キングダム790話ネタバレ考察|粘る王翦軍の武力!カン・サロ到着は致命傷になる|展開予想

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム790話ネタバレ考察|粘る王翦軍の武力!カン・サロ到着は致命傷になる|展開予想

青歌を司馬尚はどう考えている
↓ネタバレ可の方はこちら
キングダム790話のネタバレを含む考察

<キングダム790話ネタバレ考察|粘る王翦軍の武力!カン・サロ到着は致命傷になる>

亜光と倉央が司馬尚の前に現れました。

亜光はすでに意識も僅かという印象ですが、それでも王翦の第一将を担う武力の要です。

また倉央も同じく王翦軍の武力を象徴する人物と言えるでしょう。

この王翦軍の武そのものに対するのは趙国における武とも呼べるような存在。

おそらく、その実力は龐煖に迫るのではないかと思えます。

しかも龐煖とは違い、武将としての重み持ち合わせる存在であり、皆から愛されている様子も見えます。

果たしてどれだけの粘りをこの王翦軍の武力である二人は見せられるのでしょうか。

王翦最強武力の亜光と倉央で司馬尚を討てるのか

王翦軍の武力を担うのが亜光と倉央

亜光は実直な武力。

倉央は多少の機転も利く武力というところでしょうか。

どちらにしても、今いる軍で考えると、この二人が王翦軍の武力トップ2であるのは疑いようもないところです。

田里弥は必殺部隊ということなので、正面の武力ではなく奇襲や奇策に用いられる存在でしょう。

また田里弥本人はどちらかと言えば知略面を司っている人物と言えます。

よって今回、司馬尚の前に現れたのは、言わずもがな王翦にとっては最高戦力の二人ということです。

逆に言えば、この二人があっさり敗れるようなことがあれば司馬尚の強さというものが王翦の想像を遥かに凌ぐものだったということになります。

さすがにそこまでの読み間違いはないのか。

だとすれば、相当この二人が司馬尚の前で粘りを見せるのでしょう。

ただ今のところ無傷で王翦まで迫っているように見える司馬尚です。

そういう意味で傷ついた最高戦力の亜光に、糸凌を置いて、何とかここまでたどり着いた倉央。

不利な状況に変わりはないのかもしれません。

亜光は大将軍級の人物で王翦軍の要

負けたらその時点で王翦の死が決まる

この二人が抜かれた瞬間に王翦の死はほぼ確実。

但し史実的に見れば王翦の死は有りえません。

なので王翦は生き残ることが確定しているところ。

ちなみに司馬尚も死にません。

よってこの局面で誰か死んだとしても、司馬尚と王翦は生き残ることになります。

死ぬとすれば、亜光か倉央、もしくはその両方ということになるのか。

可能性としては亜光が一番高いのではないかという気がします。

場合によっては二人とも死亡もあるでしょう。

そうなってしまえば王翦軍は敗走するしかありません。

但し唯一まだ立ち直れる可能性としてあるのが亜花錦と王賁の存在でしょう。

王賁は史実で四カ国を滅ぼす

亜花錦が先に到着する

亜花錦は早い段階で王賁に命じられて中央に向かっていました。

この亜花錦の到着ももう少しでしょう。

今の武力の衝突。

それに伴って司馬尚が優位になったところで亜花錦の登場となるのか。

当然ながら司馬尚に勝つことは不可能なので、逃げ道を作るなどの役割を担うのでしょう。

しかしながら司馬尚が追ってくれば意味がありません。

それを食い止める存在。

武力として司馬尚に太刀打ちできる人物が必要になります。

これが可能なのは今の戦場で王賁か李信のみのはずです。

よって、最終的には王賁が司馬尚を止め、亜花錦を含めて王翦を逃がすという流れになるのではと予想されます。

李牧は史実でも最強の武将

傅抵の役割も気になる

傅抵の役割はどこにあるのか。

この点も注意が必要でしょう。

李牧からすれば、玉鳳隊と飛信隊についてはイレギュラーもあると考えているはず。

よってこの二軍が迫るような局面があれば、そこに傅抵をぶつけるのではないかと感じます。

もしそうだとすれば、王賁と亜花錦、このあたりが食い止められてしまうのか。

状況から見て非常に厳しいものになっています。

やはり今ある亜光と倉央。

この二人の武力で、少しでも司馬尚を傷つける必要がありそうです。

そもそも今の状況もカン・サロが届いてしまえば終了となります。

ジ・アガとカン・サロの過去、互いは一心同体

カン・サロが田里弥を殺すこともある

カン・サロはまず田里弥のところから入るのではないかと思われます。

潰れ役を担うと田里弥は後方に居続けています。

しかしすでに腹部に傷を負った重傷であり、命もそこまで長くないのではないかと感じます。

刺された場所が松左と同じ肝臓部分である可能性も高そうです。

もしカン・サロがここに現れてしまえば、そこまで長く持つこともないでしょう。

となれば、カン・サロが司馬尚の元に駆けつける可能性も出てきています。

もし倉央と亜光が粘りを見せてもカン・サロが合流すれば、どうにもならないはず。

よって傅抵が王賁たちを抑え、完全に玉鳳隊と飛信隊の出る幕をなくしてしまえば、中央では倉央と亜光が司馬尚に勝つ以外に策はないといえる状況になります。

果たして王翦は「私が勝つ」の宣言通りに、司馬尚を驚かせるような状態に持っていくことができるのでしょうか。

改めてキングダム790話の情報が入り次第、改めて記事を更新していきます。

王翦は死亡しない!生没年不詳ながら中華統一までは生存



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.3.24

【亜人考察】海斗(カイ)の正体はハーフ亜人?脱獄後は佐藤との戦いに参戦か!?

(亜人 File.28 何があっても永井を助ける決意の海斗 引用) 「亜人」である永井圭の親友である海斗(以下カイ)。 彼は一体…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る