【ベルセルク考察】グリフィスなぜ蝕で仲間(鷹の団)を生贄に!?クズで嫌いな人が多い!?結末は死亡か!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(三浦建太郎先生/白泉社 ベルセルク 39巻引用)

グリフィスというと
国を手にしたいがために
修羅の道を歩んでいた
キャラクターですが、

いつしか
本当の鬼になって
しまいました。

そんなグリフィスの末路は
どんなものになるのか?

今までの経緯も軽く
整理しつつ見ていきます。

⇒【髑髏の騎士=カイゼリック!?
⇒【グリフィスとガッツ和解!?




蝕で団を生贄に

グリフィスは蝕で
鷹の団を生贄に
捧げました。

理由といわれれば
シンプルに“国を手にする”という
夢を諦め切れなかったから
という事になるでしょうか。

シャルロットには、

グリフィス
「しかたなく生きる・・・・・・・
そんな生き方オレには
耐えられない」
(三浦建太郎先生/白泉社
ベルセルク6巻/貴きもの引用)

とも語っていましたが、

蝕を行わなかった場合には
鷹の団が壊滅させられるか、
他国に吸収されるして
自然消滅する事に
なっていたでしょう。

もしかしたら、
ガッツやキャスカ、ジュドーが
才能を開花させて、
鷹の団をもう一度
押し上げていたかも
分かりませんが、

しかしながら
グリフィス無しでは
やはり難しいと感じさせます。

あのまま廃れて
死んでいくのは嫌だ、
夢を諦めきれない、
そんな想いがグリフィスを
後押ししたんだと思えます。

作中風にいえば
そういう運命にあったと
もっとシンプルに考えても
いいかも分かりませんが。

⇒【キャスカどうトラウマを克服!?
⇒【キャスカ完全復活ならず!?

クズ嫌い

グリフィスの行いを
嫌う人は多い様子。

ネットでグフィスと
打ち込んでみると
ネガティブなワードが
目立つ。

ベルセルクというと
黄金世代が好きな人が多く、
その登場人物がほぼ全員死んだ
というのが大きいでしょうが、

しかしながら
自分の夢の為に仲間を
食いつぶすその姿勢が
やはり宜しくないといった
ところでしょうか。

確かに、
いくらグリフィスが
自分の夢を諦め切れなかった
からといって、

仲間を全員犠牲にしてまで
前進しようとしたのは
頂けない。

仮に自分の手足が事故でもがれ、
友達や家族を犠牲にして
手足が再生するとしたら、

その選択を取る人は
どれくらいいるもの
なのだろうか。

また、
その先の人生ははたして
有意義なものと言えるのか?

それこそ心を殺さない限りは
難しいものになるのではと
思う部分があります。

そういう意味では
グリフィスもまた
人の心が残っているなら
いつしか後悔をする事に
なるんじゃないかと思えます。

⇒【ガッツがモテモテ!恋人は誰に!?
⇒【髑髏の騎士=カイゼリック!?




グリフィスが目指すのは

グリフィスが目指していたのは
“国を手にする事”。

しかし、
いつしかガッツからは
それすらも通過点に過ぎない
との話しがされるように。

実際、
グリフィスは
ファルコニアを築いたのに
手を止めようとしていない。

ではその次に一体何を
望むというのでしょう?

次は世界征服でも
して見せようと
しているのでしょうか?

ただ、
進むことを止めない彼なら
世界征服をしたとして、
ではようやく立ち止まる事に
なるものなのか?

いや、
次はその上にある
神をも超えようとするのでは?

そう考えていくと
終わりがありませんが、

個人的には世界征服までは
描かれないのではないかと
思えます。

ベルセルクは長く続く作品ですが、
そこまでやるとなると物理的に
作者や読者が厳しい…;;

となると
世界征服を目指すにしても
途中で夢は潰えることに
なるでしょう。

⇒【グリフィスとガッツ和解!?
⇒【キャスカどうトラウマを克服!?

結末

グリフィスはゴッドハンドとなり、
人の心を失ったのかと思いきや、
ガッツ達の前に姿を現した時には
心臓が高揚する描写があったので、
多少なりの感情は残されていると
考えられます。

なぜまだ少し残した状態に
しているのか。

神に近い身体を手にし、
鬼の心と化して、

完全悪にしてガッツに
葬られても良い存在に
仕立て上げることも
出来ましたが、

そうしなかったのは
やはりグリフィスに
もう一度選択を迫るつもりで
いるからなのでは?とも
考えられます。

そういう意味では
最後の最後に人間らしい部分も見せて
散っていく事になるのではと
思えますね。

何しても、
ガッツの事もあり、
仲間を犠牲にした事もあり、
生き残ることはないんじゃないかと
考えています。

⇒【キャスカ完全復活ならず!?
⇒【ガッツがモテモテ!恋人は誰に!?




まとめ

ということで、
グリフィスの最期は
ガッツに倒されて“完”
というのも良いでしょうが、

それとは別の展開も
良いんじゃないかと思えますね。

結局、
グリフィスの目指す所に
世界平和なるものが
実現するならそれはそれで
良いですが、

その終わり方は
何とも言い難いので、

やはり
ガッツ達とバチバチ
やった上で、

どう収めていくのかが
楽しみですね。

とはいえこれは
あくまでハッピーエンドを
想定したものですから、

バッドエンドを目指すなら
もっとドロドロした展開に
なっていく事でしょう。

そうなると
彼らは最後の最後まで
ベヘリットやら深淵の神やらの
奴隷のままで終わる事に
なりますけど…。

個人的にはハッピーな方向を
望んでますね。

ではご覧頂き
ありがとうございました。

⇒【グリフィスとガッツ和解!?

【こんな記事も読まれている】

⇒【髑髏の騎士=カイゼリック!?
⇒【グリフィスとガッツ和解!?
⇒【キャスカどうトラウマを克服!?
⇒【キャスカ完全復活ならず!?
⇒【ガッツがモテモテ!恋人は誰に!?




The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.12.31

【東京喰種:re考察】六月のタロットの行方は?主人公の金木か本人か?作用するの誰に!?

(石田スイ先生 東京喰種:re 1巻引用) 154話では、 六月のRc値が3だと発表され、 更に赫子にはタロットの隠れ数字 4と…

よく読まれている記事

ピックアップ

2018.2.25

【ハンターハンター考察】ハルケンブルグの霊獣は超万能!?相互協力型による強化と記憶改竄の操作系を併せ持つ!?

(冨樫義博先生 ハンターハンター 361話引用) ハルケンブルグの ガーゴイルのような 守護霊獣。 遂に能力が 明らかにな…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る