【進撃の巨人考察】壁の秘密♦中の巨人は何体か♣想像を超える広さの領土♠

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(進撃の巨人 壁内の人類の生活範囲 2巻 引用)

壁の中に巨人がいることは
すでに物語の中から
確定している。

お互いに腕組みしながら
巨人化しているような
様子も描写として
出てきていた。

では、
実際にどのくらいの数の巨人が
そこにはいるのか。





壁の長さ

計算する前に、
母体となる壁の長さを
見てみることにする。

壁は中心から、
3つの円を描くように
築かれている。

若干の凸凹は無視
するとして、
その長さは
ウォール・シーナが半径250km、
ウォール・ローゼが半径380km、
ウォール・マリアが半径480km
というとてつもなく大きな
円をとなっている。

これが分かれば、
全体の長さが分かってくる。

円周の求め方は、
「直径×π(円周率)」

まず、
ウォール・シーナが
250+250×πで
おおよそ1,570km。
※π=3.1415で計算

ウォール・ローゼが、
380+380×πで
おおよそ2,387km。

そして、
一番外側の
ウォール・マリアが、
480+480×πで
おおよそ3,015km。

この3つの壁の長さを
合計すれば、
全長が明らかとなる。

1570+2387+3015で、
6,972km。

日本の南北の全長が
おおよそ3,000kmと
言われているので、
壁の全長でいえば往復して
まだあまりがあるほど。

東京-大阪間が
500km程度と考えれば、
実に7往復分程。

かなりの長さだと分かる。

領土も広い

壁の全長の長さが分かったけど、
領土はどの程度なのか、
気になるところ。

これも、
円形なので分かりやすい。

外側のウォール・マリアの半径が
480km。

円の面積の求め方は、
半径×半径×π

要するに、
480×480×πとなる。

730,773平方km。

かなり広い。

また、
日本と比較してみると、
分かりやすいだろう。

日本は、
378,000平方kmの国土。

要するに、
日本の国土の約2倍が
壁の中にはあったのだ。





壁の中の巨人

それでは本題に移っていこう。

壁が巨人によって
作られているのは、
もはや明確なこと。

女型の巨人が
壁を登った際に現れた
壁の中の巨人。

そこから推測するに、
壁とほぼ同程度の身長を
有している巨人が敷き詰め
られていると考えられる。

その様相も超大型巨人の
皮膚がない感じと瓜二つ。

恐らくは、
50mほどの巨人であると
思って良さそうだ。

もう一つは、
手を組み合っている
様子の描写。

これをそのまま信じるとすると、
壁の中の巨人の数が
おおよそ分かってくる。

若干肩と肩の間に
隙間があるが、
これが詰まっていると
仮定してギュウギュウに
巨人が詰まっていると考える。

となれば、
50mの身長に対しての肩幅。

肩幅は身長の約1/3.8と言われる。

男女の差もあるが、
このまま計算してみると、
壁の中の巨人の肩幅は、
13.157mとなる。

これを、
円周である6,972kmと
合わせて計算すれば、
どの程度の巨人が壁にいるのかが
出てくるだろう。

6,792,000÷13.157
=516,227体

実に51万6千もの超大型巨人が
埋まっていることになる。

幾千万もの巨人

51万体でも十分驚異的な数字
ではあるが、
145代フリッツ王が言っていた
言葉と重ねると違和感がある。

フリッツ王「今後我々に干渉するなら、
壁に潜む幾千万の巨人が
地上を平らにならすだろう」(86話より)

さすがに、
51万を幾千万と数えることは
考えにくい。

「すごく多い」
という意味でそう伝えた
可能性は十分にあるだろうが、
もしも本当に幾千万という
数がいるのだとすれば、
この壁がかなり地中深くまで
存在しているということ
なのかもしれない。





壁の下にも壁

壁を掘って捕まった人物がいた。

その時に、
壁は地中にもつながっていることが
伝えられている。

もしもこの壁が
肩車のように何人もの人間が
巨人化して作り上げている
のだとすれば、
幾千万にも到達するのかもしれない。

ただ、
単純に下に50m級が
重なっているのだとすれば、
幾千万の始まりである
1千万体に至るまで50万の20倍が
必要になる。

要するに、
50×19=950mの地中深くまで
壁が続いているという
ことになる。

そもそも、
この地中深くまで
人間が侵入出来るとも
考えにくいことから、
これはおそらくありえないだろう。

敷地の底にも

もう一つの可能性として
ありそうなのは、
壁の中の地中である。

その地中の中にも、
巨人が敷き詰められて
いるのだとすれば。

幾千万を達することも出来るだろう。

ただ、
これもどうやって?
という部分が解決出来ない。

となれば、
恐らくはこの50万体ほどの
驚異的な数を「幾千万」と
誇張して伝えたというのが
事実になるのだろう。

それにしても、
かなりの数。

扱えれば、
負ける理由はほとんど無くなる。

勿論、
陸上戦という意味ではになるが。

⇒【アッカーマンは巨人の子供!?
⇒【リヴァイの最期!?神トール共通点

【こんな記事も読まれています】

⇒【最強ランキング!強いのは誰!?
⇒【顎=ユミル!最後の巨人は?
⇒【グリシャは地下室をなぜ秘密に?
⇒【座標とは何か?悪魔の力と受け皿
⇒【九つの巨人の能力と過去!?
⇒【初代レイス王が壁に籠った理由!?
⇒【二千年後の君への意味は!?
⇒【ジークが隠す王家の秘密?
⇒【ループ説はマジ!?
⇒【ミカサもアルミンも過去に!?





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメント

    • ななしの巨人さん
    • 2017年 8月 30日 9:32am

    壁の中=壁になっている巨人だけではなく、壁の中で暮らす人間も頭数に入れている可能性はないでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

ワンピース考察|象主(ズニーシャ)の罪とは。陸王類で大きさから実力も最強クラス!

2022.1.9

ワンピース考察|象主(ズニーシャ)の罪とは。陸王類で大きさから実力も最強クラス!

ズニーシャは何らかの罪を犯して1000年も歩き続けていました。 背中は大陸のように大きくミンク族が住み続けています。 [capt…

よく読まれている記事

考察記事

ページ上部へ戻る