【アオアシネタバレ】141話は冨樫とアシトが大きなレベルアップを果たすか♦自ら考える姿勢が別格♦

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(小林有吾先生 アオアシ引用)

冨樫が素直にアシトに
サッカーを教えてと言い始めた。

それにも驚いたが、
夜遅くに守備練習をするという
ポジティブな発言からもAでの生き残りを
覚悟したと言えるだろう。

そして、
広すぎるアシトの視野に関しても
冨樫は改めて認めるしかない存在と
感じたのかもしれない。

すぐに望に頼んでいた2人とは異なり、
この2人はきっとAチームでの
立役者に成っていくだろう。

⇒【アシトの母親の手紙で感動!





自分で考えて行動する

人に教えてもらって聞くのも
当然大事なこと。

これは福田監督も言っていた所だが、
望に聞くのは少し違うと考えていたアシト。

それは冨樫も同じだったのだろう。

まさかアシトに教えてくれと言うとは
思っていなかったが、
聞くべき相手という意味では
やはりアシトで正解だったのだろう。

ちょっとしたプライドが
人の成長を弱めることは現実世界にも
多く存在している。

そういったプライドをかなぐり捨てて
Aチームでの成長幅を広げたと言える冨樫。

当然それに影響を受けたアシト。

この2人の自ら考えてお互いに伸ばし合う
というスタンスでのサッカーは
サブの力を大きく前進させていくのではないか。

振り絞った2人の練習に対して、
栗林も当然ながらアドバイスを
送ってくれるだろう。

それがわかりやすいかどうかは不明だが。

⇒【アシトのBチーム降格はある!?

サブとメイン

サブの力が増してくれば、
控えとして本戦への出場機会も増えていく。

メインの選手としても、
心に余裕を持ってプレー出来ることを
考えると更に一歩進んだサッカーが
出来るようになるだろう。

何よりも、
いつも戦っているサブこそが一番の強敵
ということになってくれば、
エスペリオンの強さは頭一つ抜けていく。

福田が求める育成のスタイルは
まさにそういった部分にあるのではないか。

ヨーロッパと同じ様に
ユースが活躍する場面を増やしながら
世界に轟く日本のサッカーを作り上げる。

栗林は勿論のことながら、
アシトに冨樫、
そして阿久津もまた世界に名前を
轟かせる選手となっていくのか。

そうやってエスペリオンから出てきた選手が
大きな部隊で注目されるのが
楽しみでならない。

【こんな記事も読まれている】

⇒【アシトのBチーム降格はある!?
⇒【アシトの母親の手紙で感動!
⇒【武蔵野の金田から学んだ執念!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.11.30

【東京喰種:re考察】和修から出た隻眼の喰種は旧多の父!?エトと似た思想!?ヒデが遺志を引き継いでいる!?

(石田スイ先生 東京喰種:re 151話引用) 政からは、 地下の王が和修から出た 隻眼の喰種だったと 明らかになりました。 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る