イム様は旧約聖書の蛇(サタン)で悪魔の親玉だった!禁断の果実=悪魔の実|ワンピース考察

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

<イム様は旧約聖書の蛇(サタン)で悪魔の親玉だった!禁断の果実=悪魔の実|ワンピース考察>

五老星が悪魔であり、その親玉であるイム様が旧約聖書に登場する蛇。

つまるところ悪魔の親玉と呼べるサタンだったという可能性が浮上。

要するに今まで世界を支配していたのは神様のような存在ではなく、そのまま悪魔だったということになります。

アダムとイヴをそそのかして禁断の果実を食べるように仕向けた蛇。

この蛇は神に背く者であり、敵対者であるサタン(悪魔)と言われています。

果実の登場は、それイコール悪魔の実であり、また悪魔という名前がついているのも頷ける部分があるのではないでしょうか。

またワンピースにおいて重要な役割を担っていたバーソロミュー・くまは教会で過ごし続け、またバイブル(聖書)を持ち続けていました。

それだけキリスト教やユダヤ教がワンピースの物語にも入り込んでいるのが分かるところでしょう。

よってイム様は悪魔の実の創設者か、もしくはその第一発見者のような人物であり、五老星に悪魔の実を食べさせた(悪魔の力を与えた)人物とするのが妥当ではないでしょうか。

実際の五老星は全て妖怪の姿でだったことがワンピース1110話で判明していますが、東洋で言うところの妖怪は西洋での悪魔とも言えるでしょう。

五老星は原初の能力者で名前も「悪魔の実」

イム様は悪魔そのものだった

イム様はネロナ=イムという名前であり、それこそ神と仏という漢字から取られている。

この世の頂点という印象を受ける名前ではあるが、その実態が悪魔だという説です。
イム聖は漢字崩しの神+仏が名前の由来

悪魔に大量の種類がありますが、このイム様については原初の悪魔というものかもしれません。

それこそ悪魔の実と呼ばれるものを最初に創り出した存在ではないかという気がしてなりません。

ベガパンクは悪魔の実は「人の願い」という話をしていましたが、この人の願いが発生して「〇〇の実」となる前段階。

それこそ〇〇の実なんてものはなく、単純に悪魔になれる実があったのだとすれば、〇〇の実を総称して「悪魔の実」と呼ぶ意味も分かります。

数多くの悪魔を創り出した者。

イム様。

悪魔たちからすれば、それこそ神のように崇める存在として君臨していてもおかしくはないでしょう。

よって五老星はその悪魔たちの生き残りであり、不老を元に今でも悪魔として世界構造のトップをイム様にしながら君臨しているのかもしれません。

では悪魔に敗北したある巨大な王国というのは、言ってみれば神の王国だったのかもしれません。

バジュラング=ハヌマーンという神猿がモデル

禁断の果実=悪魔の実

本来はイム様というサタン一人だったから対応できた巨大な王国。

しかしイム様はここから悪魔の量産を可能にしていきます。

旧約聖書におけるアダムとイブの籠絡に似ているものでしょう。

アダムとイブは悪魔になった訳ではありませんが、もしこうやって「悪魔の実」を食べさせることで強力無比な能力者を創り出していたとすればどうか。

おそらく巨大な王国も無視できないイム様の軍勢に驚愕したのではないでしょうか。

そして起こった神VS悪魔の戦争。

それこそ悪魔側は百鬼夜行のように妖怪まみれの力でねじ伏せたということもあるのか。

神側もまた悪魔の実をアレンジさせて「〇〇の実」として人の願いをベースに能力者として戦闘を繰り広げていったのではないかと予想。

ニカもそんな時に願われた一つなのかもしれません。

もしくは悪魔に敗北した後に「最後に作られた悪魔の実」ということもありそう。

結果的には悪魔側の勝利で今の支配体制が作られた可能性もゼロではないでしょう。

敗北が決したある巨大な王国側の誰かが「きっといつか解放を」と願って作り出されたのではないか。

ニカはバーソロミュー・くまのバッカニア族がその願いを傾けて創り出したのではないかとも思えます。

「バッカニア」をアナグラムにすると、ニカ・アッバとなり、アッバというのはキリストが主である神を呼ぶときに使われる言葉です。

要するに「父よ」みたいな意味です。

それに「ニカよ」というような願いが込められているように思えるでしょう。

バッカニア族はかつてニカを生んだ種族

悪魔を倒し、神の世界を・・・創らないルフィ

イム様が悪魔の親玉サタンだとして、それを倒すのが今の構造の破壊です。

しかし以前はある巨大な王国が治めていたのでしょう。

これは神の国のようなものであるはず。

しかしルフィはそれすらも願わない。

みんなで笑って宴が出来るような世界、それこそ多様性を完全に認めた社会の構築を目指すのではないでしょうか。

以前の神が統治していた状態に戻すのでもなく、今の悪魔支配を良しともせず、新たな第三の選択。

悪魔も神も人も無い、全てを認めて、全員で笑って飲める世界。

まさに解放そのものと言える世界創りです。

超序盤にバギーから町を救ったルフィが村長に言った「気にするな、楽に行こう」が成立する瞬間。

ルフィが最後にやってくれることなのではないかと感じます。

またイム様に関して新たな情報が出次第、改めて記事を更新していきます。

ルフィの「夢の果て」とは一体何か



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.10.19

【東京喰種:re考察】カネキが竜・ナァガラジになる伏線!?最初から決まっていた!?リゼの赫包と父の謎

(石田スイ先生 東京喰種 1巻引用) 145話にて、 地下24区でカネキが なったとされる 巨大生物の顔が 描かれました。 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る