キングダムネタバレ789話【確定】司馬尚VS亜光&倉央!キタリの番吾城攻めが始まる

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダムネタバレ789話【最新確定】司馬尚VS亜光&倉央!キタリの番吾城の攻め始まる

<キングダムネタバレ789話【確定】司馬尚VS亜光&倉央!キタリの番吾城攻めが始まる>

キタリの攻城戦が始まる。李牧はすでに番吾城に仕掛けをしています。そして司馬尚は遂に王翦の目の前に。そこへ現れるのは亜光と倉央。勝つのはどちら。

キングダムの本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。
【追記:傅抵にはやってもらう事がある

キタリが番吾に向けて進軍。

攻城戦に挑みますが容易に打ち崩せるようなものではありません。

李牧は報告を受けながら別に焦りもない様子。

すでに番吾城は寡兵で落ちる城ではありません。

王翦本軍では遂に司馬尚本人が王翦の目の前に到着します。

残る護衛は一列のみで、王翦の首も目の前。

そこに現れるのは王翦第一将の亜光、そして糸凌の主人と言える倉央です。

圧倒的武力の司馬尚、そこに王翦の武力の要の二人。

勝つのはどちらか。

それではキングダム789話の考察をしていきます。

亜光は大将軍級の人物で王翦軍の要

キングダム789話ネタバレ考察1・番吾城を攻めるカタリ

・壁将軍を助けるべく歩を番吾に進めるキタリ
・報告を受ける李牧は焦るようすもない(ここは王翦中央の見届けが先)
・すでに番吾は寡兵で抜ける城ではないと判断

キタリが番吾城の攻めに入ります。

李牧に焦りはゼロ。

壁将軍も言っていましたが、番吾城には仕掛けが施してあります。

更に言えば寡兵でどうにかなるような城でもないというところ。

よってキタリも通常の攻城戦で落とそうとしても無理があります。

壁将軍は救いきれないのか。

しかしながら史実では番吾の城は秦国に落とされています。

そう考えると、ここからキタリの機転によって番吾の城は李牧の想定とは違って陥落に向かうのかもしれません。

そもそもキタリの目的は壁将軍を救うこと。

攻城などせずに壁救出を基本と考えるはずです。

楊端和にとってもキタリの行動は想像を超えるものとなるのか。

もしキタリによって壁が救われて、番吾の弱点について説明を受ければ、この番吾城を落とすことも容易になるのかもしれません。

李牧は史実でも最強の武将

キングダム789話ネタバレ考察2・傅抵は別の役割がある

・傅抵も加勢して王翦の首を取るか李牧に確認
・李牧は傅抵には別の役割があると伝える

キタリを無視すると決めた李牧です。

そうなると終わらせるべき王翦中央を見届けるということなのでしょう。

傅抵はこの戦況に自らも入って青歌に加勢し、そして王翦を討つべく動くか確認。

しかし李牧は今の戦況で青歌を信じているのでしょう。

傅抵には別の役割があると、この動きを止めました。

李牧にとって、これがマイナスに働くことになるのか。

おそらくは飛信隊が右翼に間に合い、そして突如として援軍に現れる王賁などを警戒しているのではないかと予想。

結果として、今よりも王翦への救援が無いのだとすれば、司馬尚が討ってくれると確信があるに違いありません。

李牧は史実でも最強の武将

キングダム789話ネタバレ考察3・王翦のもとに辿り着く司馬尚

・信じられない突破力で亜光や倉央や関常よりも早く進み王翦の近衛兵を撃滅させる司馬尚
・強すぎる司馬尚は屈強な王翦周辺の精鋭をなぎ倒す
司馬尚は王翦の周囲の兵が残り一列のところに辿り着く

司馬尚、信じられない強さです。

突破力は衰えることを知らず、王翦周辺の近衛兵もなぎ倒します。

この速度は向かっている亜光や倉央、そして関常が率いる玉鳳隊よりも早くなっています。

相当な手練で、今までのような粉砕は見えなくとも司馬尚は止まりません。

結果的に司馬尚は見事に王翦の目の前に迫りました。

残る王翦の守りは一列。

王翦そのものに武力はないでしょうから、そう考えると今の状況は詰みの状態と言えます。

知略の将がここまで近づかれて勝利になることがあるのか。

少なくとも過去の例で見れば、そんなパターンはほぼなかったと言えるでしょう。

それこそ桓騎大将軍が李牧に残り数センチまで迫った、あの天才の所業のみです。

王翦は死亡しない!生没年不詳ながら中華統一までは生存

キングダム789話ネタバレ考察4・亜光と倉央が現れる

・最後の一列でも逃げない王翦は必ず亜光と倉央が来るとラスト一列目に檄を飛ばす
・司馬尚と王翦の間に入るのは亜光と倉央
亜光と倉央が現れて司馬尚の前に立ちはだかる
・王翦は亜光と倉央の到着で勝つのは自分だと確信している

