【僕のヒーローアカデミア 考察】轟兄の謎!ヒロアカ 轟兄弟は敵連合の荼毘か!?8つの理由。天然キャラ、家族構成分析

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(僕のヒーローアカデミア 82話 荼毘に声を 引用)

ヒロアカの中でも、
実力も兼ね備えた
有力なキャラクターである
雄英高校1-Aの
轟焦凍

そして、
敵連合の一人である
荼毘という存在。

彼は、
轟焦凍の
お兄さんなのではないか?
という説が
出てきていますので
色々と調べてみました。

⇒【デク・轟焦凍:個性・強さ・能力!?





轟家一覧

静岡県に和風の豪邸を
持っているようですね。
家族構成は6人。

轟炎司(エンデヴァー)

轟家の家長を務める。
NO.2ヒーロー
「熱」の個性を持っている。
年齢、46歳

オールマイトを超えさせたい
という願望を、
子供である轟焦凍に託している。

子供に対しての
期待感が強く、
親バカ。

体育祭では、
轟焦凍が
自らの「熱」の個性を
使用したことで、
喜びのおたけびをあげた。

⇒【轟焦凍vsデク 轟が炎を使用!

母親

轟炎司の妻。

「氷」の個性を持っている。
年齢は不明。

炎司とは、
轟焦凍の育児に関して
追い詰められて
精神的に病んでいて
病院にて療養に励んでいる。

轟焦凍の左目の周りに
傷を負わせた張本人。

⇒【轟焦凍、左目のキズの真相は!?

三男:轟焦凍

今回のストーリー進行
においても、
主要な一人である。

父親の「熱」
母親の「氷」

どちらの個性も受け継いでいる。
優秀な個性の持ち主。

偏差値79である
東日本ではトップ校、
雄英高校に
推薦入学で合格。

⇒【A組紹介!個性・強さ・能力

長女:轟冬美

轟家の長女。
職業、小学校教諭
年齢、23歳

長男

現在のところ不明。

次男

現在のところ不明





敵連合、荼毘

敵連合に所属する
荼毘。

ブローカーによる紹介で、
敵連合に加入した。

雄英高校夏合宿での
敵連合 開闢行動隊における
主要メンバーの一人。

個性
炎を自由自在に操る。

何かひっかかる気が
しませんか?

理由①、炎を使う

荼毘の個性は
炎を自由自在に操ることが
できるということ。

これって・・・?

No.2ヒーロー
エンデヴァーの個性に
似てませんか!?

しかも、
個性って
親から譲り受けること
(遺伝みたいな?)が
あるっていうから、

それを考えると、
両親のどちらか
(轟家でいう父親)
から譲り受けた個性だと
考えることが
できます。

⇒【B組紹介!個性・強さ・能力

理由②、仮の名前を使用

マンガの中での
セリフも気になります。

荼毘「今は”荼毘”で通してる。」(8巻68話)

今は
敵連合として
活動している荼毘。

敵連合に入る前までは、
どこに所属していたかは
分からないけど、
仮の名前として
活動していたことは
確かってこと。

どんな活動してるのかが
気になりますが。
犯罪歴ってあったの?

⇒【轟VS緑谷!オリジンとは?

理由③、アンチヒーロー思想

ところで、
荼毘は
ヒーローに対しては
どんな考え方を
持ってるんだろ?

ブローカー「ヒーローゴロしの思想にえらく固執してる」(68話)

目立った罪は犯してないが、
ともブローカーは言っています。

ちょっとした
犯罪を起こしたことが
あったかもしれないです。

敵連合に入る前から、
ヒーローに対しては
何やら恨み?嫌い?
というような感情を
持っていたってこと
ですね。

やっぱり、
ヒーローに対して
恨みがあるっていうと、

やっぱり、
父親がヒーローだけど、
色々な理由があって、
ヒーローが嫌いになった
ってことだって、
ありえそうですね。

⇒【プッシーキャッツ一覧まとめ

理由④、轟焦凍への意味深なセリフ

夏合宿襲撃事件。

黒霧のワープで
敵連合が
爆豪勝己を拉致して
していってしまう時、

ワープしてしまう
最後の最後に
荼毘は、
轟焦凍に直接、
言葉を投げかけています。

荼毘「哀しいなあ。轟焦凍」(82話)

確かに
体育祭で知名度も
上がったとは思うけど、
けっこう、
意味が深そうな
印象が受けとれます。

このシーン、
荼毘が轟焦凍を
普通以上に
気にかけてるっていうか。
なんというか。

⇒【デク覚醒!VSかっちゃん!





