔の実だった

ルフィの勝利が決する

カイドウに向けた一撃は相当なダメージを与えました。

しかし見る限りルフィもすでに体力の限界

あるとしてももう一撃大技を繰り出して、お互いにぶっ倒れて終わりって結末になりそうです。

ワンピース1037話で勝利確定とも取れましたが、四皇ほどの強敵を倒すのに最後の一撃に技名がついていないというのも先例から考えてなさそうです。

当然ながらサンジとゾロも大看板の二人を倒すのに最上級の新技を繰り出していました。

ワンピース1038話にてカイドウとの戦いに終止符が打たれる可能性も十分にあります。

ただそうなるとビッグマムよりも先にカイドウが倒されることになってしまいます。

まずは今の段階でもう一度、もう一人の四皇であるビッグマムとの戦いが描かれることになりそうです。

本物の女海賊もヤバかった
ビッグマムのモデルは人を食った

ビッグマムVSロー&キッド

ビッグマムと現在戦っているローとキッド。

悪魔の実の覚醒を利用して大ダメージを与えることに成功しました。

ワンピース1030話 ローの技によって内部から衝撃波を受けて血を出すビッグマム

ワンピース1030話/尾田栄一郎先生/集英社
ローの技によって内部から衝撃波を受けて血を出すビッグマム

しかし自分自身の寿命を使って巨大化したビッグマム

更に命をかけるような攻撃が求められる状況になっているのは見ずとも分かるところです。

ローのオペオペの実もまた特殊な悪魔に実であり、不老不死を現実化させるものと言われています。

世界政府が隠したい悪魔の実の一つと言えそうで、ビッグマム戦の最中に何かしらの伏線回収があるかもしれません。

どの悪魔の実が隠されたものなのか

新たに出てきた重要な伏線回収となる五老星の言葉。

何らかの悪魔の実の名前が隠されたというのが分かっています。

「いやあり得ん!もはやあの実は我々にとっても伝説だ。過去何百年も覚醒するなどなかった
「ではなぜ『世界政府は』は!わざわざあの悪魔の実にもう一つの名を与えた!」
歴史からその実の名前を消す為だろう!?」
-五老星たち-
(ワンピース1037話)

この悪魔の実が何だったのかはまだ定かになっていません。

最有力はゴムゴムの実となります。

そして他にもウオウオの実やオペオペの実ではないかという説もあります。
世界政府が隠したい悪魔の実の真実

ワンピース1037話での描写で最後にズニーシャの影が現れたことは何を意味しているのか。

モモの助はズニーシャと会話が出来ていた存在です。

ワンピース82巻 ズニーシャがモモの助に直接語りかけている大昔の罪

ワンピース82巻/尾田栄一郎先生/集英社
ズニーシャがモモの助に直接語りかけている大昔の罪

もしかしたらウオウオの実の幻獣種と言うカイドウの実が本当の名前を隠された実だったということもあるでしょう。

そしてカイドウは覚醒させられませんでしたが、モモの助が覚醒させることが出来たという展開です。

最有力のゴムゴムではなかったとすれば、その可能性も十分にあります。

ヤマトがモモの留守するワノ国を守る

火前坊とヤマトはどうなる

武器庫に向かっているヤマト。

火前坊は壁をすり抜けて一直線に向かっています。

危機的状況ではありますが、この火前坊を倒す展開もあるでしょう。

倒せるとすれば、ヤマトの氷結系の技か、もしくは炎の上位互換と言えるマルコの鳳凰ではないかと推測されています。

ヤマトが武器庫に到着して氷結で火薬を凍らせて、火前坊の火から一時的に守る。

そこでマルコが登場して火前坊そのものを消し飛ばすという状況になるかもしれません。

大口真神(おおぐちのまかみ)とは何か

モモの助が覚醒する

今は焔雲を引っ張って少しでも鬼ヶ島落下の時間稼ぎをしようとしているモモの助です。

もしモモの助の龍が覚醒状態になったとすればどうなるのか。

ズニーシャが現れたあたりも関わってきて、カイドウを超えた龍の力を手に入れるかもしれません

モモの助はルフィの船に乗る可能性があると言われている人物。

カイドウがルフィに敗れた段階でモモの助の龍の完全覚醒が起こる可能性は十分にありそうです。

ある巨大な王国の意志を継ぐという意味でツグツグの実とかなら、麦わらの一味としての悪魔の実の名前の法則にも該当してくるでしょう。

少なくともウオウオの実の幻獣種というのは正式なナレーションがあった訳ではありません。

ワンピース999話 ウオウオの実幻獣種をカイドウが食べた

ワンピース999話/尾田栄一郎先生/集英社
ウオウオの実幻獣種をカイドウが食べた

カイドウとビッグマムの会話に出てきただけのもので、隠された他の名前が存在していても何ら不思議はないでしょう。

多少強引ではありますが、2と9に絡む名前や、そもそもゾオン系ではないという、その可能性も考えておきたいところでしょう。

ズニーシャが悪魔の実の能力者の可能性

騒がせている考察の中には「ズニーシャが悪魔の実の能力者」という話も浮上。

あの巨大生物であるズニーシャは尾田先生によってナイタミエ・ノリダという種族名まで明らかになっています。

反対から読むと「ダリの絵みたいな」という意味です。

有名なこの二匹の象の絵です。

これがあったのでズニーシャは今も「双子説」が有力とされています。
(スリラーバークを出る時に現れた影が双子の片割れとする説)

ワンピース50巻 魔の三角地帯を出るときの巨大な生物の足

ワンピース50巻/尾田栄一郎先生/集英社
魔の三角地帯を出るときの巨大な生物の足

謎が多かったズニーシャではありますが、ワンピース1037話で登場したことでもしかしたらズニーシャそのものが悪魔の実の能力者ではないかという話も出ています。

ただ数百年間の覚醒が確認されていないという話。

今のズニーシャが何かしらの能力の覚醒に至っていると、船からの報告だけで判断できた理由

諸々の状況を考えると、やはりズニーシャは悪魔の実の能力者とは言えないでしょう。

何よりも海に足が浸かっている状態だと考えれば悪魔の実の能力者であるはずもありません。

やはりズニーシャがワノ国近海にあらわれて世界政府の艦隊のところにやってきたこと、それそのものの現象が何かの実の覚醒を理由としていると考えるのが妥当でしょう。

ウオウオかゴムゴムか、それとも全く違う実のことを言っているのか大注目の展開となっています。

果たしてワンピース1038話ではどんな展開が待っているのか。

※ワンピース1038話を少年ジャンプにて確認次第、改めてネタバレを含む考察を行います。今しばらくお待ち下さい。

ロックスの息子がティーチ(黒ひげ)で確定か



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

複数ライター様よりご寄稿頂いたネタバレを含む考察を掲載させて頂いております。編集時点で内容に誤りが生じる部分は直しを行っていますが全てに目が行き届かないケースもありますのでご了承頂けると幸いです。誤字などありましたらコメントで教えて下されば修正を行います。 またライター希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • 2022年 1月 25日 4:41am

    ズニーシャのとこパンクハザードじゃなくてスリラーバークでしょ

      • ヒソ神さん
      • 2022年 1月 25日 5:23am

      ありがとうございます!ライター様の記事の編集時に誤りに気付け無いことも多々ありますのでご指摘助かります!

ピックアップ記事

2017.10.9

【東京喰種:re考察】旧多とカネキは他人じゃないのか♣半人間説は作品としてあり得ない♠

(石田スイ先生 東京喰種 1巻引用) 旧多とカネキの関係。 和修の王となった旧多と、 隻眼の王を継承したカネキ。 共通点…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る