Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

進撃の巨人ネタバレ117話(確定考察)|ライナー・ポルコVSエレン・ジークが勃発!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
進撃の巨人ネタバレ117話(確定考察)|ライナー・ポルコVSエレン・ジークが勃発!

進撃の巨人117話でエレンはポルコとライナーと戦う展開となった。
(別冊マガジン2019年6月号より)

かなり強い戦鎚の巨人の能力を使えるエレンではあるが、
ライナーとポルコの攻撃に若干苦戦する。

兵士たちも雷槍を使って応戦している。

ピークは車力の巨人となり、
マガト元帥(一気に昇格した)の長距離射撃でエレンを攻撃。

エレンに危機が訪れるが、
そこに現れたのは獣の巨人となっているジーク。

壮絶な巨人の戦いが始まる。

進撃の巨人117話を考察していこう。

最終回の1コマは誰?




進撃の巨人117話 ポルコVSエレン

飛行船から多くの兵士が壁内に降り立つ。

エレンは下から現れた顎の巨人であるポルコとの対戦。

ピークも車力となりガビを連れて逃げ出していく。

飛行船から一つ対巨人砲を落下させていて、
これを車力の巨人が装備することになる。

イエレナはエレンに地下に逃げるように伝えるが、
話は聞かずに空から降ってくる予定のライナーとの戦いに挑む様子。

マーレのこの行動がライナーの助言によるものだと分かっているエレン。

黒幕は大地の悪魔

ライナーVSエレン

地上に降り立った鎧の巨人と対戦に入るエレン。

ピークはマガトの元にガビを連れて戻る。

ファルコがジークの脊髄液を飲んでしまった事を報告している。

マーレの作戦は始祖の巨人の奪還にある。

ライナーはエレンを喰う覚悟でここに現れたと言える。

肉弾戦を広げるが、
この辺りの体術はやはりライナーが上手と言えるか。

ポルコも参加して一気に倒そうとするが、
戦鎚の能力によって動きを止められてしまう二人。

そこに現れる雷槍を持った兵士たち。

これで決まれば楽だが、
当然そんなはずもない。

ピークに積まれた放題が火を噴く。

未来の記憶にエレン不在




マーレの対人軍力

一ヶ月で軍の上層部破壊から立ち直ったマーレ。

頭を撃ち抜かれたエレン巨人は動きが止まってしまう。

脳を再生するまで動きが鈍る。

雷槍を持った兵たちはマーレの銃を持つ一般兵に射撃される。

この辺りの軍力はマーレに軍配が上がると言っていいだろう。

通常の対人戦闘を繰り返した軍隊相手。

立体機動装置で逃げ出そうとするが、
飛行船からの射撃も手伝って兵は一気に敗れ去る。

始祖ユミルと女神イズン!?

ジークが現れる

圧倒的なマーレの武力の中で、
エレンが喰われてしまうと心配するエレン派の人間たち。

しかし、
イエレナはエレンは特別な存在だと信じている。

マガトはエレンの頭を射撃し続ける。

戦鎚は強力だが消耗も激しい巨人。

エレンをライナーが喰おうとするが助けが入る。

ライナーが吹き飛び、
壁の方角には獣の巨人。

後は兄に任せろと言うジーク。

マーレ有利と思われたが、
ジークの登場によって状況は一変する。

【こんな記事も読まれています】

⇒【最終回の1コマは誰!?
⇒【記憶の改竄と操作はなぜ?
⇒【未来の記憶にエレン不在!
⇒【エレンが最後に地ならし!
⇒【二千年後の君への意味!?
⇒【始祖ユミルと女神イズン!?
⇒【巨人大戦は絵で予知された?
⇒【九つの巨人の名前と能力!



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る