血の轍124話【考察と感想】ネタバレ含む|ママの部屋に入る。まるで恋人手前のような雰囲気

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

血の轍124話【考察と感想】ネタバレ含む|ママの部屋に入る。まるで恋人手前のような雰囲気

血の轍124話のネタバレを含む考察となります。

本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。

アパートのお金を払ってあげることにした静一。

それにしてもバアさんのはずなのに綺麗なママに見えているってところに静一の闇を感じます。

本当の顔って最初からずっと分かりません。

ママの若い頃に見えているというよりも、こんな顔じゃないと考えてもいいでしょう。

何にしても血の轍で部屋に誘われる静一。

なんとなく恋人になる直前って雰囲気にも見えます。

家賃は払ってあげる

ママは認知症で静一が何者かも分かっていません。

でも家賃を払ってあげる静一。

その静一の雰囲気は、もうママに取り込まれたもの。

なんでしょう、感覚としては「好きな女性のために」みたいな雰囲気が出ています。

なんでしょう、この感じは最近流行っている「殺戮にいたる病」に似た悍ましい感覚になります。

母親に求める愛情が、いつしか恋人、異性に向けるものになっていく静一ってことでしょうか。

とりあえずこの場所で住むことについては継続することが出来ましたが、だからといって進む認知症にどう静一が対応していくのでしょうか。

部屋に誘われる静一

お世話になったって感覚でしょう。

ママに部屋へ誘われます。

でもママは他人の誰かに救ってもらった、みたいな状況です。

もしママにも助けてもらったという理由で静一に恋心を抱いたらどうなるのか。

ただ忘れちゃいけないのは、本当は婆さんです。

別に歳をどうこういうつもりはありませんが、現実として婆さんと中年の上に息子と母親。

間違いは起こらないで欲しいと願うばかり。

ママとどういう関係を築くのか

ママは静一のことを忘れています。

静一も静一でまともには受け止められていません。

それはママが若い頃の美しいママに見えていることでも分かります。

今となっては若い頃のママなのか、それとも静一が理想とする女性の姿に見えているのかも不明。

何にしても、ここで部屋に上がり込んでお茶を飲んで、それで終わりってことはなさそうです。

何もかも忘れてしまっているママと共に、新たな関係を築いていくのか。

しかもママは今の静一になんとなく頼っている感じがします。

それが静一の中で高揚感というか幸福感に変わるのかもしれません。

男女関係ではなく、歪な親子関係として静一はママのところを頻繁に出入りすることになるのでしょうか。

血の轍125話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

編集部

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.9.1

【キングダム考察】山の民は実在したのか♣バジオウはオリジナルで楊端和は史実♦

(原泰久先生 キングダム引用) 山の民が大きく活躍した、 鄴攻めという戦い。 今まではどちらかといえば、 援軍に近い様子が描…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る