理由⑤、雄英高校夏合宿の情報源「轟家」

開闢行動隊が
雄英高校夏合宿の襲撃を
できたのも
情報があったから。
ですよね。

でも、
その情報源って
どこからきたの?
って疑問が残ります。

プレゼントマイクの
「いるだろ内通者」
という発言がありましたが、
未だ真相は謎です。

でも、
雄英高校の行事だから、
保護者には
情報が伝わっている
のではないかと考えられます。

よく学校とかで配布させる
プリントみたいにね。

この雄英高校夏合宿の
情報源(プリント)を
荼毘がみてたら!?

ないし、
家族でこういった会話が
されたりしたら?

荼毘は情報をゲット
することにつながりますね。

ということも
考えられるのでは
ないでしょうか?

⇒【プッシーキャッツ一覧まとめ

理由⑥、エンデヴァーの発言

少しひっかかる言葉があります
それは、
轟家の父親
エンデヴァーの発言

エンデヴァー「焦凍見るな、
兄さんらは
おまえとは違う世界の人間だ」(39話)

轟焦凍のことを、
ヒーローの英才教育を
行っていましたが、
兄さんたちは、
自由な印象。

兄さん達が、
自由な時は良いけど、
成長するにつれて、
焦凍もますます強くなり、

父親のエンデヴァー
弟の焦凍との実力は、
差が開いてきてしまった。

そして、
いつの間にかに
ヒーローのような強さに
取り残され
置いてかれた兄たち・・・

兄たちは、
将来ヒーローになるものとして
教育されてきた訳ではないから、

ちょっと嫉妬するっていうか、
やっぱり羨ましいっていうか

そんな気持ちが
出てきてしまっても
正直のところしょうがないん
じゃないかなって思います。

だから、
こういった
ヒーロー(父親)への
反発心が
あったんじゃないかな?

そして、
たまたま敵連合の
ブローカーと出会い、
荼毘として、
敵連合に参入して、
行動をしているんじゃないか
っていう予想です。

⇒【トガヒミコ!個性変身!?





理由⑦、轟家個性の遺伝考察

長女である
冬美は
母親の個性のみを
受け継いでいます。

一方
轟焦凍は、
父親の個性と
母親の個性の
両方を受け継いでいます。

長男・次男は
不明ですが。。。

ということは、
両親の個性は、
片方の親のみの個性が
遺伝することもあるし、

両方の親の個性が
遺伝することもある
っていうことですね。

もし、
荼毘の両親を予想するなら、
荼毘は炎を操るってこと
だから
轟家の父親である、
熱の個性のみを
受け継いだのではないか
ってことも
考えられるんじゃないかな
って思います。

⇒【デク覚醒!VSかっちゃん!】

理由⑧、轟家個性による「目の色」

荼毘:
両目
「茶色」

冬美:
両目
「薄緑色?薄水色?っぽい色」

焦凍:
右目「茶色」
左目「薄緑色?薄水色?っぽい色」

轟焦凍は
身体の半分もそれぞれ
違っていて
見てわかりますね。
目の色も左右で違うし。

⇒【デクと麗日、恋愛関係に!?

矛盾あり?「髪の色」

ただ、
ここは違うかも
しれないっていう
点もあります。

冬美:
髪の色「白色」
そして、
ほんの少し「茶色」が
混じっている部分が
あります。

轟焦凍:
左髪の色「茶色」
右髪の色「白色」

荼毘:
髪の色「黒色」

ここはちょっと
違います。

熱の個性が
かなり強く遺伝する
ってことも
あるかもしれませんが。。。

荼毘は、
轟焦凍の兄なのか?
色々と考察してみました。
読んでいただき
ありがとうございます。

【こんな記事が読まれています】

⇒【プッシーキャッチ一覧まとめ
⇒【デク覚醒!VSかっちゃん
⇒【デクと麗日は恋愛関係に!?
⇒【トガヒミコ個性変身予想!?
⇒【オーバーホールの計画!?
⇒【轟VS緑谷!オリジンとは?
⇒【A組紹介!個性・強さ・能力
⇒【B組紹介!個性・強さ・能力





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。 もっと色んな漫画を読みまくりたいこの頃。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

2022.10.2

ヒロアカ考察|デクの父親は海外の単身赴任。個性は「口から火を吹く」で登場は無さそう

僕のヒーローアカデミアの主人公である緑谷出久(デク)の父親についての考察です。 作中では一度も登場せず、一時はAFOなのではないか! …

よく読まれている記事

考察記事

ページ上部へ戻る