Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

源君物語ネタバレ332話確定と333話|大学を辞める明石と十五日限定の恋人同士!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
源君物語ネタバレ332話確定と333話|大学を辞める明石と十五日限定の恋人同士!

(稲葉みのり先生/集英社/源君物語)

一時的な恋人同士というのを打診された光海。

お互いに部屋に戻り話をすることになるが、
相性が良かった光海としては
本当の恋人として付き合いたいと考えるのは
当然の流れに思える。

しかし、
どうやら明石の思いは違い様子。

占いが基本になっている生き方。

光海に関してもそういった部分で
見ているのは間違いないが、
何より明石は大学を継続する意志が
無いという話も登場する。

光海はどうするのか。

光海の経験人数




恋人に興味があった明石

明石はずっと恋人という存在に
興味があったと言う。

占いでは定番の悩みながら、
自分では体験していないというのが
一つの弱みになっていたのだろう。

カードの縁もあるからと言う明石の言葉に
光海は自分を好きになって期間限定の
恋人同士の話をしている訳ではないと感じる。

しかし、
光海としては一緒にいて和みを
感じていただけに普通の恋人に
なりたいと思うのは当然だろう。

何より明石は可愛い女の子だ。

性格に難がある様にも現状では思えない。

そこで明石はもう一つの事を明かす。

夕との別れの原因

大学を辞める

まさかの展開だが、
期間限定という理由の一つに大学を
辞めるというものがあるらしい。

どうやら占いに専念するから
という理由の様だが、
生活の全てを占いに捧げていく覚悟が
明石にはあるのだろう。

交際前にヤラない理論




一緒に布団の中に入る

話していると二人が部屋に入ってくる。

花札をやろうと。

咄嗟に布団に隠れた二人。

諦めて去っていくが、
一緒の布団で明石の匂いをかいでいると
当然光海もただでは済まないと
感じるのではないか。

今は一時的な恋人同士。

性欲は悪いものではないと言い切った
光海ならこのチャンスを逃さずに
ものにしていくのか。

朝日は付き合うなら可

一線を超えて癖になる

明石は性欲を否定しようとした。

しかし、
人間的にもそれはかなり難しく
面白さに欠けると言える。

一緒の布団に入り、
今は一時的な恋人としている明石。

その明石に対して、
光海は自分のことを好きにさせたい
という気持ちが出てくるかもしれない。

やはり体を重ねる事でそういった要素が
大きくなる事は多い。

女性は特にそうだという。

一緒の布団で一先ず今なら邪魔は入らない。

しかし、
見られる怖さもある中だけに
また神社に向かうのではないか。

神社で一線を超えるというのも
田舎の祭りで良くある事というが、
光海が実践するとなれば
また一つステージが上がる気がする。

光海と明石の関係はこの先どうなるのか。

経験だけが増えて恋人が出来ない光海。

そこに悩む展開もありそうな予感。

332話 明石の願い

【こんな記事も読まれている】

⇒【交際前にヤラない理論は古い!?
⇒【女性に慣れて朝日の心を掴む!?
⇒【光海の初めて桐山葵ともう一度!?
⇒【朝日の付き合うならOKはヤバい!?
⇒【光海の経験人数は何人に!?
⇒【常夏夕との別れの原因とは!?
⇒【玉鬘るりとの関係は進学後!?
⇒【月子と関係で朝日の嫉妬爆発!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.7.12

【ハンターハンター考察】エンペラータイム(絶対時間)の制約が厳しすぎる♠クラピカの寿命僅かか♣

(ハンターハンター 絶対時間 9巻 引用) 旅団編で 最初に登場したエンペラータイム。 ウボォーギンとの 戦いがその登場の幕…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る