呪術廻戦163話|確定ネタバレ考察|日車寛見VS虎杖悠仁!麗美が嘘つきで伏黒は騙された

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

呪術廻戦163話【最新】確定ネタバレ考察|日車寛見VS虎杖悠仁!麗美が嘘つきで伏黒は騙された

呪術廻戦163話のネタバレ含む考察です。

本編ネタバレを含みますのでご注意下さい。

麗美か甘井のどちらかが嘘をついている状況でした。

呪術廻戦162話 甘井か麗美のどちらかが嘘をついている

呪術廻戦162話/芥見下々先生/集英社
甘井か麗美のどちらかが嘘をついている

よく見ればどう考えても麗美だろうという顔をしています。

呪術廻戦163話で騙されてレシート男の前に誘い出されたのは伏黒恵でした。

そして見事に日車の元にたどり着いたのは虎杖悠仁

日車に「100点を使わせろ」と交渉しますが、当然の決裂でバトル開始

日車寛見の術式が登場して呪術廻戦163話は終了となります。

それでは呪術廻戦163話を考察していきます。

羂索についた裏切り者は二人いる
もう一人の内通者は一体誰なのか

甘井のヤンキーグループにいた

甘井がなぜ虎杖を知っているのか

「西中の虎」って話をしていましたが、過去を回想する甘井凛です。

元はヤンキーグループに何となくヘラヘラと追随して付いていくような存在だった甘井。

的にされず美味しい思いも時折できると考えていました。

甘井自身も弱い相手をいたぶっているような存在です。

自分は見ているだけって感じでしたが、そこに通りすがりの虎杖が現れてヤンキーたちをボコボコにのしてしまいます。

弱い者イジメを止めに入った虎杖を見たってことで、手を出していなかった甘井は殴られずに済んだというところです。

この体験が強く残っていて甘井凛は虎杖を覚えていたようでした。

甘井は実際に虎杖を日車寛見の元まで辿りつかせてくれました。

よって日車寛見の居場所=池袋

先の画像の通り麗美は「新宿」を指定していて違った場所に誘導した嘘つきは麗美ということになります。

強すぎる特級術師の面々

麗美に騙された伏黒恵

嘘つきは麗美でした。

呪術廻戦162話 カモを連れてくるのを待っている男

呪術廻戦162話/芥見下々先生/集英社
カモを連れてくるのを待っている男

カモを連れてくるのを待っている男。

麗美が彼のもとへ連れてくる役割であったのが判明。

レシートを纏って着ている男で出会した伏黒恵は「君、騙されたの」と男に言われます。

麗美は「レジー様は本当に強い」と言いますが完全に伏黒恵の怒りを買っています。

物凄い目つきで睨む伏黒。

「黙れ。時間の無駄だ」

と伏黒恵を連れてきたことそのものが男にとっても麗美にとっても時間の無駄になると発言する展開。

当然ながらこんなふざけた輩に伏黒恵が敗れるはずもないでしょう。

玉犬を出して瞬殺する可能性すらあります

術式の感じから見てもレシートを利用していて数百年前の呪術師でも無さそうです。

ここで麗美とレシート男を殺してしまうのかで伏黒恵の今後の動きが決定付られそうです。

御三家の加茂家は安倍晴明と通じる
加茂家の先祖は賀茂忠行ではないか

日車寛見と遭遇する虎杖

甘井凛の案内で見事に日車寛見の元にたどり着くのは虎杖悠仁です。

日車寛見はなぜか劇場の舞台にポツンと置かれた浴槽内につかっています。

「風呂は気持ちがいい」

スーツのままで風呂に入っている日車寛見の精神状態がまともではないと感じ取れます。

日車は最近になって「やってはいけない」と思いこんでいた事にチャレンジしていると言い出しました。

虎杖悠仁では理解不能な観念を語られますが、埒が明かない状況。

虎杖は遠回りな言い方をやめて真っ直ぐに「100点を使わせろ」とと伝えて戦闘モード。

日車寛見も立ち上がって術式を背中に背負います

呪術廻戦160話 裁判のやり直しを命じる日車寛見

呪術廻戦160話/芥見下々先生/集英社
裁判のやり直しを命じる日車寛見

過去回想にも登場したあの黒い式神のような術式です。

日車寛見と得点を掛けた戦いが始まろうとしています。

ただ殴り倒して終わりとは到底思えない知略タイプの日車寛見

「気に入らない奴をブチ殺したことあるか?思っていたより気持ちがいいぞ」

かなりの危険人物になっているのが分かります。

持っている木槌と背負った背中の黒い天秤モチーフの化け物がどんな攻撃を繰り出してくるのか。

パワーと身体能力による戦闘センスを基本とした虎杖の戦い方。

呪術廻戦139話 脹相は虎杖を鬼神と表現した

呪術廻戦139話/芥見下々先生/集英社
脹相は虎杖を鬼神と表現した

脹相に鬼神と言わせた力を身に着けている虎杖ではあります。

しかし呪霊相手の話であって相手が人であれば実力の半分も出せないでしょう。

更に虎杖にとっては相性の悪い相手であると予想されます。

宿儺が登場する展開にはならないと思われますが、苦戦は必至と考えて良さそうです。

これは次回呪術廻戦164話にて明かされることになります。

呪術廻戦164話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.9

【源君物語考察】玉鬘(たまかずら)るりが危機に陥った免許合宿は本当に出会いも多い♠光海と関係するのは♣

(稲葉みのり先生 源君物語 250話引用) 玉鬘という とんでもなく難しい名字で 登場した高校3年生の女子。 夕さんに似てい…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る