五老星は悪魔の実ではなく純粋な妖怪または怪物の異形を持つ存在!悪魔の根源|ワンピース考察

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

五老星は悪魔の実ではなく純粋な妖怪または怪物の異形を持つ存在!悪魔の根源|ワンピース考察

五老星が悪魔の根源。

当初は「原初の悪魔の実」ではないかとも言われていました。

実際はそういう考え方も出来ますが、ワンピース1110話で全ての異形の正体がはっきりしたにも関わらず「悪魔の実の名前」の表記はありませんでした。

その種類は妖怪や怪物で東洋をベースにしているように思えます。

  1. サターン聖は牛鬼(ギュウキ)
  2. ナス寿郎聖が馬骨(バコツ)
  3. マーズ聖が以津真天(イツマデ)
  4. ウォーキュリー聖が封豨(ホウキ)
  5. ピーター聖がサンドワーム

それぞれに強大な力を持っており、一人ひとりが四皇を遥かに凌ぐ強さを誇っているのであろうことは言うまでもない状況。

実際にニカ化したルフィに対したサターン聖ですが、圧倒的再生力でダメージは受けていません。

ダメージゼロなら消耗するニカはいずれ敗北することになり、五老星の勝利は揺るがないと言えるでしょう。

そんな五老星は「悪魔の実の能力者」ではなく、悪魔そのものだったとも考えられます。

東洋で言う怪物や妖怪は、西洋で言うところの悪魔に類するとも取れます。

この妖怪や怪物の力を付与する能力をイム様が持っており、当初の20人は全て何らかの妖怪か怪物になっていたのではないかと思えます。

その技術をある巨大な王国が真似て、そこにある願いから創り出したのが今の悪魔の実ということかもしれません。

もしくは全て元々からの異形であり、そこに「ヒトヒトの実」などで人間化したということもあるのでしょうか。

五老星は原初の能力者で名前も「悪魔の実」

悪魔の実という呼び名ではない

まず敢えて悪魔の実の表記もなく、その異形の正体が明らかになった理由。

シンプルに考えるのなら「悪魔の実の能力者ではない」ということでしょう。

おそらくは五老星を含め最初の20人というのは、全てがイム様からの能力付与を得たのではないかと感じます。

その力から発想を得て創り出されたのが今ある悪魔の実という可能性です。

「あんな悪魔になれる実」

五老星を含む、あの怪物や妖怪たちになぞらえて創り出されたものなのかもしれません。

もしそうなら果実を食すことによって能力が付与されるといううことすらないのか。

それとも「牛鬼の実」「馬骨の実」「以津真天の実」と言った妖怪名そのままの「最初の実たち」ということもありそうです。

イム様は旧約聖書の蛇(サタン)で悪魔の親玉だった

悪魔の根源として五老星たちが存在した

五老星たちの姿は悪魔ではありません。

しかし東洋で言うところの妖怪や怪物というのは西洋で言えば悪魔に該当するとも言えるでしょう。

そう考えるとイム様から付与されたこの力が世間的にどう思われていたのか。

ある巨大な王国がキリスト系の、いわば一神教の雰囲気を持っていたのだとすれば「悪魔のような者たち」といわれていても違和感はありません。

巨大な王国に反する者、その存在は堕天使(悪魔)と同じであり、あの妖怪や怪物、異形の者はすべてそうだったということもありそうです。

もしそうなら、そんな状況を打破するために立ち上がったのが20人の最初の王たちなのか。

となれば巨大な王国=善ということは成り立たず、今後のルフィの向かっていく方向としても「全てを受け入れる」という形に集約されていくように思えます。

イム様が東洋と西洋の神と仏をもじってネロナ=イムとなっているのも意味があるのでしょう。

宗教戦争の終わりを意味するような戦いが、過去の大戦の全容だったのかもしれません。

イム聖は漢字崩しの神+仏が名前の由来

イム様の力が抽出されたものが悪魔の実の製造方法

イム様が他の面々に異形の力を付与していたのだとすれば、今ある悪魔の実の製造方法はイム様によるものとも考えられます。

それが抽出されたのか。

もしくはイム様が当時は悪魔の実、つまり人々の願いを受け入れる形で悪魔の実を製造していたのかという部分。

どちらも可能性はありそうです。

ただそうなると五老星たちも「悪魔の実の表記」になっているでしょうから、どちらかと言えば悪魔の実を作るというよりは、能力付与という力なのかもしれません。

仮にそうだとすれば、イム様の持つ力を抽出して、ある巨大な王国が悪魔の実の製造方法を確立したとも言えるのか。

ロックスとルフィに共通点が多く血筋が同じ可能性

悪魔そのものとして恐れられていた

仮に能力の付与などではなく、元がその姿だった場合はどうか。

蔑まされてきた、畏れられてきた、そんな過去を持つ者たち。

それがヒトヒトの実などを食べて人間化したのが今の姿ということもゼロではありません。

ヒトヒトと言えばチョッパーですが、唯一その実にはモデルなどが付いていません。

これもずっと考察に上がってくるものであり、そう考えるとヒトヒトの実を食べたチョッパーというのが、言ってみれば五老星達の状況ということなのかもしれません。

それこそ赤鼻を馬鹿にされたように怪物、妖怪、つまるところ悪魔の姿を馬鹿にされたような存在だったのか。

それを考えるとルナーリア族の方が遥かに悪魔っぽい様相をしているので、そういうことではないのか。

このあたりが明確になると、より今までの印象、それこそ五老星やイム様は悪者側という感覚がズレていくように思えます。

ある巨大な王国、イム様たち20人の王。

どちらにも正義があり、たまたま勝利したのがイム様たちだったということなのかもしれません。

そしてその方が物語としての深さとしては大きな意味を持つように思えます。

五老星が悪魔の実という表現がされなかったことで、イム様と五老星、そして巨大な王国の間にあった軋轢、不信感、そういったものが滲み出ているように思えます。

全てを丸く治めてくれるのがルフィという存在になっていくのでしょう。

また新しい情報が入り次第、記事を更新していきます。

ルフィの「夢の果て」とは一体何か



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

東京卍リベンジャーズ考察|ネタバレ有り|場地圭介(ばじけいすけ)は死ぬのか!血のハロウィン抗争(バルハラ戦)の結末

2021.6.16

東京卍リベンジャーズ考察|ネタバレ有り|場地圭介(ばじけいすけ)は死ぬのか!血のハロウィン抗争(バルハラ戦)の結末

東京卍リベンジャーズの血のハロウィンでの場地圭介(ばじけいすけ)死亡についてのネタバレ考察です。 ※本編単行本の5巻から8巻までのネタ…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る