【東京喰種:re考察】六月死亡せず生存確定♦クインクス班は不知(しらず)だけが犠牲者か♣

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(石田スイ先生 東京喰種:re引用)

六月のこれまでは
かなり悲惨なものだった
様に見える。

クインクス班にも
男として入隊。

佐々木はそのことに
気付いていた様ですが
その前にすでに
歪んでしまっていた
六月。

トルソーに捕まって
その部分が強調されて
しまった。

⇒【六月がQsの究極系!?赫者超え!?





六月はRc細胞を完全制御

六月のRc値は、
まさかの「3」

完全にRc細胞を
制御しているという。

そんなキャラは
過去にも登場してはいない。

ドナートなどは
そのレベルに
達しているのかもしれないが
ヒトからそれが可能に
なったと考えれば
可能性と恐ろしさの
両面が見える。

特に六月は
佐々木への想いから
かなり狂っていた。

六月の死亡説は
ずっと囁かれていたが
実際そうならなかった
ことでハッピーエンドの
可能性が見えてきている。

⇒【六月とカネキと夕乍の3つの謎!?

六月の生存が確定

瓜江と才子との戦い。

六月も本気で
コロしにかかるが
やはりシャトーでの
思いが胸の内に流れ出す。

大きな心の支えに
なっていたシャトー。

自分を責め続け
死ぬべき人間と
自ら命を絶とうとする。

最後には
才子の言葉が
きっかけで六月は
改心することになった。

これで元クインクス班は
不知を除いて
全員が無事だったと
言っていいだろう。

⇒【ヒデが口を隠す理由!?





不知の再登場はないのか

不知だけが
序盤でコロされてしまった。

しかし、
遺体はすでに
奪われており
ひょっとしたら
生き返って登場という
展開も囁かれていた。

この終盤で
再登場するのだとすれば
誰が何のために
送り込むことに
なるのだろうか。

場合によっては、
カネキ以上の
脅威ということも
あるかもしれない。

そうなれば、
残り数話での終了は
ないと言える。

⇒【不知がラスボスの可能性!?
⇒【赫者で精神異常が起こるのは!?

カネキを救うのはクインクス班

何らかのカタチで
不知も登場して、
クインクス班が全員で集合。

そして、
そのメンバーが
カネキを救い出す
ということになれば
実にキレイな展開。

実際に、
東京喰種:reの始まりは
佐々木琲世という人物が
主軸におかれながら
瓜江などを主人公格として
描かれ続けていた。

佐々木琲世=カネキ
というのは当初の
予想通りだったが
この人間の捜査官として
生活した東京喰種:reの
始まりの部分。

カネキはすでに
共存の世界を
見出していたと
言ってもいいだろう。

喰種の王となり、
最終的には喰種もヒトも
関係なく喰らう化物と
なったカネキを
カネキに育てられたとも
言えるクインクスが助ける。

その後のカネキの
扱いなど気になる点は
多く残るが、
エンディングとしては
成立するように思える。

⇒【鳥・蝶・虫は何の伏線か!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【赫者で精神異常が起こるのは!?
⇒【ヒデが口を隠す理由!?
⇒【六月がQsの究極系!?赫者超え!?
⇒【六月とカネキと夕乍の3つの謎!?
⇒【ヒデとカネキが成した偉業!?
⇒【嘉納の目的は喰種の医療利用のみ
⇒【タロット7でカネキ暴走!?
⇒【覚醒クインクスの最強はダレ!?
⇒【有馬貴将は作中で最強なのか!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2018.4.19

【七つの大罪考察】エスタロッサがマエルに勝利!?夜に不意打ち!?力を隠している!?

(鈴木央先生 七つの大罪 252話引用) エスタロッサ VS タルミエル サリエル が描かれている 現状。 しかし…

よく読まれている記事

ピックアップ

2018.1.11

【イジメの時間考察】天童歩は鈴木山を許さない♦今までの恐怖をお返しするのか♣

(くにろう先生 イジメの時間引用) 天童が鈴木山を拘束して 暴力の限りを尽くす。 水に流せという 鈴木山の発言が 歩を更に…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る