呪術廻戦は2023年か2024年に最終回を迎えて終了する可能性大!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

呪術廻戦は2023年か2024年に最終回を迎えて終了する可能性大!

呪術廻戦の作者である芥見下々先生は2023年での幕引きについて言及しました。

要するに終幕が近づいていることになります(言及されたのは死滅回游が終わろうとしているところでした)。

すでに最終回を目論んでの展開に入り込んでいる可能性大となりました。

休載なども絡むと若干のズレはあるかもしれませんが、2023年の終わり、もしくは2024年の前半で最終回を迎えるものと推察されます。

言及された時点で特級呪術師の九十九由基が羂索戦でブラックホール化する術式の利用で死亡するなど上位の呪術師を取り囲む情勢は大きく変化しています。

最近のマンガの潮流としては30巻に満たない中で最終回までを一気に駆け抜けて盛り上がることが多くあります。

一番近いものでは鬼滅の刃などがそれに該当するでしょう。

チェンソーマンなども非常に人気のあるマンガですが、第1部は11巻で終了しています。

おそらく第2部も長期連載ではなく数年ほどでの終了を見込んでいるのではないかと予想されます。

ちなみにデスノートなども人気のあったマンガですが12巻で終了しており、その完成度から人気漫画の延命打法ではなく「太く短く」の流れが出来上がったとも言われていました。

そして呪術廻戦も開始から5年となったところで終わりが見えてきたということになります。

五条悟が死んだ236話はファンに衝撃が走った

呪術廻戦はいつから連載が始まったのか

呪術廻戦は2018年の14号から連載が始まりました。

連載前のものとしては呪術廻戦0巻が映画化もされて有名になっています。

連載期間は「残り1年」が伝えられるところまでで5年ほどになっていました。

よって連載期間としては6年から7年にならないほどになるのでしょう。

これも作者の芥見下々先生からすれば「想定よりも長くなってしまった」という感覚があるものと予想。

おそらくは10巻程度で終わる予定だったのではないでしょうか。

一時は芥見下々先生の体調が悪く、休載が続いた部分もありました。

漫画家の宿命とも言える部分ですが、ムリをせず長く続けてほしいと願った読者も多いでしょう。

最終回に向かう1年についても休載がところどころ入ってくることを考えると少しズレこむのかなという感じもします。

ただ終わるのは間違いないでしょうから、野薔薇が生きているとか、五条悟が復活するとか、そういう甘い期待は捨てるべきなのでしょう。

釘崎野薔薇の死亡確定と生き返る可能性

最終回は何話になるのか

呪術廻戦の最終話が何話になるのか。

残るところが1年とすれば、休載を含めて35~40話ほど進むのかなという印象です。

よって250話あたりが結末になる可能性が高いと言えるでしょう。

若干進行が遅れても300話には到達しないところでの最終回になると考えて良さそうです。

「そこまでに伏線の回収が可能なのか」という疑問は当然起こってくるもの。

しかしながら呪術廻戦には“強烈に隠した分散された謎”というのは案外少ないようにも思えます。

そういう意味ではワンピースのように至るところに伏線が撒き散らされている訳ではありません。

※そんなワンピースも現在では“最終章”と尾田先生が明言した状態で最後の海の物語が始まっています。
(残り5年と言われているので2030年の到達を待たずに終了する可能性アリ)

それこそ一つの伏線回収と同時に他の伏線も一気に回収することも可能なものが多いように見えます。

宿儺についてなどは特にそういうものでしょう。

完全体の宿儺戦という戦闘が始まれば、それだけで数ある伏線が一気に回収されそうです。

実際に五条悟との戦いで、彼が呪術廻戦236話で死ぬまでに摩虎羅のことを含めて幾つかの謎は回収されています。

呪術廻戦は大ブレイクしたマンガで、すでに億に届こうとする勢いで単行本が敢行されています。

ビジネス的な成功は勿論ながら、ジャパンドリームと言われるようになった漫画家として”一生のお金を稼ぐ”も達成しています。

印税が5%だとしても10億以上の収入があったことになります(印税が10%なら手取りでも10億に達成している)。

お金が全てではありませんが、漫画家になる以上はやはりこのドリームを無視することは出来ないはずです。

体と頭と自分の内面の表現という、多くのものを代償に描かれる芸術作品とも呼べるのがマンガなので、1作品でも大爆発すればそれで満足とも考えるのは普通でしょう。

今後の芥見下々先生の作品を楽しみにする読者も多いでしょうが、鬼滅の刃しかり、新作の可能性は低いにも思えます(あったとしても10年単位の空きがありそうな予感)。

実際に少年ジャンプにおいて2作品、3作品と10巻以上の人気を維持する漫画家はほぼいません。

少年ジャンプで3作品の10巻超えとなると、おそらく松井優征先生くらいでしょう。
※魔人探偵脳噛ネウロ・暗殺教室・逃げ上手の若君の作者

少年ジャンプのみではなく、他紙での連載を含めたとしても10巻以上を3作品作り出している漫画家は数少ない存在と言えます。

呪術廻戦に書きたいもの全てを詰め込んだと言われるだけに、次作よりも呪術廻戦での完全なる終結を楽しみにしたいところです。

果たしてどんな展開で呪術廻戦は最終回を迎えるのか。

宿儺に敗れてしまった五条悟、次に挑むのは乙骨憂太や虎杖悠仁、真希や秤金次といった教え子メンバーとなります。

五条悟の死亡から250話までは残り14話。

宿儺を倒し切るまでが年内となり、そこからエピローグ的に羂索戦が描かれて、呪術廻戦は終了となるのかもしれません。

伏黒恵の魂は救われることがあるのかも注目しておきましょう。

呪術廻戦の強さランキング



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

呪術廻戦考察|宿儺の十種影法術が強すぎ!江戸の禪院家当主を超える強さ

2023.12.13

呪術廻戦考察|宿儺の十種影法術が強すぎ!江戸の禪院家当主を超える強さ

呪いの王として最強の敵キャラである宿儺が伏黒恵の身体を得て"更に強化"される結果となりました。 呪術廻戦213話では宿儺が初めて十種影…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る