最後の一列。

その近衛兵の防陣に対しての檄。

何となく蒙驁を思わせますが、ここで食い止めて時間を稼げば亜光や倉央が来ると信じています。

そしてその二人が司馬尚を討ってくれるということでしょう。

この一列目の頑張りによって、司馬尚から一時突破力を奪ったというところ。

これによって稼がれた時間で到着するのが当然ではありますが、亜光と倉央。

王翦軍においては正面からの武力を担う二人と言って良いでしょう。

しかし、この二人で勝つことができるのか。

武力面では圧倒的と思える亜光ですが、すでに楽彰に背中を斬られるなど多くのダメージを受けてしまいました。

倉央は無傷に近いですが、この局面で最強武力を有する司馬尚に勝てるのかどうか。

亜光&倉央が命を賭して、李牧が信じる趙の猛者を粉砕できるかどうか。

王翦はこの二人なら司馬尚に勝てると考えています。

この点も史実で見ると少し凄惨なものになるかもしれません。

司馬尚がこの後も生き残るのは確定。

そして史実だけで見ると、この戦は秦国の大敗で幕を閉じてしまいます。

キングダムはオリジナルのストーリーなので、単純なこの状況で司馬尚に押し込まれて王翦が終わるということもないのでしょう。

特に王翦についてもこの後も生き残る武将であり、ここで倉央と亜光がただ倒れてしまっては「王翦が生存できるわけがない」という状況になってしまいます。

王翦軍における武力の象徴と言える二人がどこまでの戦いを見せるのかに注目です。
王翦最強武力の亜光と倉央で司馬尚を討てるのか

よって、まだ決着とはならず、ここからの王翦側の逆転も見えるはずです。

王翦の強さは史実にあり

キングダム789話ネタバレ考察5・倉央と亜光の粘りと王賁の到着

亜光と倉央。

この二人が想像よりも粘りを見せるものと予想されます。

それこそ今までには見たこともない二人の激烈な戦い。

今のところ司馬尚は傷ひとつ着いておらず、秦国における騰のような雰囲気を持っているようにも思えます。

基本は無傷で勝利する怪物。

それを相手に亜光と倉央が二人で挑み、それなりの時間稼ぎをし、場合によっては幾つかの傷を付けさせることに成功するか。

もしここでカン・サロなどが現れれば、この戦もどうにもならなくなるところ。

まだ現れていない機転の勇士とも呼べる亜花錦がいます。

もしかするとこの亜花錦に対応するのが傅抵ということかもしれません。

だとすれば、更に後方から急速に迫るであろう王賁が傅抵を抜いて、王翦まで駆けつけることになるのか。

何にしても倉央と亜光がどれだけの武力で司馬尚と対峙できるのか、これによって勝敗が決まります。

戦いが長引けば、それだけ王賁の戻りの時間を稼げます(勿論当人はそんなつもりはないでしょうが)。

やはり今回の戦で王翦の命を真に助けるのは王賁であろうと予想します。

但し亜光と倉央、この二人の討ち死に、特に亜光についてはその可能性が高いのではないかとも感じるところ。

局面打開。

王賁の到着で、今回の戦は逃亡劇に変わっていくことになるのか。

しかしそれでは完全な敗北と言っても差し支えないレベルの戦になってしまいます。

秦国最強の知略の将である王翦。

あまりにも李牧の想定通りに事が進み過ぎています。

仮に最終的な結果が敗戦だとしても、桓騎大将軍のような迫る戦を見せてくれるはずです。

番吾城のキタリ、そして左翼の楊端和。

右翼に戻る飛信隊と、王賁。

まだまだ番吾の戦は李牧の想定外が巻き起こる可能性はあると言えるでしょう。

キングダム790話のネタバレを含む考察

李牧の最期が悲惨過ぎた

※予想や史実の独自解釈を含める速報からの考察となっております。追記や修正はご理解ください。



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.10.17

【七つの大罪考察】28巻発売!魔神王と最高神の姿も判明!メリオダスとエリザベスの恐ろしい呪い!

(鈴木央先生 七つの大罪 28巻表紙) 遂に発売された28巻。 ここでは、 気になった点や 伏線等を軽く まとめていこうと…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る