Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アオアシネタバレ168話(確定考察)|桐木のラストパスで1点をもぎ取る!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
アオアシネタバレ168話展開予想|VANSとの戦いに専念する桐木!チームは味方と気付く!

(小林有吾先生/小学館/アオアシ)

アオアシ168話の冒頭から桐木の
思考が描かれていく。

何と戦っていたのかと自分の思考に
深く入り込もうとする桐木。
(上部画像 167話より)

・桐木は仲間の顔を見て何を思う

福田監督は桐木の今までのプレーの
全てを変えろとは思っていない。

エゴの変化という言葉を使っているが
要するに目的を見失うなという部分に
尽きるのだろう。

サッカーはチームスポーツであり、
みんな自分の成長はもとより
チームで相手に勝つ事を目的に
戦っているのは間違いない。

それでは168話を詳しく見ていこう。

アシト母の手紙が泣ける




仲間を見捨てていた桐木

遊馬の利き足の話から、
桐木は自分が仲間の利き足すら知らない
事に気が付く。

これは大きな一歩と言える。

桐木は試合の前から見捨てていた

桐木はメンバーの顔も見ずに
出来ないというレッテルを貼っていた
自分の事が分かってくる。

これによって何をすべきかも分かる。

相手側は大友の効果は分かるが
最終的な狙いが分からないままになっている。

結果的に手が打ちきれない。

チームメンバーは出来る

桐木が決めつけて見捨てていた
Aの控えのメンバーではあるが
そのレッテルが大きく間違っていた
という事実に気が付く。

桐木はメンバーが出来ると気付く

大きく変化する桐木。

見捨てずに選手をしっかりと
見るプレーをここから行う。




桐木のラストパス

相手チームは桐木を使おうと
していることが分かっても
その先が見えていない。

結果的に桐木へのマークを増やすのか
パスコースを防ぐのか
定まり切らないプレーとなってしまった。

これはサッカーというスポーツに
おいては致命的な状況と言える。

全てが後手に回ってしまい
試合の支配はエスペリオンがする事になる。

DFラインが上がり、
大友がセンターラインで受けて
桐木にパスを通す。

ボールを持った桐木はパスを
遊馬に送る。

また同じように無理に見えるライン。

届かない遊馬へのパスは
傍から見れば何も変わらない桐木のエゴ
に見えてしまっただろう。

現実は全く違う。

桐木は仲間を信じた

桐木はAの控えで何も出来ないと
見捨てていたメンバーを信じた。

遊馬のゴール

届かないと思われたパス。

それはバックスピンがかけられ
遊馬の利き足にドンピシャ。

衝撃的な技術力を持っている
桐木の絶妙なアシストによって
エスペリオンは待望の1点をもぎ取る。

・後半36分での1点
・桐木の気付きによるプレーの広がり

この二点を考えると、
VANSがここから追いつき追い越す
というのは非常に難しい。

指揮陣営も策を練るのが
難しい状況と言えるだろう。

エスペリオンの勝利は目前であり、
桐木の成長からAの控えと言われた
このチームも代表が戻る前に
大きな進化を見せるのかもしれない。

もう代表に行かないと学べないとは
桐木も思わないだろう。

【こんな記事も読まれている】

⇒【アシトのBチーム降格はある!?
⇒【アシトの母親の手紙で感動!
⇒【武蔵野の金田から学んだ執念!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る