血の轍ネタバレ91話|「ぼくをころして」という小さい頃の静一。精神崩壊か

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

血の轍ネタバレ91話|「ぼくをころして」という小さい頃の静一。精神崩壊か

血の轍91話のネタバレ考察です。

壮絶な雰囲気になってきた静一の心の中でのママとのやり取りです。

ママにとって静一がどう見えていたのかが分かりました。

静一は自分が見たい自分とは全く違う自分を見ています。

但し、どちらが本物であるのかは定かではありません。

ママに落とさせたのは静一

見た目から全く違っている静一でした。

血の轍90話 ママから見た静一の姿

血の轍90話/押見修造先生/小学館
ママから見た静一の姿

目つきも悪く陰気でママに対して負の感情を抱いている事がすぐに分かる表情です。

更にママに対してしげるを落とさせようとしています。

その落とす直前の静一の表情は歓喜に近いものでした。

たしかに僕は思ってたんかな。
心の底で。
「落とせ」
「殺せ」って。
-静一-
(血の轍91話)

静一は心の中にあった狂気に満ちた静一の笑顔に釣られて少し表情が緩みます

しげるが殺されるというのにどこかで悦びに似た感情があったのでしょう。

ママを縛っていたのは静一

静一は自分がママをしばり続け、ママを追い詰めていたのではと考え始めます。

今静一から見えているママの過去は美しいママではありません。

困った表情で静一の動向に気を配り続ける恐れを抱いた中年の女性

そんな表情を静一は見ています。

美しかったママが歪められたものであれば、この普通の中年の女性が本来のママであり、怯えを本物だったということでしょうか。

生まれた時から僕は、僕こそがママの苦しみの元だったん。
全部ぜんぶ、僕のせいだったん?
-静一-
(血の轍91話)

今正にしげるを押そうとするママに対して問いかける静一です。

静一はその事に気付いて「ごめんね」と謝りながらキスをします。

血の轍91話 歪んだ愛情を見せる静一

血の轍91話/押見修造先生/小学館
歪んだ愛情を見せる静一

母親にです。

精神の世界とは言え、実の母親に謝りながら口づけをする静一。

この歪み方は尋常なものではないとすぐに分かります。

そして泣き出す静一。

どうすればいい?」と次の行動についてもママに問いかけています。

ここにいるママは本当のママではなく静一の精神世界の中にいるママに過ぎません。

僕が生まれてこなければよかった

静一が出した答えは一つです。

生まれてこなければ

そう考えた途端、後ろに現れたのは静一の子供の頃です。

ママに落とされたことのあるアノ頃の静一が姿を現しました。

あのとき。
ままにおとされたとき。
ちゃんとしななかったからだめだったんだ。
せっかくままが、ぼくをころそうとしてくれたんに。
ぼくを、ちゃんところして
-静一-
(血の轍91話)

この精神世界で子供の頃の自分を殺してしまったとすればどうなるのでしょうか

血の轍91話の考察はここまでです。

本当に壊れてしまうのか、それともこの頃を受け入れて改めて自分というものを取り戻すのか

後者であれば、新たに自分の道を引き開くきっかけになる可能性も十分にあります。

血の轍92話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.18

【ハイキュー考察】北信介が曲者過ぎてヤバい♠緊張ナシしくじらないプレーヤー♦

(古舘春一先生 ハイキュー 274話引用) 稲荷崎のキャプテンで、 監督からは 「絶望の継続」と 評される人物。 北信介。…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る